アプリ インストーラー ファイルの更新設定を構成する

アプリ インストーラー ファイルの概要」で説明したように、アプリ インストーラー ファイルでアプリの更新動作を構成できます。 この記事では、更新オプションとそれぞれのトレードオフについて説明します。

アプリの更新動作は、UpdateSettings 要素を使用することで構成できます。 ここでは、更新オプションとそれぞれのトレードオフについて説明します。

要約すると、更新プログラムの確認を、次の 2 つの方法から選択できます。

  1. ユーザーによるアプリの起動とは独立して確認する。
  2. ユーザーがアプリを起動した場合にのみ確認する。

また、更新プログラムの適用を、次の 2 つの方法から選択できます。

  1. プロンプトでユーザーに通知することにより適用する。
  2. ユーザーに通知せずにサイレントで適用する。

最後に、ユーザーに更新プログラムについて通知する場合、更新プログラムを取得してからでなければユーザーにアプリの起動を許可しないか、ユーザーによるアプリの起動を許可して、適切なタイミングで更新プログラムを適用できるようにするかを選択できます。

UpdateSettings 要素には、次の子要素を含めることができます。

アプリ インストーラー ファイルの更新設定 最小 Windows 10 バージョン
OnLaunch 1709
HoursBetweenUpdateChecks 1803
AutomaticBackgroundTask 1803
UpdateBlocksActivation 1903
ShowPrompt 1903
ForceUpdateFromAnyVersion 1903
  • OnLaunch: 起動時に更新プログラムを確認します。 この種類の更新プログラムでは UI を表示でき、次の属性があります。

    • HoursBetweenUpdateChecks: システムがアプリの更新プログラムを確認する頻度 (時間間隔) を示す整数。 "0" から "255" まで。 既定値は 24 です (この値が指定されていない場合)。 たとえば、HoursBetweenUpdateChecks = 3 の場合、ユーザーがアプリを起動した時点で、過去 3 時間以内にシステムによる更新プログラムの確認が行われていない場合、更新プログラムがすぐに確認されます。

    • ShowPrompt: UI がユーザーに表示されるかどうかを決定するブール値。 この値は Windows 10 バージョン 1903 以降でサポートされています。

    • UpdateBlocksActivation: ユーザーに表示される UI で更新プログラムを取得しなくてもユーザーによるアプリの起動を許可するか、更新プログラムを取得してからでなければアプリを起動できないようにするかを決定するブール値。 この属性は、ShowPrompt が "true" に設定されている場合にのみ "true" に設定できます。 UpdateBlocksActivation="true" の場合、ユーザーに表示される UI でユーザーは更新プログラムを取得したり、アプリを閉じたりできます。 UpdateBlocksActivation="false" の場合、ユーザーに表示される UI でユーザーは、更新プログラムを取得したり、更新せずにアプリを起動したりできます。 後者の場合、更新プログラムは適切なタイミングでサイレントに適用されます。 この値は Windows 10 バージョン 1903 以降でサポートされています。

      注意

      UpdateBlocksActivation が true に設定されている場合、ShowPrompt が true に設定される必要があります。

  • AutomaticBackgroundTask: ユーザーがアプリを起動するかどうかに関係なく、8 時間ごとに更新プログラムの確認がバックグラウンドで実行されます。 この種類の更新プログラムでは、UI を表示できません。

  • ForceUpdateFromAnyVersion: アプリに、バージョン x からバージョン x++ への更新と、バージョン x からバージョン x-- へのダウングレードを許可します。 この要素が指定されていない場合、アプリは上位バージョンにのみ移行できます。