SetCaretBlinkTime 関数 (winuser.h)

キャレットの点滅時間を指定したミリ秒に設定します。 点滅時間は、キャレットのピクセルを反転するために必要な経過時間 (ミリ秒単位) です。

構文

BOOL SetCaretBlinkTime(
  [in] UINT uMSeconds
);

パラメーター

[in] uMSeconds

型: UINT

新しい点滅時間 (ミリ秒単位)。

戻り値

型: BOOL

関数が成功すると、戻り値は 0 以外になります。

関数が失敗した場合は、0 を返します。 詳細なエラー情報を得るには、GetLastError を呼び出します。

解説

ユーザーは、コントロール パネルを使用して点滅時間を設定できます。 アプリケーションは、ユーザーが選択した設定を尊重する必要があります。 SetCaretBlinkTime 関数は、ユーザーが点滅時間 (コントロール パネル アプレットなど) を設定できるようにするアプリケーションでのみ使用する必要があります。

点滅時間を変更すると、キーボードフォーカスを失ったり、非アクティブになったりしたときに以前の点滅時間を復元した場合でも、その後アクティブ化されたアプリケーションは変更された点滅時間を使用します。 これは、アプリケーションの非アクティブ化が別のアプリケーションのアクティブ化と同期されないマルチスレッド環境が原因です。 この機能により、現在のアプリケーションが応答していない場合でも、システムは別のアプリケーションをアクティブ化できます。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー winuser.h (Windows.h を含む)
Library User32.lib
[DLL] User32.dll
API セット ext-ms-win-ntuser-caret-l1-1-0 (Windows 8で導入)

こちらもご覧ください

キャレット

概念

GetCaretBlinkTime

参照