IUnknown::Release メソッド (unknwn.h)

COM オブジェクトのインターフェイスの参照カウントをデクリメントします。

構文

ULONG Release();

戻り値

このメソッドは、新しい参照カウントを返します。 この値は、テスト目的でのみ使用することを目的としています。

注釈

オブジェクトの参照カウントが 0 に達すると、 Release はインターフェイス ポインター自体を解放する必要があります。 解放されたポインターがオブジェクトへの唯一の (以前の) 未処理の参照である場合 (オブジェクトが 1 つまたは複数のインターフェイスをサポートしているかどうか)、実装はオブジェクトを解放する必要があります。

オブジェクトを集計すると、インターフェイス ポインターを回復する機能が制限されることに注意してください。

発信者へのメモ

インターフェイス ポインターを使用する必要がなくなった場合は、このメソッドを呼び出します。 インアウト パラメーターを受け取るメソッドを記述している場合は、渡すポインターで Release を呼び出してから、その上に出力値をコピーします。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー unknwn.h

こちらもご覧ください