診断データ ビューアーの概要

適用対象

  • Windows 11 バージョン 21H2 以降
  • Windows 10 バージョン 1803 以降

概要

診断データ ビューアーは、デバイスから Microsoft に送信される Windows 診断データを確認できる Windows アプリです。送信されるデータは、Microsoft がデータを使用する方法に基づく、わかりやすいカテゴリに分類されます。

診断データ ビューアーのインストールと使用

診断データ ビューアーを使用してデバイスの診断データを確認するには、アプリをダウンロードする必要があります。

データ表示の有効化

このツールを使用して Windows 診断データを確認するには、[設定] パネルでデータ表示をオンにする必要があります。 データ表示をオンにすると、データ表示をオフにするまで、Windows にデバイスの診断データが保存されます。 データ表示をオフにすると、Windows による診断データの収集が停止し、デバイスから既存の診断データが消去されます。 この設定は、Office データの表示や履歴には影響しません。

データ表示を有効にするには

  1. [スタート] に移動し、[設定] > [プライバシー] > [診断] & [フィードバック] の順に選択します。

  2. [診断データ] で、[データの表示が有効になっている場合は、診断データを表示できます] オプションをオンにします。

    データ表示をオンにする場所。

診断データ ビューアーのダウンロード

Microsoft Store の Diagnostic Data Viewerのページからこのアプリをダウンロードします。

重要

お使いの Windows デバイスで Microsoft Store を使用できないこともあります (Windows Server など)。 この場合は、「PowerShell 用診断データ ビューアーの概要」をご覧ください。

診断データ ビューアーの起動

このアプリは [設定] パネルから起動できます。

診断データ ビューアーを起動するには

  1. [スタート] に移動し、[設定] > [プライバシー] > [診断] & [フィードバック] の順に選択します。

  2. [診断データ] の下で [診断データ ビューアー] ボタンをクリックします。

    診断データ ビューアーをオンにする場所。

    または

    スタートに移動し、"診断データ ビューアー"を検索します。

  3. 診断データ ビューアー アプリを閉じ、数日間、通常どおりデバイスを使用した後、診断データ ビューアーをもう一度開いて更新された診断データの一覧を確認します。

    重要

    データ表示を有効にすると、システム ドライブで最大 1 GB (既定) のディスク領域が使用されます。 診断データ ビューアーを使用し終わったら、データ表示をオフにすることを強くお勧めします。 データ表示をオフにする方法については、この記事の「データ表示の無効化」を参照してください。

診断データ ビューアーの使用

診断データ ビューアーには、デバイスの診断データを表示およびフィルター処理するための次の機能があります。

  • Windows 診断イベントを表示する: 左側の列では、診断イベントを確認できます。 これらのイベントは、デバイスで発生し、Microsoft に送信されたアクティビティを反映します。

    イベントを選択すると、詳細な JSON ビューが開き、Microsoft にアップロードされた正確な詳細情報が表示されます。 Microsoft はこの情報を使用して、Windows オペレーティングシステムを継続的に改善しています。

    重要

    イベントは、表示されていてもアップロード済みであるとは限りません。 一部のイベントがまだキューに残っていて、後でアップロードされる可能性もあります。

    診断イベントを表示します。

  • 診断イベントを検索します。 画面上部の [検索] ボックスでは、すべての診断イベントの詳細を検索できます。 検索結果には、検索文字列と一致するテキストを含む診断イベントが返されます。

    イベントを選択すると、JSON の詳細なビューが開き、一致するテキストが強調表示されます。

  • 診断イベント カテゴリに基づいてフィルター処理する: アプリの [メニュー] ボタンをクリックすると、詳細なメニューが開きます。 ここには、診断イベント カテゴリの一覧が表示されます。これらのカテゴリは、Microsoft がイベントを使用する方法を示します。 チェック ボックスを選択することで、さまざまな診断イベント カテゴリを使用してフィルター処理を実行できます。

  • Windows エクスペリエンスの改善に協力する: Microsoft は少数のデバイスの診断データがあれば、Windows オペレーティング システム、そして最終的にはユーザー エクスペリエンスを大幅に改善することができます。 このような少数のデバイスのグループに参加している場合、問題が発生したときに Microsoft が関連のイベント診断データを収集し、収集された情報が、他のユーザーの問題解決に貢献する可能性があります。

    貢献を示すために、デバイスがグループの一部である場合、このアイコン (デバイス レベルのサンプリングを確認するためのアイコン) が表示されます。 さらに、改善を支援するためにデバイスから Microsoft に診断データ イベントが送信された場合、このアイコン (イベント レベルのサンプリングを確認するためのアイコン) が表示されます。

  • 診断イベントのフィードバックを提供する: ウィンドウの右上隅にある [データ提供] アイコンをクリックすると、フィードバック Hub アプリが開き、診断データ ビューアーと診断イベントに関するフィードバックを提供できます。

    診断データ ビューアーで特定のイベントを選択すると、フィードバック Hubのフィールドが自動的に入力されます。 [詳細な内容 (オプション)] のボックスにコメントを追加することができます。

    重要

    フィードバック Hub のすべての内容は、一般に公開されます。 したがって、フィードバック コメントに個人情報を記入しないように、十分に注意してください。

  • Microsoft に提供したデータの概要を確認する: ビルド 19H1 以降では、診断データ ビューアーの [自分のデータの詳細] で、Microsoft にご提供いただいた Windows データの概要を確認できます。

    この機能を使用すると、毎日送信される平均データ量、カテゴリ別のデータの内訳、データの送信量が特に多いコンポーネントとサービスなどを確認できます。

    重要

    このコンテンツには、アプリが保存した Windows データの履歴が反映されます。 拡張分析を行う場合は、診断データ ビューアーのストレージ容量を変更してください。

    Microsoft にご提供いただいたデータの概要は、診断データ ビューアーの [自分のデータの詳細] ページで確認できます。

Office 診断データの表示

既定では、ユーザーの Windows データが診断データ ビューアーに表示されます。 アプリの設定ページでこの機能を有効にすることで、Office 診断データを表示することもできます。 Office 診断データを表示する方法について詳しくは、こちらのページをご覧ください。

データ表示の無効化

診断データを確認し終わったら、データ表示をオフにする必要があります。 これにより、Windows データ履歴も削除されます。 この設定は、Office データの表示や履歴には影響しません。

データ表示をオフにするには

  1. [スタート] に移動し、[設定] > [プライバシー] > [診断] & [フィードバック] の順に選択します。

  2. [診断データ] で、[データの表示が有効になっている場合は、診断データを表示できます] オプションをオフにします。

    データ表示をオフにする場所。

データ履歴のサイズ変更

既定では、診断データ ビューアーには 1 GB または 30 日分 (いずれか先に達した方) の Windows 診断データが表示されます。 時間または領域の制限に達すると、データは古いデータ ポイントから段階的に削除されます。

重要

Office 診断データ表示を有効にしている場合、Office データ履歴は 1 GB に固定され、変更できないことに注意してください。

データ履歴のサイズを変更する

Windows 診断データの履歴のサイズを変更するには、ナビゲーション メニューの下部にあるアプリの設定に移動します。 選択したサイズまたは時間制限に達すると、古いデータ ポイントからデータが段階的に削除されます。

重要

ツールで表示可能な診断データの最大量を減らすと、すべてのデータ履歴が削除され、デバイスの再起動が必要になります。 さらに、ツールで表示可能な診断データの最大量を増やすと、コンピューターのパフォーマンスに影響することがあります。

問題レポートの表示ツールで追加の診断データを表示する

Windows 10 1809 以上および Windows 11 では、診断データ ビューアー 内の [問題レポートの表示] ページで、追加の Windows エラー報告の診断データを確認できます。

このページには、Windows エラー報告の一部として Microsoft に送信されるさまざまなクラッシュ レポートの概要が示されます。 Microsoft では、このデータを使用して再現が困難な具体的な問題を特定および修正し、Windows オペレーティングシステムを改善しています。

コントロール パネルで利用可能な Windows エラー報告ツールを使用することもできます。

診断データ ビューアーを使用して Windows エラー報告診断データを表示するには

Windows 1809 以上では、診断データ ビューアーで Windows エラー報告の診断データを確認することができます。

Windows 1809 以上および Windows 11 では、診断データ ビューアーで Windows エラー報告の診断データを確認することができます。

コントロール パネルを使用して Windows エラー報告の診断データを表示するには

スタートに移動し、[コントロール パネル]>[すべてのコントロール パネル項目]>[セキュリティとメンテナンス]>[問題レポート] を選択します。

または

スタートに移動し、"問題レポート" を検索します。 問題のレポートの確認ツールが開き、Windows エラー報告の各報告と共に、それが Microsoft に送信されたかどうかについての状態が表示されます。

レポートの状態が記載された問題レポート ツールを確認します。

診断データ ビューアーの既知の問題点

テキストの塊として表示される Microsoft Edge 診断データ

適用対象: 新しいMicrosoft Edge (v. 79.x.x.x 以降)

問題: 場合によっては、新しい Microsoft Edge から収集および送信された診断データがデコーダーによって変換されないことがあります。 デコードに失敗すると、データは診断データ ビューアーにテキストの塊として表示されます。 この問題の修正に取り組んでいます。

回避策:

  • コンピューターを再起動し、診断データ ビューアーを開きます。

または

  • タスク マネージャーの [サービス] タブから DiagTrack サービスを再起動し、診断データ ビューアーを開きます。

背景: 新しい Microsoft Edge から収集された診断データの一部は、プロトコル バッファ (protobuf) を使用して送信され、ネットワーク帯域幅を削減し、データ転送効率を向上させます。 診断データ ビューアーには、この protobuf 形式を人間が読めるテキストに変換するデコード機能があります。 バグが原因で、デコーダーがこれらの protobuf メッセージの変換に失敗することがあり、そのため、新しい Microsoft Edge 診断データの一部がエンコードされたテキストの塊として表示されます。