アプリ パッケージの要件

Microsoft Store に申請するために、次のガイドラインに従ってアプリのパッケージを準備してください。

Microsoft Store に向けてアプリのパッケージを構築する前に

Windows アプリ認定キットでアプリをテスト したことを確認してください。 また、さまざまな種類のハードウェアでアプリをテストすることをお勧めします。 アプリが認定され、Microsoft Store から入手できるようになるまでの間、アプリをインストールして実行できるのは、開発者用ライセンスを持つコンピューター上のみになります。

Microsoft Visual Studio を使ったアプリ パッケージのビルド

開発環境として Microsoft Visual Studio を使っている場合は、アプリ パッケージを迅速かつ簡単に作成するための組み込みツールが既に用意されています。 詳しくは、「アプリのパッケージ化」をご覧ください。

注意

すべてのファイル名に ANSI を使っていることを確認してください。 

Visual Studio でパッケージを作るときは、必ず、開発者アカウントに関連付けられている同じアカウントでサインインしてください。 パッケージ マニフェストの一部には、お使いのアカウントに関連する固有の詳細情報が含まれています。 この情報は自動的に検出されて追加されます。 マニフェストにこの追加情報が追加されていない場合、パッケージのアップロードでエラーが発生する可能性があります。

アプリの UWP パッケージをビルドするとき、Visual Studio では .msix または appx ファイルを作成するか、.msixupload または .appxupload ファイルを作成できます。 UWP アプリの場合、[パッケージ] ページで .msixupload または .appxupload ファイルを常にアップロードすることをお勧めします。 Microsoft Store 用の UWP アプリのパッケージ化について詳しくは、「Visual Studio での UWP アプリのパッケージ化」をご覧ください。

アプリのパッケージに、信頼された証明機関が発行する証明書で署名する必要はありません。

アプリ バンドル

UWP アプリの場合、Visual Studio ではアプリ バンドル (.msixbundle または .appxbundle) を生成し、ユーザーがダウンロードするアプリのサイズを減らすことができます。 その利便性が発揮されるのは、言語固有のアセットや多様な画像倍率のアセット、特定バージョンの Microsoft DirectX に適用されるリソースを定義した場合などです。

注意

 1 つのアプリ バンドルには、すべてのアーキテクチャ用のパッケージを含めることができます。

アプリ バンドルが使われている場合、ユーザーは、自分に関係したファイルだけをダウンロードすればよく、すべてのリソースをダウンロードする必要はありません。 アプリ バンドルについて詳しくは、「アプリのパッケージ化」と「Visual Studio で UWP アプリをパッケージ化する」をご覧ください。

手動によるアプリ パッケージのビルド

パッケージの作成に Visual Studio を使わない場合は、パッケージ マニフェストを手動で作成 する必要があります。

マニフェストの詳細や要件については、アプリ パッケージ マニフェスト に関するドキュメントをご覧ください。 認定に合格するには、マニフェストがパッケージ マニフェスト スキーマに従っている必要があります。

マニフェストには、アカウントとアプリに関するいくらかの具体的な情報を含める必要があります。 この情報は、ダッシュボードにあるアプリの概要ページの [アプリの管理] セクションで アプリの ID の詳細情報を表示する ことで確認できます。

注意

 マニフェスト内の値は、大文字と小文字が区別されます。 スペースや句読点なども一致する必要があります。 注意して入力し、間違いがないか確認してください。

アプリ バンドル (.msixbundle または .appxbundle) では別のマニフェストを使用します。 アプリ バンドル マニフェストの詳細や要件については、バンドル マニフェストに関するドキュメントをご覧ください。 .msixbundle または .appxbundle では、含まれる各パッケージのマニフェストで、Identity 要素の ProcessorArchitecture 属性を除き、同じ要素と属性を使用する必要があることにご留意ください。

ヒント

 必ず、Windows アプリ認定キットを実行してから、パッケージを提出してください。 これによって、認定や提出の失敗の原因となる可能性がある問題がマニフェストに含まれているかどうかを判断できます。

パッケージの形式の要件

アプリのパッケージは、次の要件に準拠している必要があります。

アプリ パッケージの性質 要件
パッケージのサイズ .msixbundle または .appxbundle: バンドルごとに最大 25 GB
Windows 10 または Windows 11 を対象とする .msix または .appx パッケージ: パッケージごとに最大 25 GB
Windows 8.1 を対象とする .appx パッケージ: パッケージあたり最大 8 GB
Windows 8 を対象とする .appx パッケージ: パッケージあたり最大 2 GB
Windows Phone 8.1 を対象とする .appx パッケージ: パッケージあたり最大 4 GB
.xap パッケージ: パッケージあたり最大 1 GB
ブロック マップ ハッシュ SHA2-256 アルゴリズム

重要

Windows Phone 8.x SDK を使用してビルドされた新しい XAP パッケージはアップロードできなくなりました。 XAP パッケージと共に既に Microsoft Store あるアプリについては、引き続き Windows 10 Mobile デバイスで動作します。 詳細については、このブログ投稿を参照してください。

サポートされているバージョン

UWP アプリの場合、すべてのパッケージは Microsoft Store によりサポートされている Windows 10 または Windows 11 のバージョンをターゲットとする必要があります。 パッケージがサポートするバージョンは、アプリ マニフェストの TargetDeviceFamily 要素の MinVersion 属性と MaxVersionTested 属性で指定されています。

現時点でサポートされているバージョンの範囲は以下のとおりです。

  • 最小: 10.0.10240.0
  • 最大: 10.0.22621.0

StoreManifest XML ファイル

StoreManifest.xml は、必要に応じてアプリ パッケージに含めることのできる構成ファイルです。 その目的は、Microsoft Store デバイス アプリとしてアプリを宣言する機能や、パッケージ マニフェストの対象外となるデバイスに適用される要件を宣言する機能などを有効にすることです。 使用される場合、StoreManifest.xml はアプリ パッケージと共に提出し、アプリのメイン プロジェクトのルート フォルダーにあることが必要です。 詳しくは、「StoreManifest スキーマ」をご覧ください。