Share via


SHAppBarMessage 関数 (shellapi.h)

appbar メッセージをシステムに送信します。

構文

UINT_PTR SHAppBarMessage(
  [in]      DWORD       dwMessage,
  [in, out] PAPPBARDATA pData
);

パラメーター

[in] dwMessage

型: DWORD

送信する Appbar メッセージ値。 このパラメーターには、次の値のいずれかを指定できます。

ABM_NEW (0x00000000)

新しい appbar を登録し、システムが appbar に通知メッセージを送信するために使用するメッセージ識別子を指定します。

ABM_REMOVE (0x00000001)

アプリバーの登録を解除し、システムの内部リストからバーを削除します。

ABM_QUERYPOS (0x00000002)

アプリ バーのサイズと画面の位置を要求します。

ABM_SETPOS (0x00000003)

アプリ バーのサイズと画面の位置を設定します。

ABM_GETSTATE (0x00000004)

Windows タスク バーの自動非表示と常時オンの状態を取得します。

ABM_GETTASKBARPOS (0x00000005)

Windows タスク バーの外接する四角形を取得します。 これはシステム タスク バーにのみ適用されることに注意してください。 その他のオブジェクト(特にサードパーティ製ソフトウェアで提供されるツールバー)も存在できます。 その結果、Windows タスク バーでカバーされていない画面領域の一部がユーザーに表示されないことがあります。 タスク バーと他のアプリ バーの両方でカバーされていない画面の領域 (アプリケーションで使用できる作業領域) を取得するには、 GetMonitorInfo 関数を使用します。

ABM_ACTIVATE (0x00000006)

アプリ バーをアクティブ化または非アクティブ化するようにシステムに通知します。 pData が指す APPBARDATAlParam メンバーは、アクティブ化する場合は TRUE、非アクティブ化する場合は FALSE に設定されます。

ABM_GETAUTOHIDEBAR (0x00000007)

画面の特定の端に関連付けられている自動表示アプリ バーへのハンドルを取得します。

ABM_SETAUTOHIDEBAR (0x00000008)

画面の端の自動表示アプリ バーを登録または登録解除します。

ABM_WINDOWPOSCHANGED (0x00000009)

アプリ バーの位置が変更されたときにシステムに通知します。

ABM_SETSTATE (0x0000000A)

Windows XP 以降: アプリ バーの自動非表示属性と always-on-top 属性の状態を設定します。

ABM_GETAUTOHIDEBAREX (0x0000000B)

Windows XP 以降: 特定のモニターの特定のエッジに関連付けられている自動非表示アプリバーへのハンドルを取得します。

ABM_SETAUTOHIDEBAREX (0x0000000C)

Windows XP 以降: 特定のモニターの端の自動表示アプリ バーを登録または登録解除します。

[in, out] pData

型: PAPPBARDATA

APPBARDATA 構造体へのポインター。 エントリと終了時の構造体の内容は、 dwMessage パラメーターに設定された値によって異なります。 詳細については、個々のメッセージ ページを参照してください。

戻り値

種類: UINT_PTR

この関数は、メッセージに依存する値を返します。 詳細については、送信された特定の appbar メッセージのWindows SDKドキュメントを参照してください。 これらのドキュメントへのリンクについては、「関連項目」セクションを参照してください。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント Windows XP (デスクトップ アプリのみ)
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー shellapi.h
Library Shell32.lib
[DLL] Shell32.dll (バージョン 4.0 以降)
API セット ext-ms-win-shell-shell32-l1-2-1 (Windows 10 バージョン 10.0.10240 で導入)

こちらもご覧ください

ABM_ACTIVATE

ABM_GETAUTOHIDEBAR

ABM_GETAUTOHIDEBAREX

ABM_GETSTATE

ABM_GETTASKBARPOS

ABM_NEW

ABM_QUERYPOS

ABM_REMOVE

ABM_SETAUTOHIDEBAR

ABM_SETAUTOHIDEBAREX

ABM_SETPOS

ABM_SETSTATE

ABM_WINDOWPOSCHANGED