ID2D1Ink インターフェイス (d2d1_3.h)

一連のベジエ セグメントと幅で定義される可変幅インクの 1 つの連続ストロークを表します。

継承

ID2D1Ink インターフェイスは ID2D1Resource から継承します。 ID2D1Ink には、次の種類のメンバーもあります。

メソッド

ID2D1Ink インターフェイスには、これらのメソッドがあります。

 
ID2D1Ink::AddSegments

特定のセグメントをこのインク オブジェクトの末尾に追加します。
ID2D1Ink::GetBounds

オプションの変換を適用して、ジオメトリの境界を取得します。
ID2D1Ink::GetSegmentCount

このインク オブジェクト内のセグメントの数を返します。
ID2D1Ink::GetSegments

このインク オブジェクトに格納されているセグメントの指定されたサブセットを取得します。
ID2D1Ink::GetStartPoint

このインク オブジェクトの開始点を取得します。
ID2D1Ink::RemoveSegmentsAtEnd

このインク オブジェクトの末尾から、指定した数のセグメントを削除します。
ID2D1Ink::SetSegmentAtEnd

新しいコントロール ポイントを使用して、このインク オブジェクトの最後のセグメントを更新します。 (オーバーロード 2/2)
ID2D1Ink::SetSegmentAtEnd

新しいコントロール ポイントを使用して、このインク オブジェクトの最後のセグメントを更新します。 (オーバーロード 1/2)
ID2D1Ink::SetSegments

新しいコントロール ポイントを使用して、このインク オブジェクト内の指定したセグメントを更新します。
ID2D1Ink::SetStartPoint

このインク オブジェクトの開始点を設定します。 これにより、このインク オブジェクトがレンダリングを開始する場所が決まります。 (オーバーロード 2/2)
ID2D1Ink::SetStartPoint

このインク オブジェクトの開始点を設定します。 これにより、このインク オブジェクトがレンダリングを開始する場所が決まります。 (オーバーロード 1/2)
ID2D1Ink::StreamAsGeometry

このインク オブジェクトの幾何学的表現を取得します。 (オーバーロード 4/4)
ID2D1Ink::StreamAsGeometry

このインク オブジェクトの幾何学的表現を取得します。 (オーバーロード 1/4)
ID2D1Ink::StreamAsGeometry

このインク オブジェクトの幾何学的表現を取得します。 (オーバーロード 2/4)
ID2D1Ink::StreamAsGeometry

このインク オブジェクトの幾何学的表現を取得します。 (オーバーロード 3/4)

要件

   
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー d2d1_3.h