SetupFreeSourceListW 関数 (setupapi.h)

[この機能は、[要件] セクションに示されているオペレーティング システムで使用できます。 今後のバージョンでは変更されるか、利用できなくなる場合もあります。 SetupAPI は、アプリケーションのインストールに使用されなくなりました。 代わりに、Windows インストーラーを使用してアプリケーション インストーラーを開発します。 SetupAPI は、引き続きデバイス ドライバーのインストールに使用されます。

SetupFreeSourceList 関数は、ソース リストに割り当てられたシステム リソースを解放します。

構文

WINSETUPAPI BOOL SetupFreeSourceListW(
  [in, out] PCWSTR **List,
  [in]      UINT   Count
);

パラメーター

[in, out] List

SetupQuerySourceList からのソースの配列へのポインター。 null で終わる文字列は、コピー先バッファーのサイズを超えないようにする必要があります。 関数が戻ると、このポインターは NULL に設定されます。

[in] Count

リスト内のソースの数。

戻り値

関数が成功した場合、戻り値は 0 以外の値になります。

関数が失敗した場合は、0 を返します。 詳細なエラー情報を得るには、GetLastError を呼び出します。

解説

注意

setupapi.h ヘッダーは、Unicode プリプロセッサ定数の定義に基づいて、この関数の ANSI または Unicode バージョンを自動的に選択するエイリアスとして SetupFreeSourceList を定義します。 エンコードに依存しないエイリアスをエンコードニュートラルでないコードと組み合わせて使用すると、コンパイルまたはランタイム エラーが発生する不一致が発生する可能性があります。 詳細については、「 関数プロトタイプの規則」を参照してください。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows XP (デスクトップ アプリのみ)
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2003 (デスクトップ アプリのみ)
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー setupapi.h
Library Setupapi.lib
[DLL] Setupapi.dll

関連項目

関数

概要

SetupCancelTemporarySourceList

SetupSetSourceList