Share via


mmioCreateChunk 関数 (mmiscapi.h)

mmioCreateChunk 関数は、mmioOpen 関数を使用して開かれた RIFF ファイルにチャンクを作成します。 新しいチャンクは、現在のファイル位置に作成されます。 新しいチャンクが作成されると、現在のファイル位置は新しいチャンクのデータ部分の先頭になります。

構文

MMRESULT mmioCreateChunk(
  HMMIO      hmmio,
  LPMMCKINFO pmmcki,
  UINT       fuCreate
);

パラメーター

hmmio

開いている RIFF ファイルのファイル ハンドル。

pmmcki

作成するチャンクに関する情報を含む MMCKINFO 構造体を受け取るバッファーへのポインター。

fuCreate

作成するチャンクの種類を識別するフラグ。 次の値が定義されています。

意味
MMIO_CREATELIST "LIST" チャンク。
MMIO_CREATERIFF "RIFF" チャンク。

戻り値

成功した場合はMMSYSERR_NOERRORを返し、それ以外の場合はエラーを返します。 考えられるエラー値は次のとおりです。

リターン コード 説明
MMIOERR_CANNOTSEEK
チャンクのデータ部分のオフセットを決定できません。
MMIOERR_CANNOTWRITE
チャンク ヘッダーを書き込むことができません。

注釈

この関数は、ファイルの中央にチャンクを挿入できません。 アプリケーションがファイルの末尾以外の場所にチャンクを作成しようとすると、 mmioCreateChunk によってファイル内の既存の情報が上書きされます。

lpck パラメーターが指す MMCKINFO 構造体は、次のように設定する必要があります。

  • ckid メンバーはチャンク識別子を指定します。 wFlags にMMIO_CREATERIFFまたはMMIO_CREATELISTが含まれている場合、このメンバーは mmioCreateChunk で塗りつぶされます。
  • cksize メンバーは、チャンクのデータ部分のサイズ (フォームの種類またはリストの種類 (存在する場合) を含む) を指定します。 mmioAscend 関数を呼び出してチャンクの末尾をマークするときにこの値が正しくない場合、mmioAscend はチャンク サイズを修正します。
  • fccType メンバーは、チャンクが "RIFF" または "LIST" チャンクである場合に、フォームの種類またはリストの種類を指定します。 チャンクが "RIFF" または "LIST" チャンクでない場合、このメンバーを入力する必要はありません。
  • dwDataOffset メンバーを入力する必要はありません。 mmioCreateChunk 関数は、このメンバーにチャンクのデータ部分のファイル オフセットを設定します。
  • dwFlags メンバーを入力する必要はありません。 mmioCreateChunk 関数は、dwFlags でMMIO_DIRTY フラグを設定します。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー mmiscapi.h (Mmiscapi.h、Windows.h を含む)
Library Winmm.lib
[DLL] Winmm.dll