次の方法で共有


Holographic Remoting のバージョン履歴

Note

このガイダンスは、Windows Mixed Reality を実行している HoloLens 2 および Windows PC 上の Holographic Remoting のみを対象にしています。

バージョン 2.9.3 (2023 年 10 月 26 日)

  • OpenXR API を使用した Holographic Remoting で拡張機能がXR_MSFT_scene_markerサポートされるようになりました。
  • OpenXR API を使用した Holographic Remoting で、拡張構造体による GPU アダプターの選択がXrRemotingPreferredGraphicsAdapterMSFTサポートされるようになりました。
  • タイムスタンプ アサートによる Unity Hands Subsystem のクラッシュを修正しました。

バージョン 2.9.2 (2023 年 6 月 14 日)

  • OpenXR API でリッスン モードを使用すると、10 秒後にタイムアウトになる問題を修正しました。

バージョン 2.9.1 (2023 年 2 月 17 日)

  • 以前のリモート バージョンの安定性の向上。

バージョン 2.9.0 (2023 年 2 月 13 日)

  • OpenXR API を使用した Holographic Remoting で、以下がサポートされるようになりました。
    • プレーヤーとリモートの間のタイムスタンプ変換。
    • XR_MSFT_spatial_graph_bridge拡張機能 (リビジョン 2)。
  • アプリごとのオーディオ キャプチャのサポートが追加されました。
  • Holographic Remoting プレーヤーに QR コードを使用した簡単な逆接続を追加しました。「 Holographic Remoting Player」を参照してください。
  • GitHub の公式サンプルを C++ 20 に更新しました。
  • さまざまなバグが修正され、安定性が向上しました。

バージョン 2.8.1 (2022 年 7 月 6 日)

  • Azure Spatial Anchors のサポートの強化

バージョン 2.8.0 (2022 年 5 月 3 日)

  • XR_MSFT_scene_understanding拡張機能の完全な機能サポート。 これで、すべてのシーン コンピューティング機能とシーン コンピューティングの一貫性がサポートされるようになりました。
  • 最適化と待機時間の削減。
  • マルチ GPU システムに関する問題を修正しました。
  • その他の多くのバグが修正され、安定性が向上しました。

バージョン 2.7.5 (2022 年 3 月 23 日)

  • さまざまなバグが修正され、安定性が向上しました。

バージョン 2.7.4 (2022 年 2 月 8 日)

  • Microsoft Store から入手できる Holographic Remoting プレーヤーが正しく起動できない問題を修正しました。

バージョン 2.7.3 (2022 年 2 月 7 日)

  • HEVC ビデオデコードの待機時間の回帰を修正しました。

バージョン 2.7.2 (2021 年 12 月 15 日)

  • さまざまなバグが修正され、安定性が向上しました。

バージョン 2.7.1 (2021 年 10 月 26 日)

  • さまざまなバグが修正され、安定性が向上しました。

バージョン 2.7.0 (2021 年 9 月 29 日)

  • OpenXR 拡張機能 XR_MSFT_spatial_anchor_persistence のサポートを追加しました。これにより、デバイス上のアプリケーション セッション間で空間アンカーを永続化および取得できます。
  • カスタム プレーヤーとリモート アプリケーションの間で空間位置を同期するために使用できる新しい種類のユーザー座標系を追加しました。
  • PlayerContext と RemoteContext から接続イベントと切断イベントが同時または誤った順序でブロードキャストされる場合があるという問題を修正しました。 ブロードキャストは常に順番に行われるようになりましたが、後続イベントのブロードキャストを待機するためのイベント ハンドラーでのブロックは禁止されるようになりました。
  • さまざまなバグが修正され、安定性が向上しました。

バージョン 2.6.2 (2021 年 8 月 20 日)

  • ホログラムの安定性に悪影響を与える可能性がある OpenXR クアッド レイヤー コンポジションの問題を修正しました。

バージョン 2.6.1 (2021 年 7 月 20 日)

  • XR_MSFT_holographic_remoting_speech 拡張機能により、セッション実行中に新しいパラメーターを使用して音声認識エンジンを再初期化できるようになりました。
  • 複数の接続で音声認識の信頼性が低下する問題を修正しました。
  • さまざまなバグが修正され、安定性が向上しました。

バージョン 2.6.0 (2021 年 6 月 10 日)

  • OpenXR API を使用した Holographic Remoting で、以下がサポートされるようになりました。
    • 新しい XR_MSFT_holographic_remoting_speech 拡張機能。これにより、アプリケーションでさまざまな言語のカスタム音声コマンドをリッスンできます。
    • XR_MSFT_scene_understanding 拡張機能。 これにより、アプリケーションによる、ユーザーの環境内でのプレーン、メッシュ、オブジェクトを高度な表現が可能になります。 この拡張機能により、空間認識アプリケーションを開発できます。 注意: XR_SCENE_COMPUTE_CONSISTENCY_OCCLUSION_OPTIMIZED_MSFT が、このバージョンの xrComputeNewSceneMSFT でサポートされる唯一の整合性です。
    • XR_MSFT_spatial_graph_bridge 拡張機能。これにより、アプリケーションで XrSpace ハンドルを作成して、他の Windows Mixed Reality デバイス プラットフォーム ライブラリまたは API の空間グラフ ノードを追跡できます。 注意: XR_SPATIAL_GRAPH_NODE_TYPE_STATIC_MSFT が、このバージョンの xrCreateSpatialGraphNodeSpaceMSFT でサポートされる唯一の種類のノードです。
  • Mixed Reality API を使用した Holographic Remoting で、以下がサポートされるようになりました。
    • SpatialGraphInteropPreview.CreateCoordinateSystemForNode オーバーロード。これにより、アプリケーションで静的な空間グラフ ノードを追跡して、ユーザーが環境内の場所や物を推論できるようにすることができます。
  • OpenXR と Mixed Reality API の両方を使用した Holographic Remoting で、以下がサポートされるようになりました。
  • Microsoft.MixedReality.SceneUnderstanding SDK。 これにより、アプリケーションで、ユーザーを取り巻くシーンの描写 (壁、床、サーフェスなど) を計算して、クアッド、メッシュ、コンテンツ配置の手掛かりを提供できます。
  • Microsoft.MixedReality.QR SDK。これにより、アプリケーションで、検出された QR コードの場所、サイズ、コンテンツを追跡できます。
  • オーバーレンダリング。これにより、HMD の両側の黒い領域が減ります。
  • OpenXR リモート サンプルが更新され、以下が追加されました。
    • XR_MSFT_holographic_remoting_speech 拡張機能の使用例。
  • Mixed Reality リモート サンプルが更新され、以下が追加されました。
    • Microsoft.MixedReality.SceneUnderstanding SDK の使用例。
    • (以前の QR コード検出メカニズムを置き換える) Microsoft.MixedReality.QR SDK の使用例。
  • 接続の確立中、Holographic Remoting プレーヤーで、読み込み中であることを示すアニメーションが表示されるようになりました。
  • OpenXR API ランタイムと Mixed Reality API サンプルの両方で RenderDoc の互換性に関する問題を修正しました。
  • さまざまなバグが修正され、安定性が向上しました。

バージョン 2.5.0 (2021 年 2 月 12 日)

  • OpenXR API を使用した Holographic Remoting で、以下がサポートされるようになりました。
  • XR_MSFT_spatial_anchor 拡張機能。 この拡張機能により、アプリケーションで空間アンカーを作成できます。 空間アンカーは、ランタイムによって追跡されるユーザーの物理環境内の任意の地点です。
    • XR_MSFT_controller_model 拡張機能。 この拡張機能により、コントローラー用の GLTF モデルを読み込むメカニズムが提供されます。
    • XR_MSFT_holographic_remoting 拡張機能の一部としてのカスタム データ チャネル。 OpenXR リモート サンプルに関する記事で、この例が示されています。
  • プレーヤーとリモート側の間の同期が改善されました。 この改善により、動的に変化する姿勢とフレーム バッファリングが可能になるため、リモート レンダリングされたコンテンツが、予想されるターゲット フレーム レートでディスプレイにスムーズに到達します。
  • Microsoft Store から入手できる Holographic Remoting プレーヤーのパフォーマンスが向上しました。
  • リモート アプリが SpatialSurfaceObserver を介してクエリを実行できる空間サーフェス メッシュの転送を最適化しました。
  • SpatialAnchorManager メソッドを呼び出したり、アンカーを解放したりすると、切断時に例外が発生する問題を修正しました。
  • PlayerContext または RemoteContext インスタンスを閉じるときにクラッシュを引き起こすスレッド処理の問題を修正しました。
  • デスクトップ上の Holographic Remoting プレーヤー: Windows Mixed Reality がない場合、警告なしで終了するのではなくエラー メッセージが表示されます。
  • その他の多くのバグが修正され、安定性が向上しました。

バージョン 2.4.1 (2021 年 1 月 22 日)

  • 接続中に呼び出された場合に SpatialAnchorManager::RequestStoreAsync の動作に信頼性がない問題を修正しました。
  • 該当のアンカーが見つからない場合に、SpatialAnchorManager::TrySave でアンカーが正しく保存されない問題を修正しました。

バージョン 2.4.0 (2020 年 12 月 1 日)

バージョン 2.3.1 (2020 年 10 月 10 日)

  • 視覚的なジッターを引き起こしたリモート姿勢予測での回帰を修正しました。
  • PerceptionDeviceSetCreateFactoryOverride を実装しました。これにより、Holographic Remoting に含まれる PerceptionDevice.dll が、Windows 10 に付属のバージョンに干渉しなくなります。

バージョン 2.3.0 (2020 年 10 月 2 日)

  • Holographic Remoting プレーヤーが中断されているときに発生する可能性があるクラッシュを修正しました。
  • 安定性が向上しました。

バージョン 2.2.3 (2020 年 8 月 28 日)

  • バグが修正され、安定性が向上しました。

バージョン 2.2.2 (2020 年 7 月 10 日)

バージョン 2.2.1 (2020 年 7 月 6 日)

重要

バージョン 2.2.0 では Windows アプリ認定キットの検証が失敗します。 バージョン 2.2.0 を使用していて、アプリケーションを Microsoft Store に送信する場合は、少なくともバージョン 2.2.1 に更新してください。

バージョン 2.2.0 (2020 年 7 月 1 日)

  • Windows Mixed Reality を実行している PC に Holographic Remoting プレーヤーをインストールして、イマーシブ ヘッドセットにストリーム配信できるようになりました。
  • モーション コントローラーが Holographic Remoting でサポートされるようになり、SpatialInteractionSource.Controller を使用してコントローラー固有のデータを取得できます。
  • SpatialStageFrameOfReference がサポートされるようになり、SpatialStageFrameOfReference.Current を使用して現在のステージを取得できます。 また、SpatialStageFrameOfReference.RequestNewStageAsync を使用して新しいステージを要求できます。
  • 以前のバージョンでは、姿勢予測は Holographic Remoting プレーヤーがプレーヤー側で処理していました。 バージョン 2.2.0 以降では、Holographic Remoting には時間同期が適用され、予測は完全にリモート アプリケーションが行います。 ユーザーは、問題のあるネットワーク状況下でのホログラムの安定性の向上も期待できます。

バージョン 2.1.3 (2020 年 5 月 25 日)

  • HolographicSpace.CameraAdded イベントの動作を変更しました。 以前のバージョンでは、HolographicSpace.CreateNextFrame を使用して次のフレームを作成するときに、新しく追加された HolographicCamera にも有効な HolographicCameraPose が含まれるという保証はありませんでした。 バージョン 2.1.3 以降では、HolographicSpace.CameraAdded は Holographic Remoting プレーヤーからの姿勢データと同期されます。 ユーザーは、カメラが新しく追加された場合に、そのカメラで使用可能な有効な HolographicCameraPose が次のフレームに含まれることを予想できます。
  • DepthBufferStreamResolution に Disabled を追加しました。これを使用して、RemoteContext.ConfigureDepthVideoStream を介した深度バッファー ストリーミングを無効にできます。 注意: HolographicCameraRenderingParameters.CommitDirect3D11DepthBuffer を使用した場合は、E_ILLEGAL_METHOD_CALL が失敗します。
  • Holographic Remoting プレーヤーのスタートアップ画面が再設計され、ユーザーのビューがブロックされなくなりました。
  • 安定性が向上し、バグが修正されました。

バージョン 2.1.2 (2020 年 4 月 5 日)

  • 最新の Holographic Remoting プレーヤーと 2.1.0 より前のバージョンを使用するリモート アプリ間でのオーディオの下位互換性の問題を修正しました。
  • Holographic Remoting プレーヤーが予期せず閉じられる空間アンカーの問題を修正しました。 この問題は、カスタム プレーヤーにも影響します。

バージョン 2.1.1 (2020 年 3 月 20 日)

  • AMD GPU を使用する場合のリモート アプリでのビデオ エンコードの問題を修正しました。
  • Holographic Remoting プレーヤーのパフォーマンスが向上しました。

バージョン 2.1.0 (2020 年 3 月 11 日)

  • UDP 経由で RTP を使用するようにネットワーク トランスポートを切り替えました。 セキュリティで保護された接続では、SRTP が使用されるようになりました。 注意: Holographic Remoting プレーヤーは、現在でも以前にリリースされたすべての Holographic Remoting バージョンと互換性があります。 新しいネットワーク トランスポートを利用するには、Holographic Remoting プレーヤーと該当するリモート アプリの両方で、バージョン 2.1.0 を使用する必要があります。
  • HolographicCameraRenderingParameters.CommitDirect3D11DepthBuffer のサポートを追加しました。

バージョン 2.0.20 (2020 年 2 月 2 日)

  • クラッシュを引き起こすさまざまなバグを修正しました。

バージョン 2.0.18 (2019 年 12 月 17 日)

  • HolographicViewConfiguration のサポートを追加しました
  • クラッシュを引き起こすさまざまなバグを修正しました。
  • HolographicCamera を受け入れて、追加されたカメラとして HolographicFrame に表示するために HolographicSpace.CameraAdded コールバックが必要でしたが、このバグを修正しました。

バージョン 2.0.16 (2019 年 11 月 11 日)

  • QR コード追跡のデッドロックを修正しました。
  • メイン スレッドでの待機のブロックが原因で処理されなかった例外を修正しました。

バージョン 2.0.14 (2019 年 10 月 26 日)

  • 新しい PerceptionDevice API がサポートされました (Windows 10 2019 年 11 月の更新プログラム)。
  • SpatialGestureRecognizer が長押しジェスチャ イベントをトリガーするのを妨げる問題を修正しました。
  • SpatialSurfaceObserver.SetBoundingVolume を使用する場合のスレッド処理の問題を修正しました。

バージョン 2.0.12 (2019 年 10 月 18 日)

  • NavigationRail(X/Y/Z) を使用したときの SpatialGestureRecognizer のクラッシュを修正しました。

バージョン 2.0.10 (2019 年 10 月 10 日)

  • VR コントローラーのトリガー ボタンを使用したときのクラッシュを修正しました。 Holographic Remoting はコントローラーを完全にはサポートしていません。トリガー ボタンと Windows ボタンは、HoloLens 2 とペアリングされている場合にのみ動作します。

バージョン 2.0.9 (2019 年 9 月 19 日)

  • SpatialAnchorExporter のサポートを追加しました
  • 次のメンバーを提供する新しいインターフェイス IPlayerContext2 (PlayerContext によって実装) を追加しました。
  • BlitResult に値 Failed_RemoteFrameTooOld を追加しました
  • 安定性と信頼性が向上しました

バージョン 2.0.8 (2019 年 8 月 20 日)

バージョン 2.0.7 (2019 年 7 月 26 日)

  • HoloLens 2 用の Holographic Remoting の最初のパブリック リリースです。

参照