winget ツールによる問題のデバッグとトラブルシューティング

Windows パッケージ マネージャーを使用してアプリケーションのインストール、検索、または一覧表示を行うときは、動作をよりよく理解するために、必要に応じてログ ファイルを確認することがあります。

ログ

Windows パッケージ マネージャーの既定では、コマンドの実行時にログ ファイルが作成されます。 これらのログ ファイルは次の場所にあります。

> Logs: %LOCALAPPDATA%\Packages\Microsoft.DesktopAppInstaller_8wekyb3d8bbwe\LocalState\DiagOutputDir

このフォルダーに移動すると、winget ツールから書き込まれたログを確認できます。

--verbose-logs

CDN とソースとの完全な通信が記録された、より包括的なログ ファイルが必要な場合は、コマンドラインに --verbose-logs を追加します。 --verbose-logs オプションの使用例を次に示します。

> winget install vscode --verbose-logs
> winget search -n visual --verbose-logs
> winget source add -n mysource -t Microsoft.REST -a https://www.contoso.org --verbose-logs

既知の問題

ソースと動作に関する既知の問題一覧の最新情報については、Windows パッケージ マネージャー クライアント リポジトリを参照してください。 winget ツールの使用時に問題が発生した場合は、トラブルシューティングについては、こちらを参照してください。