CreateWindowExW 関数 (winuser.h)

拡張ウィンドウ スタイルを使用して、重複するウィンドウ、ポップアップ ウィンドウ、または子ウィンドウを作成します。それ以外の場合、この関数は CreateWindow 関数と同じです。 ウィンドウの作成の詳細と 、CreateWindowEx の他のパラメーターの詳細については、「 CreateWindow」を参照してください。

構文

HWND CreateWindowExW(
  [in]           DWORD     dwExStyle,
  [in, optional] LPCWSTR   lpClassName,
  [in, optional] LPCWSTR   lpWindowName,
  [in]           DWORD     dwStyle,
  [in]           int       X,
  [in]           int       Y,
  [in]           int       nWidth,
  [in]           int       nHeight,
  [in, optional] HWND      hWndParent,
  [in, optional] HMENU     hMenu,
  [in, optional] HINSTANCE hInstance,
  [in, optional] LPVOID    lpParam
);

パラメーター

[in] dwExStyle

型: DWORD

作成されるウィンドウの拡張ウィンドウ スタイル。 使用可能な値の一覧については、「 拡張ウィンドウ スタイル」を参照してください

[in, optional] lpClassName

型: LPCTSTR

RegisterClass または RegisterClassEx 関数の前の呼び出しによって作成された null 終端文字列またはクラス アトム。 このアトムは 、lpClassName の下位ワードに含まれている必要があります。上位ワードは 0 である必要があります。 lpClassName が文字列の場合は、ウィンドウ クラス名を指定します。 クラスを登録するモジュールがウィンドウを作成するモジュールでもある場合、クラス名は RegisterClass または RegisterClassEx に登録されている任意の名前にすることができます。 クラス名には、定義済みの システム クラス 名のいずれかを指定することもできます。

[in, optional] lpWindowName

型: LPCTSTR

ウィンドウの名前。 ウィンドウ スタイルでタイトル バーが指定されている場合、 lpWindowName が指すウィンドウ タイトルがタイトル バーに表示されます。 CreateWindow を使用してボタン、チェック ボックス、静的コントロールなどのコントロールを作成する場合は、lpWindowName を使用してコントロールのテキストを指定します。 SS_ICON スタイルで静的コントロールを作成する場合は、lpWindowName を使用してアイコン名または識別子を指定します。 識別子を指定するには、構文 "#num" を使用します。

[in] dwStyle

型: DWORD

作成するウィンドウのスタイル。 このパラメーターには、 ウィンドウ スタイルの値と、[解説] セクションに示されているコントロール スタイルの組み合わせを指定できます。

[in] X

型: int

ウィンドウの初期水平位置。 重なり合うウィンドウまたはポップアップ ウィンドウの場合、 x パラメーターは画面座標で、ウィンドウの左上隅の最初の x 座標です。 子ウィンドウの場合、 x は、親ウィンドウのクライアント領域の左上隅を基準としたウィンドウの左上隅の x 座標です。 xCW_USEDEFAULTに設定されている場合、システムはウィンドウの左上隅の既定の位置を選択し、y パラメーターを無視します。 CW_USEDEFAULT は、重複するウィンドウに対してのみ有効です。ポップアップ ウィンドウまたは子ウィンドウに指定されている場合、 x パラメーターと y パラメーターは 0 に設定されます。

[in] Y

型: int

ウィンドウの最初の垂直位置。 重なり合うウィンドウまたはポップアップ ウィンドウの場合、 y パラメーターはウィンドウの左上隅の最初の y 座標 (画面座標) です。 子ウィンドウの場合、 y は、親ウィンドウのクライアント領域の左上隅を基準とした子ウィンドウの左上隅の最初の y 座標です。 リスト ボックス y の場合は、親ウィンドウのクライアント領域の左上隅を基準とした、リスト ボックスのクライアント領域の左上隅の最初の y 座標です。

WS_VISIBLE スタイル ビット セットを使用して重複するウィンドウが作成され、x パラメーターがCW_USEDEFAULTに設定されている場合、y パラメーターによってウィンドウの表示方法が決まります。 y パラメーターがCW_USEDEFAULTされている場合、ウィンドウ マネージャーは、ウィンドウが作成された後、SW_SHOW フラグを使用して ShowWindow を呼び出します。 y パラメーターが他の値である場合、ウィンドウ マネージャーはその値を nCmdShow パラメーターとして ShowWindow を呼び出します。

[in] nWidth

型: int

ウィンドウの幅 (デバイス単位)。 重複するウィンドウの場合、 nWidth はウィンドウの幅、画面座標、 またはCW_USEDEFAULTです。 nWidthCW_USEDEFAULTの場合、システムはウィンドウの既定の幅と高さを選択します。既定の幅は、初期の x 座標から画面の右端まで広がります。既定の高さは、最初の y 座標からアイコン領域の上部まで拡張されます。 CW_USEDEFAULT は、重複するウィンドウに対してのみ有効です。ポップアップ ウィンドウまたは子ウィンドウ にCW_USEDEFAULT が指定されている場合、 nWidth および nHeight パラメーターは 0 に設定されます。

[in] nHeight

型: int

ウィンドウの高さ (デバイス単位)。 重複するウィンドウの場合、 nHeight はウィンドウの高さ (画面座標) です。 nWidth パラメーターが CW_USEDEFAULT に設定されている場合、システムは nHeight を無視します。

[in, optional] hWndParent

型: HWND

作成されるウィンドウの親ウィンドウまたは所有者ウィンドウへのハンドル。 子ウィンドウまたは所有ウィンドウを作成するには、有効なウィンドウ ハンドルを指定します。 このパラメーターは、ポップアップ ウィンドウでは省略可能です。

メッセージ専用ウィンドウを作成するには、既存のメッセージ専用ウィンドウにHWND_MESSAGEまたはハンドルを指定します。

[in, optional] hMenu

型: HMENU

ウィンドウ スタイルに応じて、メニューへのハンドル、または子ウィンドウ識別子を指定します。 重複するウィンドウまたはポップアップ ウィンドウの場合、 hMenu はウィンドウで使用するメニューを識別します。クラス メニューを使用する場合は NULL にすることができます。 子ウィンドウの場合、 hMenu は、イベントについて親に通知するためにダイアログ ボックス コントロールによって使用される整数値である子ウィンドウ識別子を指定します。 アプリケーションは、子ウィンドウ識別子を決定します。同じ親ウィンドウを持つすべての子ウィンドウで一意である必要があります。

[in, optional] hInstance

型: HINSTANCE

ウィンドウに関連付けるモジュールのインスタンスへのハンドル。

[in, optional] lpParam

型: LPVOID

WM_CREATE メッセージの lParam パラメーターによって指される CREATESTRUCT 構造体 (lpCreateParams メンバー) を介してウィンドウに渡される値へのポインター。 このメッセージは、返される前に、この関数によって作成されたウィンドウに送信されます。

アプリケーションが CreateWindow を 呼び出して MDI クライアント ウィンドウを作成する場合、 lpParamCLIENTCREATESTRUCT 構造体を指す必要があります。 MDI クライアント ウィンドウが CreateWindow を 呼び出して MDI 子ウィンドウを作成する場合、 lpParamMDICREATESTRUCT 構造体を指す必要があります。 追加のデータが必要ない場合、lpParamNULL になる可能性があります。

戻り値

型: HWND

関数が成功した場合、戻り値は新しいウィンドウへのハンドルです。

関数が失敗した場合、戻り値は NULL です。 詳細なエラー情報を得るには、GetLastError を呼び出します。

この関数は、通常、次のいずれかの理由で失敗します。

  • 無効なパラメーター値
  • システム クラスが別のモジュールによって登録された
  • WH_CBT フックがインストールされ、エラー コードが返されます
  • ダイアログ テンプレートのいずれかのコントロールが登録されていない場合、またはウィンドウ ウィンドウ プロシージャがWM_CREATEまたはWM_NCCREATEに失敗した場合

注釈

CreateWindowEx 関数は、WM_NCCREATEWM_NCCALCSIZEおよびWM_CREATEメッセージを作成中のウィンドウに送信します。

作成されたウィンドウが子ウィンドウの場合、既定の位置は Z オーダーの下部にあります。 作成されたウィンドウが最上位のウィンドウの場合、既定の位置は Z オーダーの上部にあります (ただし、作成されたウィンドウ自体が最上位でない限り、最上位のすべてのウィンドウの下)。

タスク バーに作成されたウィンドウのボタンが表示されるかどうかを制御する方法については、「 タスク バー ボタンの管理」を参照してください。

ウィンドウを削除する方法については、 DestroyWindow 関数を参照してください。

lpClassName パラメーターには、次の定義済みのコントロール クラスを指定できます。 dwStyle パラメーターで使用できる対応するコントロール スタイルに注意してください。

クラス 意味
ボタン ユーザーがクリックしてオンまたはオフにできるボタンを表す小さな四角形の子ウィンドウを指定します。 ボタン コントロールは単独でもグループでも使用でき、ラベル付けすることも、テキストなしで表示することもできます。 ボタン コントロールは、通常、ユーザーがクリックしたときに外観を変更します。 詳細については、「ボタン」 参照してください。

dwStyle パラメーターで指定できるボタン スタイルの表については、「ボタン スタイル」を参照してください。

Combobox リスト ボックスと編集コントロールと同様の選択フィールドで構成されるコントロールを指定します。 このスタイルを使用する場合、アプリケーションは常にリスト ボックスを表示するか、ドロップダウン リスト ボックスを有効にする必要があります。 リスト ボックスが表示されている場合は、選択フィールドに文字を入力すると、入力された文字と一致する最初のリスト ボックスエントリが強調表示されます。 逆に、リスト ボックスで項目を選択すると、選択フィールドに選択したテキストが表示されます。 詳細については、「 コンボ ボックス」を参照してください。

dwStyle パラメーターで指定できるコンボ ボックス スタイルの表については、「コンボ ボックス スタイル」を参照してください。

編集 ユーザーがキーボードからテキストを入力できる四角形の子ウィンドウを指定します。 ユーザーは、コントロールをクリックするか Tab キーを押して移動することで、コントロールを選択し、キーボードフォーカスを与えます。 ユーザーは、編集コントロールに点滅するキャレットが表示されたときにテキストを入力できます。マウスを使用してカーソルを移動したり、置き換える文字を選択したり、カーソルを配置して文字を挿入したりします。または、キーを使用して文字を削除します。 詳細については、「コントロールの 編集」を参照してください。

dwStyle パラメーターで指定できるコントロール スタイルの編集の表については、「コントロール スタイルの編集」を参照してください。

Listbox 文字列の一覧を指定します。 ユーザーが選択できるファイル名などの名前の一覧をアプリケーションが表示する必要がある場合は常に、このコントロールを指定します。 ユーザーは、文字列をクリックして選択できます。 選択した文字列が強調表示され、通知メッセージが親ウィンドウに渡されます。 詳細については、「 リスト ボックス」を参照してください。

dwStyle パラメーターで指定できるリスト ボックス スタイルの表については、「リスト ボックス スタイル」を参照してください。

Mdiclient MDI クライアント ウィンドウを指定します。 このウィンドウは、MDI アプリケーションの子ウィンドウを制御するメッセージを受信します。 推奨されるスタイル ビットは 、WS_CLIPCHILDRENWS_CHILDです。 MDI 子ウィンドウを表示にスクロールできるようにする MDI クライアント ウィンドウを作成するには、WS_HSCROLLとWS_VSCROLLのスタイルを指定します。 詳細については、「 複数のドキュメント インターフェイス」を参照してください。
RichEdit Microsoft Rich Edit 1.0 コントロールを指定します。 このウィンドウを使用すると、ユーザーは文字と段落の書式を使用してテキストを表示および編集でき、埋め込みコンポーネント オブジェクト モデル (COM) オブジェクトを含めることができます。 詳細については、「 リッチ エディット コントロール」を参照してください。

dwStyle パラメーターで指定できるリッチ エディット コントロール スタイルの表については、「リッチ エディット コントロール スタイル」を参照してください。

RICHEDIT_CLASS Microsoft Rich Edit 2.0 コントロールを指定します。 このコントロールを使用すると、ユーザーは文字と段落の書式を使用してテキストを表示および編集でき、埋め込み COM オブジェクトを含めることができます。 詳細については、「 リッチ エディット コントロール」を参照してください。

dwStyle パラメーターで指定できるリッチ エディット コントロール スタイルの表については、「リッチ エディット コントロール スタイル」を参照してください。

SCROLLBAR スクロール ボックスを含み、両端に方向矢印がある四角形を指定します。 スクロール バーは、ユーザーがコントロールをクリックするたびに、親ウィンドウに通知メッセージを送信します。 必要に応じて、親ウィンドウでスクロール ボックスの位置を更新します。 詳細については、「 スクロール バー」を参照してください。

dwStyle パラメーターで指定できるスクロール バー コントロール スタイルの表については、「スクロール バー コントロール のスタイル」を参照してください。

静的 他のコントロールのラベル付け、ボックスの設定、または分離に使用する単純なテキスト フィールド、ボックス、または四角形を指定します。 静的コントロールは入力を受け取らないし、出力を提供しません。 詳細については、「 静的コントロール」を参照してください。

dwStyle パラメーターで指定できる静的コントロール スタイルの表については、「静的コントロール スタイル」を参照してください。

 

dwExStyleWS_EX_NOACTIVATE値は、システムによるフォアグラウンドアクティブ化を防止します。 ユーザーがウィンドウをクリックしたときにキューのアクティブ化を防ぐには、 WM_MOUSEACTIVATE メッセージを適切に処理する必要があります。 ウィンドウをフォアグラウンドに移動したり、プログラムでアクティブ化したりするには、 SetForegroundWindow または SetActiveWindow を使用します。 WM_NCACTIVATEFALSE を返した場合、ウィンドウでキューのアクティブ化が失われるのを防ぐことができます。 ただし、戻り値はアクティブ化時に無視されます。

WS_EX_COMPOSITEDが設定されている場合、ウィンドウのすべての子孫は、ダブルバッファリングを使用して下から上への描画順序を取得します。 下から上への描画順序を使用すると、降順ウィンドウに半透明 (アルファ) 効果と透明度 (カラー キー) 効果を適用できますが、降順ウィンドウにも WS_EX_TRANSPARENT ビットが設定されている場合にのみ使用できます。 ダブルバッファリングを使用すると、ウィンドウとその子孫をちらつきなく塗りつぶすことができます。

次のサンプル コードは、 CreateWindowExA の使用を示しています。

BOOL Create(
        PCWSTR lpWindowName,
        DWORD dwStyle,
        DWORD dwExStyle = 0,
        int x = CW_USEDEFAULT,
        int y = CW_USEDEFAULT,
        int nWidth = CW_USEDEFAULT,
        int nHeight = CW_USEDEFAULT,
        HWND hWndParent = 0,
        HMENU hMenu = 0
        )
    {
        WNDCLASS wc = {0};

        wc.lpfnWndProc   = DERIVED_TYPE::WindowProc;
        wc.hInstance     = GetModuleHandle(NULL);
        wc.lpszClassName = ClassName();

        RegisterClass(&wc);

        m_hwnd = CreateWindowEx(
            dwExStyle, ClassName(), lpWindowName, dwStyle, x, y,
            nWidth, nHeight, hWndParent, hMenu, GetModuleHandle(NULL), this
            );

        return (m_hwnd ? TRUE : FALSE);
    }

注意

winuser.h ヘッダーは、CreateWindowEx をエイリアスとして定義し、UNICODE プリプロセッサ定数の定義に基づいて、この関数の ANSI または Unicode バージョンを自動的に選択します。 エンコードに依存しないエイリアスをエンコードニュートラルでないコードと組み合わせて使用すると、コンパイルまたはランタイム エラーが発生する不一致が発生する可能性があります。 詳細については、「 関数プロトタイプの規則」を参照してください。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー winuser.h (Windows.h を含む)
Library User32.lib
[DLL] User32.dll
API セット ext-ms-win-ntuser-window-l1-1-0 (Windows 8で導入)

こちらもご覧ください

複数のドキュメント インターフェイスについて

CLIENTCREATESTRUCT

CREATESTRUCT

概念

CreateWindow

DestroyWindow

EnableWindow

その他のリソース

リファレンス

RegisterClass

RegisterClassEx

SetActiveWindow

SetForegroundWindow

SetWindowLong

Setwindowpos

Showwindow

Wm_create

WM_NCCALCSIZE

WM_NCCREATE

Wm_paint

WM_PARENTNOTIFY

Windows