ネイティブ開発の概要

Native banner logo

Mixed Reality の開発パスは、UnityUnreal のような 3D エンジンだけではありません。 DirectX 11 または DirectX 12 で Windows Mixed Reality API を使用して Mixed Reality アプリを作成することもできます。 プラットフォーム ソースにアクセスすると、基本的に独自のミドルウェアまたはフレームワークを構築していることになります。

重要

管理する既存の WinRT プロジェクトがある場合は、メインの WinRT ドキュメントにアクセスしてください。

開発チェックポイント

次のチェックポイントを使用して、Unity のゲームやアプリケーションを Mixed Reality の世界に移植することができます。

1.はじめに

Windows Mixed Reality では、次の 2 種類のアプリがサポートされています。

  • HolographicSpace API または OpenXR API を使用してヘッドセット ディスプレイ全体にイマーシブ ビューをレンダリングする UWP または Win32 Mixed Reality アプリケーション
  • DirectX、XAML、または別のフレームワークを使用して Windows Mixed Reality ホームのスレートに 2D ビューをレンダリングする 2D アプリ (UWP)

2D ビューとイマーシブ ビューの DirectX 開発の違いは、主にホログラフィック レンダリングと空間入力に関係しています。 UWP アプリケーションの IFrameworkView または Win32 アプリケーションの HWND が必要であり、大部分は同じままです。 アプリで使用できる WinRT API についても同様です。 ただし、ホログラフィック機能を利用するには、これらの API の別のサブセットを使用する必要があります。 たとえば、ホログラフィック アプリケーション用のシステムでは、姿勢予測フレーム ループを有効にするために存在するスワップチェーンとフレームが管理されます。

Checkpoint 結果
OpenXR とは OpenXR とそれが提供する必要があるものについてよく理解して、ネイティブ開発体験を開始します
最新のツールをインストールする 最新のネイティブ開発ツールをダウンロードしてインストールします
HoloLens 2 の設定 HoloLens 2 開発用にデバイスと環境を構成します
イマーシブ ヘッドセットの設定 Windows Mixed Reality 開発用にデバイスと環境を構成します
サンプル アプリを試す デバイス上で同じ基本的な OpenXR アプリの UWP および Win32 バージョンを探索します
OpenXR API のツアーを開始する Visual Studio での OpenXR API のすべての主要コンポーネントをツアーする 60 分のチュートリアル ビデオを見ます
OpenXR ローダーを追加する OpenXR ローダーを既存のネイティブ プロジェクトに追加して開発を開始します

2. コア構成要素

Windows Mixed Reality アプリケーションでは、HoloLens やその他のイマーシブ ヘッドセット用の Mixed Reality エクスペリエンスを構築するために、次の API が使用されています。

機能 説明
視線入力 ホログラムを見ることによってユーザーがホログラムを対象とすることができるようにします
ジェスチャ アプリに空間アクションを追加する
ホログラフィック レンダリング ユーザーの周囲のワールド内の正確な場所にホログラムを描画します
モーション コントローラー 自分の Mixed Reality 環境でユーザーにアクションを実行させます
空間マッピング 仮想メッシュ オーバーレイを使用して物理領域をマップし、環境の境界をマークします
音声 ユーザーが話したキーワード、フレーズ、ディクテーションをキャプチャします

Note

今後および開発中のコア機能は、OpenXR ロードマップのドキュメントに記載されています。

3. デプロイとテスト

HoloLens 2 または Windows Mixed Reality イマーシブ ヘッドセットで OpenXR を使用して、デスクトップで開発できます。 ヘッドセットにアクセスできない場合は、代わりに HoloLens 2 Emulator または Windows Mixed Reality シミュレーターを使用できます。

次の操作

開発者の仕事に終わりはありません。新しいツールや SDK について学ぶ場合は特にこれが当てはまります。 以降のセクションでは、既に終えた初級レベルの教材から一歩進んだ領域について説明します。 これらのトピックとリソースは順番に並んでいるわけではないため、お好きなところから自由に参照することができます。

その他の技術情報

OpenXR ゲームをレベルアップする場合は、以下のリンクを確認してください。

関連項目