IsUserCetAvailableInEnvironment 関数 (sysinfoapi.h)

指定した環境でユーザー モードのハードウェア強制スタック保護を使用できるかどうかを照会します。

構文

BOOL IsUserCetAvailableInEnvironment(
  DWORD UserCetEnvironment
);

パラメーター

UserCetEnvironment

クエリを実行する環境。 このパラメーターには、次の値のいずれかを指定できます。

説明
USER_CET_ENVIRONMENT_WIN32_PROCESS
0x00000000UL
Win32 環境。
USER_CET_ENVIRONMENT_SGX2_ENCLAVE
0x000000002UL
Intel Software Guard Extensions 2 (SGX2) エンクレーブ環境。
USER_CET_ENVIRONMENT_VBS_ENCLAVE
0x00000010UL
仮想化ベースのセキュリティ (VBS) エンクレーブ環境。
USER_CET_ENVIRONMENT_VBS_BASIC_ENCLAVE
0x00000011UL
仮想化ベースのセキュリティ (VBS) の基本的なエンクレーブ環境。

戻り値

指定した環境でユーザー モードのハードウェア強制スタック保護を使用できる場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 10 ビルド 20348
サポートされている最小のサーバー Windows 10 ビルド 20348
Header sysinfoapi.h