IPersistFile インターフェイス (objidl.h)

ストレージ オブジェクトまたはストリームではなく、ディスク ファイルからオブジェクトを読み込んだり、ディスク ファイルに保存したりできるようにします。 ファイルを開くために必要な情報はアプリケーションによって大きく異なるため、 IPersistFile::Load on the object の実装でもディスク ファイルを開く必要があります。

継承

IPersistFile インターフェイスは IPersist から継承されます。 IPersistFile には、次の種類のメンバーもあります。

メソッド

IPersistFile インターフェイスには、これらのメソッドがあります。

 
IPersistFile::GetCurFile

オブジェクトに関連付けられているファイルの現在の名前を取得します。 現在の作業ファイルがない場合、このメソッドはオブジェクトの既定の保存プロンプトを取得します。
IPersistFile::IsDirty

オブジェクトが現在のファイルに最後に保存されてから変更されたかどうかを判断します。
IPersistFile::Load

指定したファイルを開き、ファイルに含まれているオブジェクトを初期化します。
IPersistFile::Save

オブジェクトのコピーを指定したファイルに保存します。
IPersistFile::SaveCompleted

ファイルに書き込むことができることをオブジェクトに通知します。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー objidl.h