ITask インターフェイス (mstask.h)

[[この API は、以降のバージョンのオペレーティング システムまたは製品で変更または使用できない場合があります。 代わりに タスク スケジューラ 2.0 インターフェイス を使用してください。 ]

タスクの実行、タスク情報の取得または設定、タスクの終了のためのメソッドを提供します。 IScheduledWorkItem インターフェイスから派生し、そのインターフェイスのすべてのメソッドを継承します。

継承

ITask インターフェイスは IScheduledWorkItem から継承します。 ITask には、次の種類のメンバーもあります。

メソッド

ITask インターフェイスには、これらのメソッドがあります。

 
ITask::GetApplicationName

このメソッドは、タスクが関連付けられているアプリケーションの名前を取得します。
ITask::GetMaxRunTime

このメソッドは、タスクを終了する前に実行できる最大時間 (ミリ秒単位) を取得します。
ITask::GetParameters

このメソッドは、タスクのコマンド ライン パラメーターを取得します。
ITask::GetPriority

このメソッドは、タスクの優先度を取得します。
ITask::GetTaskFlags

このメソッドは、タスクの動作を変更するフラグを返します。
ITask::GetWorkingDirectory

このメソッドは、タスクの作業ディレクトリを取得します。
ITask::SetApplicationName

このメソッドは、特定のアプリケーションを現在のタスクに割り当てます。
ITask::SetMaxRunTime

このメソッドは、タスクが終了するまでの最大実行時間をミリ秒単位で設定します。
ITask::SetParameters

このメソッドは、タスクのコマンド ライン パラメーターを設定します。
ITask::SetPriority

このメソッドは、タスクの優先度を設定します。
ITask::SetTaskFlags

このメソッドは、スケジュールされたタスクの動作を変更するフラグを設定します。
ITask::SetWorkingDirectory

このメソッドは、タスクの作業ディレクトリを設定します。

注釈

ITask は、 タスク トリガー オブジェクトのプライマリ インターフェイスです。 タスク オブジェクトを作成するには、 ITaskScheduler::Activate for existing tasks または ITaskScheduler::NewWorkItem を呼び出して新しいタスクを作成します。

このインターフェイスの詳細とコード例については、「 C/C++ コード例: タスクの終了」を参照してください。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー mstask.h
再頒布可能パッケージ Windows NT 4.0 および Windows 95 の Internet Explorer 4.0 以降

こちらもご覧ください

IScheduledWorkItem

ITaskScheduler::Activate

ITaskScheduler::NewWorkItem