ADS_ATTR_DEF 構造体 (iads.h)

ADS_ATTR_DEF構造体は、古いインターフェイスである IDirectorySchemaMgmt の一部としてのみ使用されます。 次の情報は、従来の目的でのみ提供されます。

ADS_ATTR_DEF構造では、属性のスキーマ データについて説明します。 スキーマ内の属性定義を管理するために使用されます。

構文

typedef struct _ads_attr_def {
  LPWSTR  pszAttrName;
  ADSTYPE dwADsType;
  DWORD   dwMinRange;
  DWORD   dwMaxRange;
  BOOL    fMultiValued;
} ADS_ATTR_DEF, *PADS_ATTR_DEF;

メンバー

pszAttrName

属性の名前を含む null で終わる Unicode 文字列。

dwADsType

ADSTYPEENUM で定義されている属性のデータ型。

dwMinRange

この属性の最小有効範囲。

dwMaxRange

この属性の最大有効範囲。

fMultiValued

この属性が複数の値を受け取るかどうか。

解説

ADSI では、属性とプロパティが同じ意味で使用されます。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows Vista
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2008
Header iads.h

関連項目

ADSI 構造体

ADSTYPEENUM