DS_SELECTION構造体 (objsel.h)

DS_SELECTION構造体には、ユーザーがオブジェクト ピッカー ダイアログ ボックスから選択したオブジェクトに関するデータが含まれています。 DS_SELECTION_LIST構造体には、DS_SELECTION構造体の配列が含まれています。

構文

typedef struct _DS_SELECTION {
  PWSTR   pwzName;
  PWSTR   pwzADsPath;
  PWSTR   pwzClass;
  PWSTR   pwzUPN;
  VARIANT *pvarFetchedAttributes;
  ULONG   flScopeType;
} DS_SELECTION, *PDS_SELECTION;

メンバー

pwzName

オブジェクトの相対識別名 (RDN) を含む null で終わる Unicode 文字列へのポインター。

pwzADsPath

オブジェクトの ADsPath を含む null で終わる Unicode 文字列へのポインター。 この文字列の形式は、このオブジェクトが選択されたスコープのDSOP_SCOPE_INIT_INFO構造体の flScope メンバーで指定されたフラグによって異なります。

pwzClass

オブジェクトの objectClass 属性の値を含む null で終わる Unicode 文字列へのポインター。

pwzUPN

オブジェクトの userPrincipalName 属性値を含む null で終わる Unicode 文字列へのポインター。 オブジェクトに userPrincipalName 値がない場合、 pwzUPN は空の文字列 (L"") を指します。

pvarFetchedAttributes

VARIANT 構造体の配列へのポインター。 各 VARIANT には、選択したオブジェクトの属性の値が含まれています。 取得される属性は、IDsObjectPicker::Initialize メソッドに渡されるDSOP_INIT_INFO構造体の apwzAttributeNames メンバーで指定された属性名によって決まります。 pvarFetchedAttributes 配列内の属性の順序は、apwzAttributeNames 配列で指定された属性名の順序に対応します。

オブジェクト ピッカー ダイアログ ボックスで、要求された属性を取得できない場合があります。 属性を取得できない場合は、VARIANT 構造体の vt メンバーにVT_EMPTYが含まれます

flScopeType

このオブジェクトが選択されたスコープの種類を示す 1 つ以上の DSOP_SCOPE_TYPE_ が含まれます。 詳細およびDSOP_SCOPE_TYPE_フラグの一覧については、DSOP_SCOPE_INIT_INFO構造体の flType メンバーを参照してください。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows Vista
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2008
ヘッダー objsel.h

こちらもご覧ください

DSOP_INIT_INFO

DSOP_SCOPE_INIT_INFO

DS_SELECTION_LIST

ディレクトリ オブジェクトピッカー

IDsObjectPicker::Initialize

バリアント