Hosts File Editor ユーティリティ

Windows には、ドメイン名と一致する IP アドレスを含むローカルの 'Hosts' ファイルが含まれており、IP ネットワーク上のホストを識別して検索するためのマップとして機能します。 Web サイトにアクセスするたびに、コンピューターがホスト ファイルを最初に確認して、接続先の IP アドレスを確認します。 情報が存在しない場合、インターネット サービス プロバイダーは、サイトを読み込むリソースの DNS を調びます。

には Hosts File Editor 、hosts ファイル構成を編集するための便利な方法が用意されています。

これは、Web サイトを新しいホスティング プロバイダーまたはドメイン名に移行する場合など、ダウンタイムが 24 から 48 時間かかる場合があるシナリオに役立ちます。 hosts ファイルを使用してドメインに関連付けるカスタム IP アドレスを作成すると、新しいサーバーでの外観を確認できます。

新しいエントリを追加する

まず、[設定] で が Hosts File Editor[オン ] に設定されていることを確認する PowerToys 必要があります。

を使用して新しいエントリを追加するには:Hosts File Editor

  • IP アドレスを入力する
  • ホスト名を入力します
  • エントリの目的を特定するのに役立つ可能性のあるコメントを入力します
  • [アクティブ] トグルが有効になっていることを確認し、[追加] を選択します

PowerToysHosts File Editor: 新しいエントリを追加する

ホスト ファイル エントリをフィルター処理する

ホスト ファイルのエントリをフィルター処理するには、フィルター アイコンを選択し、[アドレス]、[ホスト]、または [コメント] フィールドに文字を入力して、結果の範囲を絞り込みます。

PowerToysHosts File Editor: エントリのフィルター処理

ファイルバックアップをホストする

Hosts File Editor は、セッションを編集する前に hosts ファイルのバックアップを作成します。 バックアップ ファイルは、 の hosts_PowerToysBackup_YYYYMMDDHHMMSShosts ファイルの%SystemRoot%/System32/drivers/etc近くに配置されます。

設定

[設定] メニューから、次のオプションを構成できます。

設定 説明
管理者として起動する hosts ファイルを編集できるように管理者として起動します。 無効にした場合、エディターは読み取り専用モードで実行されます。 Hosts File Editor は既定で管理者として開始されます。
起動時に警告を表示する ホストの編集によって DNS 名の解決が変更される可能性があることを警告します。 警告は既定で有効になっています。
追加の線の位置 が選択されている場合 Bottom 、ファイル ヘッダーはホスト設定の後に一番下に移動されます。 既定値は Top です。

トラブルシューティング

管理者のアクセス許可なしで変更が行われた場合、"ホスト ファイルの保存に失敗しました" というエラーが表示されます。

PowerToysHosts File Editor: hosts ファイルを保存できませんでした

エラーを修正するには、設定でオプションを有効にします Launch as administrator