次の方法で共有


Windows の重要サービスおよびコネクテッド エクスペリエンス

適用対象

  • Windows 11 バージョン 21H2 以降
  • Windows 10 Version 1903 以降

Windows には、インターネットに接続して、より優れたエクスペリエンスやサービスベースの機能を追加する機能があります。 これらの機能は、コネクテッド エクスペリエンスと呼ばれます。 たとえば、Microsoft Defender ウイルス対策は、組織のデバイスをセキュリティで保護するための更新された保護を提供するコネクテッド エクスペリエンスです。

コネクテッド エクスペリエンスを使用すると、データMicrosoft に送信され処理されて、接続機能が提供されます。 この情報を使用すると、このようなクラウドベースの接続環境を実現できるため、このようなデータが重要です。 このデータは、サービスデータとして必須です。 必須サービス データには、基盤となるサービスのセキュリティ、最新の状態、期待どおりの動作を維持するために必要な接続エクスペリエンスの操作に関連する情報が含まれます。 必須サービス データには、Windows の構成情報など、コネクテッド エクスペリエンスがタスクを実行するために必要な情報も含まれます。

Windows で使用することを選択したコネクテッド エクスペリエンスは、Microsoft に送信される必須サービス データに影響を与えます。

必須サービス データは、重要サービスのためにも収集され、Microsoft に送信されます。 必須サービスは、製品のセキュリティを維持し、常に最新の状態に維持するために使用されるサービス、または製品の動作に不可欠な製品内サービスのことです。 たとえば、Windows を使用するための適切なライセンスの有無を確認するライセンス サービスなどです。

エンタープライズ管理者はほとんどの必須サービスをオフにできますが、該当する場合は、サービスをオンプレミスでホストすることを検討し、残りのサービスをオフにした場合の影響を慎重に評価することをお勧めします。 次の一覧では、Windows で利用できる必須サービスとコネクテッド エクスペリエンスについて説明し、各サービスに関する詳細へのリンクが用意されています。

この記事の情報では、最も一般的なコネクテッド エクスペリエンスと必須サービスについて説明します。 今後も、Windows の進化に合わせて、コネクテッド エクスペリエンスの一覧を更新していきます。

Windows の必須サービス

必須サービス Description
認証 職場や学校のアカウントにサインインするには、認証サービスが必要です。 ユーザーの ID を検証し、複数のアプリ、OneDrive、アクティビティ履歴などのシステム コンポーネントにアクセスできるようにします。 職場または学校のアカウントを使用して Windows にサインインすると、Microsoft はデバイス全体で一貫性のあるエクスペリエンスを提供できます。 認証サービスをオフにすると、多くのアプリやコンポーネントの機能が失われ、ユーザーがサインインできなくなる可能性があります。

オフにする方法については、「Microsoft アカウント」を参照してください。
証明書 証明書は、クライアント デバイスに格納されるデジタル ファイルで、データの暗号化と個人や組織の ID を確認するために使用されます。 証明機関 (CA) によって発行された信頼されたルート証明書は、証明書信頼リスト (CTL) に格納されます。 ルート証明書の自動更新メカニズムは、Windows Update に連絡して CTL を更新します。 CTL の新しいバージョンが識別されると、ローカル デバイスにキャッシュされた信頼できるルート証明書の一覧が更新されます。 信頼されていない証明書とは、不正であることが一般的に知られている証明書のことです。 信頼されていない証明書は、ローカル デバイスの一覧にも格納され、ルート証明書の自動更新メカニズムによって更新されます。

自動更新がオフの場合、アプリケーションで使用するルート証明書が更新されないため、アプリケーションや Web サイトが動作しなくなることがあります。 さらに、信頼されていない証明書の一覧は更新されなくなるので、デバイスの攻撃ベクトルが増加します。

オフにする方法については、「ルート証明書の自動更新」を参照してください。
サービス構成 サービス構成は、テレメトリ サービスなどの Windows コンポーネントで動的に構成を更新するために使用されます。 このサービスをオフにした場合、このサービスを使用しているアプリが動作しなくなる場合があります。

オフにする方法については、「サービス構成」を参照してください。
Licensing ライセンス サービスは、Windows や Microsoft Store で購入したアプリのライセンス認証に使用されます。 Windows ライセンス マネージャー サービスまたはソフトウェア保護プラットフォーム サービスを無効にした場合、Windows 純正アプリケーションやストア アプリケーションをライセンス認証できなくなる可能性があります。

ライセンス サービスをオフにする方法については、「ライセンス マネージャー」と「ソフトウェア保護プラットフォーム」を参照してください。
ネットワーク Windows のネットワークは、デバイスとローカル イントラネットやインターネットとの間での接続を提供します。 ネットワークをオフにすると、Windows デバイスのネットワーク接続が失われます。

ネットワーク アダプターをオフにするには、「ネットワーク アダプターの無効化」を参照してください。
デバイスのセットアップ ユーザーが新しいデバイスを初めて設定する場合、Windows 最初の実行エクスペリエンス (OOBE) は、ユーザーに使用許諾契約の承諾、インターネットへの接続、Microsoft アカウントへのサインイン (またはサインアップ) の手順をガイドし、その他の重要なタスクをサポートします。 ほとんどの設定は、セットアップ完了後に変更することもできます。

初期セットアップ環境をカスタマイズするには、「セットアップのカスタマイズ」を参照してください。
診断データ Microsoft は、テレメトリ サービスを利用して、お客様のデバイスに関するエラー データを含む診断データを収集します。 診断データによって、ユーザーはオペレーティング システムの開発と継続的な品質向上に関する意見を Microsoft へと届けることができます。 この情報は、Windows の実際の動作を理解し、ユーザーの優先事項に焦点を当て、問題を検出して修正し、サービスを向上させるのに役立ちます。 このデータにより、Microsoft は Windows の操作性を向上させることができます。 診断データをオフに設定すると、問題の修正と品質向上に役立つ重要な情報が Microsoft で利用できなくなります。

オフにする方法については、「テレメトリ サービス」を参照してください。
Update Windows Update は、Windows の最新の更新プログラムやセキュリティ パッチをダウンロードすることで、デバイスを常に最新の状態に保ち、安全性を確保します。 このサービスを利用して、ユーザーは Microsoft Store でアプリをダウンロードし、常に最新の状態に維持することができます。 Windows Update をオフにすると、お使いの Windows デバイスが脆弱な状態になり、セキュリティ上の脅威にさらされやすくなる可能性があります。

その他、デバイス メタデータの取得やフォント ストリーミングなどのサービスにより、デバイス上のコンテンツは常に最新の状態に維持されます。

更新プログラムをオフにする方法については、「Windows Update」、「デバイス メタデータの取得」、「フォント ストリーミング」を参照してください。
Microsoft Store Microsoft Store では、アプリ、ゲーム、デジタル コンテンツを購入およびダウンロードできます。 Microsoft Store では、開発者が、独自のクラウド サービスからトースト更新、タイル更新、バッジ更新、直接更新を送信することもできます。 このメカニズムにより、新しい更新を電力効率に優れた信頼できる方法で Microsoft Store アプリに配信できます。 ストアでは、悪質なアプリを取り消すこともできます。

オフにする方法については、「Microsoft Store」を参照してください。
デバイス管理 デバイス管理には、IT 担当者が会社のセキュリティ ポリシーとビジネス アプリケーションを管理するのに役立つモバイル デバイス管理 (MDM) が含まれています。 組み込みの管理コンポーネントは、管理サーバーと通信できます。 これをオフにすると、デバイスが会社のポリシーに準拠しなくなり、ユーザーが会社のリソースにアクセスできなくなる可能性があります。

モバイル デバイス管理に関する詳細情報

Windows のコネクテッド エクスペリエンス

コネクテッド エクスペリエンス Description
アクティビティの履歴 アクティビティ履歴には、ユーザーが実行したアクティビティの履歴が表示され、同じユーザーの複数のデバイス間でアクティビティを同期することもできます。 デバイス間の同期は、ユーザーが同じアカウントでサインインする場合にのみ機能します。

オフにする方法については、「アクティビティの履歴」を参照してください。
クラウド クリップボード クラウド クリップボードは、同じアカウントでサインインした場合に、すべての Windows デバイスで画像やテキストをコピーすることができます。 ユーザーは、クリップボードの履歴から貼り付けたり、アイテムをピン留めしたりすることもできます。

オフにする方法については、「クラウド クリップボード」を参照してください。
日付と時刻 Windows Time サービスは、デバイスで最も正確な日付と時刻を同期し、維持するために使用されます。 既定でインストールされ、ドメインの一部であるデバイスで自動的に起動します。 他のデバイスでは、手動で起動することができます。 このサービスが停止すると、日付と時刻の同期ができなくなり、このサービスに明示的に依存するサービスを起動できなくなります。

オフにする方法については、「日付と時刻」を参照してください。
配信の最適化 配信の最適化は、クラウドで管理されたピアツーピア クライアントであり、組織のネットワーク上のデバイスに Windows の更新プログラム、アップグレード、アプリケーションをダウンロードするサービスです。 配信の最適化により、デバイスは Microsoft サーバーに加えて、ネットワーク上の他のピアなど、別のソースから更新プログラムをダウンロードできるようになります。 この機能は、インターネット接続が制限されている場合や信頼性が低い場合に役立ち、組織のすべてのデバイスを最新の状態に維持するために必要な帯域幅を削減できます。

配信の最適化のピアツーピア オプションを有効にした場合、ネットワーク上のデバイスは、ローカル ネットワーク上の他のデバイスや、インターネット上のデバイス (選択した場合) との間で更新プログラムやアプリを送受信できるようになります。 既定では、Windows を実行しているデバイスでは、配信の最適化のみを使用して、ローカル ネットワーク上でデバイスの更新プログラムやアプリを取得できます。

オフにする方法については、「配信の最適化」を参照してください。
絵文字など 絵文字などのメニューを使用すると、ユーザーは絵文字、顔文字、GIF、記号、クリップボード履歴など、さまざまなコンテンツを挿入することができます。 このコネクテッド エクスペリエンスは、Windows 11 の新機能です。

オフにする方法については、「絵文字の可用性」を参照してください。
デバイスの検索 [デバイスの検索] は、ユーザーが紛失した Windows デバイスや盗難された Windows デバイスを見つける場合に役立つ機能です。 この機能は、Microsoft アカウントを使用してデバイスにサインインしている場合、ユーザーがデバイスの管理者である場合、およびデバイスの位置情報がオンになっている場合にのみ機能します。 ユーザーは、https://account.microsoft.com/devices にログインして、[デバイスの検索] タブで自分のデバイスを見つけることができます。

オフにする方法については、「デバイスの検索」を参照してください。
位置情報サービス デバイス位置情報の設定を有効にすると、タイム ゾーンの自動設定やデバイスの検索など、特定の Windows 機能が正しく機能するようになります。 デバイス位置情報の設定が有効になっている場合、Microsoft の位置情報サービスは、全地球測位システム (GPS)、近隣のワイヤレス アクセス ポイントや携帯電話基地局、IP アドレスの組み合わせを使用して、デバイスの位置を特定します。 デバイスの位置を特定できる精度はデバイスの性能によって異なり、厳密に特定できる場合もあります。

オフにする方法については、「位置情報サービス」を参照してください。
Microsoft Defender ウイルス対策 Microsoft Defender ウイルス対策は、組織内のデバイスに対する新たな脅威や迫りくる脅威に対する保護をクラウド配信により提供します。 Microsoft Defender ウイルス対策をオフにすると、お使いの Windows デバイスが脆弱な状態になり、セキュリティ上の脅威にさらされやすくなる可能性があります。

オフにする方法については、「Microsoft Defender ウイルス対策」を参照してください。
Microsoft Defender SmartScreen Microsoft Defender SmartScreen は、Windows、Internet Explorer、および Microsoft Edge の機能です。 Microsoft Defender SmartScreen は、フィッシングやマルウェアの Web サイトやアプリケーションからユーザーを保護し、悪意があると考えられるファイルのダウンロードを防ぐのに役立ちます。 Microsoft Defender SmartScreen をオフにすると、Web サイトをブロックしたり、悪質なサイトにアクセスしている可能性についてユーザーに警告が表示されなくなります。

オフにする方法については、「Microsoft Defender SmartScreen」を参照してください。
OneDrive OneDrive クラウド ストレージは、ファイルと写真を OneDrive に保存し、どこからでも、どのデバイスからでもアクセスできるクラウド ストレージ システムです。

オフにする方法については、「OneDrive」を参照してください。
トラブルシューティング サービス Windows トラブルシューティング サービスは、設定が破損することにより重要なサービスが実行できない場合などの重要な問題を自動的に修正します。 このサービスでは、選択されたハードウェア、アプリケーション、および設定で Windows を動作させるために必要なハードウェアとの連携を調整し、その他の特定の変更も行います。 また、Windows の正常な動作のために不可欠ではないものの、操作性に影響を与える可能性がある他の問題についても、トラブルシューティングを行うことをお勧めします。

オフにする方法については、「トラブルシューティング サービス」を参照してください。
音声入力 音声入力 (以前のバージョンの Windows では Windows ディクテーションとも呼ばれていました) を使用すると、Microsoft のオンライン音声認識テクノロジを使用してユーザーが話すことで、テキストを記述できます。

オフにする方法については、「音声認識」を参照してください。
Windows バックアップ 設定の同期がオンになっている場合は、同じアカウントでサインインしたときに、ユーザーの設定がすべての Windows デバイスで同期されます。

オフにする方法については、「設定を同期する」を参照してください。
Windows ダッシュボード ウィジェット Windows ダッシュボード ウィジェットは、ニュース、天気予報、予定表、To-Do リスト、最近の写真など、ユーザーがカスタマイズしたコンテンツを表示する動的なビューです。 この機能を使用して、ユーザーは複数のアプリや Web サイトにアクセスすることなく、生産性を高めることができます。 このコネクテッド エクスペリエンスは、Windows 11 の新機能です。
Windows Insider Program Windows Insider Preview プログラムを利用すると、将来の Windows の具体化をサポートしたり、コミュニティの一員となったり、Windows のビルドをいち早く体験したりすることができます。 このプログラムに登録すると、Insider Preview ビルドを好きなだけ、好きなチャネルのデバイスで実行することができます。 プログラムの Web サイトにアクセスして、Windows Insider プログラムに参加する方法を学びます。

オフにする方法については、「Windows Insider Program」を参照してください。
Windows Search Windows Search を使用すると、ユーザーは、タスク バーの検索ボックスを使用して、デバイス、クラウド、Web など、探しているものを見つけることができます。 Windows Search では、デバイス (アプリ、設定、ファイルを含む)、ユーザー アカウント (OneDrive、SharePoint、その他の Microsoft サービスなど)、およびインターネット上のアイテムの検索結果を得られます。

オフにする方法については、「Windows Search」を参照してください。
Windows スポットライト Windows スポットライトは、ロック画面上で毎日新しい背景画像を表示します。 さらに、ロック画面の背景に関する機能の提案、楽しいこと、ヒントも用意されています。

管理者は、Windows スポットライトの機能をオフにして、ユーザーが Windows スポットライトの背景を使用できないようにすることができます。

オフにする方法については、「Windows スポットライト」を参照してください。

Microsoft Edge の必須サービスおよびコネクテッド エクスペリエンス

Windows は、Windows デバイスにMicrosoft Edge と Internet Explorer を同梱しています。 Microsoft Edge は既定のブラウザーであり、最適な Web 閲覧エクスペリエンスを得るために推奨されています。
Microsoft Edge のすべてのコネクテッド エクスペリエンスと必須サービスの詳細については、こちらをご覧ください。 Microsoft Edge の特定の機能をオフにする方法については、「Microsoft Edge」を参照してください。

IE の必須サービスおよびコネクテッド エクスペリエンス

Internet Explorer は、上記の Windows 必須サービスの多くを共有しています。 次の表には、Internet Explorer に特有の必須サービスとコネクテッド エクスペリエンスに関する詳細を掲載しています。

必須サービスである ActiveX フィルターを除いて、以下のその他の機能はすべてコネクテッド エクスペリエンスです。
特定のコネクテッド エクスペリエンスをオフにする方法については、「Internet Explorer」を参照してください

コネクテッド エクスペリエンス Description
ActiveX フィルター ActiveX コントロールは、Web サイトでビデオやゲームなどのコンテンツを提供したり、ユーザーがツール バーや株価ティッカーなどのコントロールを操作できるようにするための小さなアプリケーションです。 ただし、これらのアプリは誤動作する場合があります。場合によっては、ユーザー デバイスから情報を収集したり、ユーザーの同意なしにソフトウェアをインストールしたり、ユーザーの許可なしにデバイスをリモートで制御したりするために使用される場合があります。
Internet Explorer の ActiveX フィルターは、サイトがこれらのアプリケーションをインストールしたり使用したりするのを防ぎます。これは、ユーザーが閲覧する場合の安全性を維持するのに役立ちますが、ActiveX フィルターがオンになっている場合は対話型コンテンツが動作しないため、特定のサイトのユーザー エクスペリエンスに影響を与える可能性があります。
注: セキュリティをさらに強化するために、Internet Explorer では、以前の ActiveX コントロールをブロックすることもできます。
おすすめサイト おすすめサイトは、ユーザーが興味を持つ可能性のある Web サイト、画像、またはビデオを推奨するオンライン エクスペリエンスです。 おすすめサイトを有効にすると、ユーザーの Web 閲覧履歴が定期的に Microsoft に送信されます。
アドレス バーと検索候補 検索候補を有効にすると、ユーザーがアドレス バーに入力すると、検索用語の候補が表示されます。 ユーザーが情報を入力すると、その情報は既定の検索プロバイダーに送信されます。
Web アドレスのオートコンプリート機能 オートコンプリート機能で、ユーザーがブラウザーの閲覧アドレス バーに入力しようとしている Web アドレスを推測して、一致する可能性のある候補を提案します。
互換性ログ この機能は、開発者や IT 担当者が自分の Web サイトと Internet Explorer の互換性を判断するために使用するために設計されています。 既定では無効になっており、Windows イベント ビューアーでの Internet Explorer イベントの記録を開始するには有効にする必要があります。 これらのイベントは、サイトで発生した可能性があるエラーについて説明するものであり、エラーが発生した特定のコントロールと Web ページに関する情報が含まれる場合があります。
互換表示 互換表示は、以前のブラウザー用に設計された Web サイトを Internet Explorer で表示した場合に、より見やすくするために設計されたものです。 互換表示の設定を使用すると、従業員が閲覧中に発生する可能性がある Web サイトの表示に関する問題を解決できるかどうかを選択できます。
ページ フリップ ページ フリップを使用すると、ユーザーはページ全体をスワイプするか、[転送] をクリックすることで、Web コンテンツをすばやくめくることができます。 ページ フリップを有効にすると、Web 閲覧履歴が定期的に Microsoft に送信されます。 この設定をオフにした場合、ユーザーは画面をスワイプしたり、[転送] をクリックして事前に読み込まれた Web サイトの次のページに移動したりすることができなくなります。
Web スライス Web スライスを使用すると、ユーザーは Web ページ内で直接コンテンツの更新プログラムをサブスクライブし、自動的に受信できるようになります。 RSS フィードの設定を無効にすると、フィードと Web スライスのバックグラウンド同期がオフになります。
アクセラレータ アクセラレータは、ブラウザーに関する一般的な作業を自動化するのに役立つ Internet Explorer のメニュー オプションです。 Internet Explorer では、選択したテキストを右クリックすると、利用可能なオプションの一覧にアクセラレータが表示されます。
たとえば、ある単語を選択すると、"Bing を使用して翻訳" アクセラレータを使用して、その単語の翻訳を取得することができます。
Web サイトをスタート画面にピン留めする ユーザーが Web サイトをスタート メニューにピン留めすると、アプリの表示方法と同様にタイルとして表示されます。 Microsoft Store アプリと同様に、Web サイト タイルも、その Web サイトが更新情報を表示するように設計されている場合は、更新情報を表示することがあります。 たとえば、オンライン メール Web サイトでは、ユーザーの新しいメッセージ数を示す更新情報をタイルに送信する場合があります。

Windows Enterprise のエンドポイントを表示するには、以下を参照してください。

Enterprise 以外の Windows エディションのエンドポイントについては以下を参照してください。

重要

デジタル市場法 (DMA) に関連する Windows データ アクセスまたは相互運用性について問い合わせるには、このフォームを送信してください