次の方法で共有


hash コマンド (winget)

winget ツールの hash コマンドは、インストーラーの SHA256 ハッシュを生成します。 このコマンドは、GitHub にある Microsoft コミュニティのパッケージ マニフェスト リポジトリにソフトウェアを送信するためのマニフェスト ファイルを作成する必要がある場合に使用します。

winget の hash コマンド

また、hash コマンドでは、MSIX ファイル用の SHA256 証明書ハッシュの生成もサポートされています。

winget hash msix コマンド

使用方法

winget hash [--file] \<file> [\<options>]

hash サブコマンドは、ローカル ファイルでのみ実行できます。 hash サブコマンドを使用するには、インストーラーを既知の場所にダウンロードします。 次に、ファイル パスを引数として hash サブコマンドに渡します。

winget hash コマンドのヘルプ オプション

引数

次の引数を使用できます。

引数 説明
-f、--file ハッシュするファイルへのパス。

Options

オプションを使用すると、hash のエクスペリエンスをニーズに合わせてカスタマイズできます。

オプション 説明
-m、--msix hash コマンドで、MSIX インストーラーで使用する SHA-256 SignatureSha256 も作成することを指定します。
-?、--help このコマンドに関する追加のヘルプを取得します。
--wait 終了する前に任意のキーを押すようユーザーに求めます。
--logs,--open-logs 既定のログの場所を開きます。
--verbose, --verbose-logs ログ記録設定をオーバーライドし、詳細ログを作成します。
--disable-interactivity 対話型プロンプトを無効にします。