SystemParametersInfoA 関数 (winuser.h)

システム全体のパラメーターの 1 つの値を取得または設定します。 この関数は、パラメーターの設定中にユーザー プロファイルを更新することもできます。

構文

BOOL SystemParametersInfoA(
  [in]      UINT  uiAction,
  [in]      UINT  uiParam,
  [in, out] PVOID pvParam,
  [in]      UINT  fWinIni
);

パラメーター

[in] uiAction

型: UINT

取得または設定するシステム全体のパラメーター。 使用可能な値は、関連するパラメーターの次の表に整理されています。

  • アクセシビリティ パラメーター
  • デスクトップ パラメーター
  • アイコン パラメーター
  • 入力パラメーター
  • メニュー パラメーター
  • 電源パラメーター
  • スクリーン セーバーのパラメーター
  • タイムアウト パラメーター
  • UI 効果パラメーター
  • ウィンドウ パラメーター

アクセシビリティ パラメーターを次に示します。

アクセシビリティ パラメーター 意味
SPI_GETACCESSTIMEOUT
0x003C
アクセシビリティ機能に関連付けられているタイムアウト期間に関する情報を取得します。 pvParam パラメーターは、情報を受け取る ACCESSTIMEOUT 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに設定します sizeof(ACCESSTIMEOUT)
SPI_GETAUDIODESCRIPTION
0x0074
オーディオの説明を有効にするか無効にするかを決定します。 pvParam パラメーターは、AUDIODESCRIPTION 構造体へのポインターです。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに設定します sizeof(AUDIODESCRIPTION)

視覚障碍のあるユーザーはビデオ コンテンツのオーディオを聞く可能性がありますが、ビデオには対応するオーディオを持たない多くのアクションがあります。 ビデオで何が起こっているかについての具体的なオーディオ説明は、これらのユーザーがコンテンツをよりよく理解するのに役立ちます。 このフラグを使用すると、オーディオの説明が有効になっているかどうかと、どの言語で有効になっているかを判断できます。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETCLIENTAREAANIMATION
0x1042
アニメーションを有効にするか無効にするかを指定します。 pvParam パラメーターは、アニメーションが有効な場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。

コンテンツの点滅、点滅、ちらつき、移動などの表示機能は、写真に敏感なてんかんを持つユーザーの発作を引き起こす可能性があります。 このフラグを使用すると、このようなアニメーションがクライアント領域で無効になっているかどうかを判断できます。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETDISABLEOVERLAPPEDCONTENT
0x1040
重複するコンテンツを有効にするか無効にするかを決定します。 pvParam パラメーターは、有効な場合は TRUE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。それ以外の場合は FALSE を指定する必要があります。

背景画像、テクスチャ背景、ドキュメント上のウォーター マーク、アルファ ブレンド、透明度などの機能を表示すると、前景と背景のコントラストが低下し、視覚の弱いユーザーが画面にオブジェクトを表示しにくくなります。 このフラグを使用すると、このような重複するコンテンツが無効になっているかどうかを判断できます。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETFILTERKEYS
0x0032
FilterKeys アクセシビリティ機能に関する情報を取得します。 pvParam パラメーターは、情報を受け取る FILTERKEYS 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに設定します sizeof(FILTERKEYS)
SPI_GETFOCUSBORDERHEIGHT
0x2010
DrawFocusRect で描画されたフォーカス四角形の上端と下端の高さをピクセル単位で取得します。 pvParam パラメーターは UINT 値を指す必要があります。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETFOCUSBORDERWIDTH
0x200E
DrawFocusRect で描画されたフォーカス四角形の左端と右端の幅をピクセル単位で取得します。 pvParam パラメーターは UINT を指す必要があります。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETHIGHCONTRAST
0x0042
HighContrast アクセシビリティ機能に関する情報を取得します。 pvParam パラメーターは、情報を受け取る HIGHCONTRAST 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに設定します sizeof(HIGHCONTRAST)

一般的な説明については、「解説」を参照してください。

SPI_GETLOGICALDPIOVERRIDE
0x009E
Windows 8がハードウェアの既定のスケーリング プラトーを使用してアプリを表示するか、次の上位のプラトーに移動するかを決定する値を取得します。 この値は、PC の設定の [簡単操作] セクションにある現在の [画面のすべてを大きくする] 設定に基づいています。1 はオン、0 はオフです。

アプリは、100%、140%、180% のスケーリングプラトーごとにテキストと画像のリソースを提供できます。 特定のスケール用に最適化された個別のリソースを提供することで、サイズ変更による歪みを回避できます。 Windows 8は、画面サイズやピクセル密度など、さまざまな要因に基づいて適切なスケーリング プラトーを決定します。 [画面のすべてのサイズを大きくする] が選択されている場合 (SPI_GETLOGICALDPIOVERRIDEは値 1 が返されます)、Windows では次の高いプラトーのリソースが使用されます。 たとえば、Windows がスケールの SCALE_100_PERCENTを使用する必要があると判断したハードウェアの場合、このオーバーライドにより、Windows は他の制約に違反していないと仮定して、 SCALE_140_PERCENT スケール値を使用します。

メモ この値は使用しないでください。 それ以降のバージョンの Windows では、変更または使用できない可能性があります。 代わりに、 GetScaleFactorForDevice 関数または DisplayProperties クラスを使用して、優先するスケール ファクターを取得します。 デスクトップ アプリケーションでは、スケール ファクターではなく、デスクトップ論理 DPI を使用する必要があります。 デスクトップ論理 DPI は 、GetDeviceCaps 関数を使用して取得できます。
 
SPI_GETMESSAGEDURATION
0x2016
通知ポップアップを表示する時間を秒単位で取得します。 pvParam パラメーターは、メッセージ期間を受信する ULONG を指す必要があります。

視覚障碍を持つユーザーや、区下症などの認知状態を持つユーザーは、通知メッセージ内のテキストを読み取るために、より長い時間が必要になる場合があります。 このフラグを使用すると、メッセージの期間を取得できます。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETMOUSECLICKLOCK
0x101E
マウス クリック ロック機能の状態を取得します。 pvParam パラメーターは、有効な場合は TRUE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。それ以外の場合は FALSE を指定する必要があります。 詳細については、「 マウス入力の概要」を参照してください。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETMOUSECLICKLOCKTIME
0x2008
プライマリ マウス ボタンがロックされるまでの時間の遅延を取得します。 pvParam パラメーターは、時間の遅延を受け取る DWORD をミリ秒単位でポイントする必要があります。 これは、 SPI_SETMOUSECLICKLOCK が TRUE に設定されている場合にのみ有効 になります。 詳細については、「 マウス入力の概要」を参照してください。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETMOUSEKEYS
0x0036
MouseKeys アクセシビリティ機能に関する情報を取得します。 pvParam パラメーターは、情報を受け取る MOUSEKEYS 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに sizeof(MOUSEKEYS)設定します。
SPI_GETMOUSESONAR
0x101C
マウス ソナー機能の状態を取得します。 pvParam パラメーターは、TRUE を受け取る BOOL 変数をポイントする必要があります (有効な場合は FALSE、それ以外の場合は FALSE)。 詳細については、「 マウス入力の概要」を参照してください。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETMOUSEVANISH
0x1020
マウスの消失機能の状態を取得します。 pvParam パラメーターは、TRUE を受け取る BOOL 変数をポイントする必要があります (有効な場合は FALSE、それ以外の場合は FALSE)。 詳細については、「 マウス入力の概要」を参照してください。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETSCREENREADER
0x0046
画面校閲者ユーティリティが実行されているかどうかを判断します。 スクリーン レビューア ユーティリティは、音声シンセサイザーや点字ディスプレイなどの出力デバイスにテキスト情報を送信します。 このフラグを設定すると、アプリケーションは、それ以外の場合は情報をグラフィカルに表示する状況でテキスト情報を提供する必要があります。

pvParam パラメーターは、画面レビュー ユーティリティが実行されている場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数へのポインターです。

メモ Windows に含まれるスクリーン リーダーであるナレーターは、 SPI_SETSCREENREADER または SPI_GETSCREENREADER フラグを設定しません。
 
SPI_GETSERIALKEYS
0x003E
このパラメーターはサポートされていません。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: ユーザーは、コントロール パネルを使用してこの設定を制御する必要があります。

SPI_GETSHOWSOUNDS
0x0038
[サウンドの表示] アクセシビリティ フラグをオンまたはオフにするかどうかを指定します。 オンの場合、ユーザーは、アプリケーションが情報を視覚的に表示するように要求します。それ以外の場合は、音声形式でのみ情報を提示します。 pvParam パラメーターは、機能がオンの場合は TRUE、オフの場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。

この値を使用することは、SM_SHOWSOUNDSGetSystemMetrics を呼び出すのと同じです。 これが推奨される呼び出しです。

SPI_GETSOUNDSENTRY
0x0040
SoundSentry アクセシビリティ機能に関する情報を取得します。 pvParam パラメーターは、情報を受け取る SOUNDSENTRY 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに sizeof(SOUNDSENTRY)設定します。
SPI_GETSTICKYKEYS
0x003A
StickyKeys アクセシビリティ機能に関する情報を取得します。 pvParam パラメーターは、情報を受け取る STICKYKEYS 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに sizeof(STICKYKEYS)設定します。
SPI_GETTOGGLEKEYS
0x0034
ToggleKeys アクセシビリティ機能に関する情報を取得します。 pvParam パラメーターは、情報を受け取る TOGGLEKEYS 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに sizeof(TOGGLEKEYS)設定します。
SPI_SETACCESSTIMEOUT
0x003D
アクセシビリティ機能に関連付けられているタイムアウト期間を設定します。 pvParam パラメーターは、新しいパラメーターを含む ACCESSTIMEOUT 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに sizeof(ACCESSTIMEOUT)設定します。
SPI_SETAUDIODESCRIPTION
0x0075
オーディオの説明機能のオンとオフを切り替えます。 pvParam パラメーターは、AUDIODESCRIPTION 構造体へのポインターです。

視覚障碍のあるユーザーは、ビデオ コンテンツ内のオーディオを読み上げることは可能ですが、ビデオには対応するオーディオがない多くのアクションがあります。 ビデオで何が起こっているのかを具体的に説明すると、これらのユーザーはコンテンツをよりよく理解するのに役立ちます。 このフラグを使用すると、提供されている言語でオーディオの説明を有効または無効にすることができます。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETCLIENTAREAANIMATION
0x1043
クライアント領域のアニメーションのオンとオフを切り替えます。 pvParam パラメーターは BOOL 変数です。 クライアント領域でアニメーションやその他の一時的な効果を有効にするには pvParamTRUE に設定し、 無効にするには FALSE を 設定します。

コンテンツの点滅、点滅、ちらつき、移動などの機能を表示すると、写真に敏感なてんかんを持つユーザーに発作を引き起こす可能性があります。 このフラグを使用すると、このようなすべてのアニメーションを有効または無効にすることができます。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETDISABLEOVERLAPPEDCONTENT
0x1041
重複するコンテンツ (背景画像や透かしなど) をオンまたはオフにします。 pvParam パラメーターは BOOL 変数です。 重複するコンテンツを無効にするには pvParamTRUE に設定し、重複するコンテンツを有効にするには FALSE を 設定します。

背景画像、テクスチャ背景、文書上の水マーク、アルファ ブレンド、透明度などの表示機能を使用すると、前景と背景のコントラストが低下し、視覚の弱いユーザーが画面にオブジェクトを表示しにくくなります。 このフラグを使用すると、このような重複するすべてのコンテンツを有効または無効にすることができます。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETFILTERKEYS
0x0033
FilterKeys アクセシビリティ機能のパラメーターを設定します。 pvParam パラメーターは、新しいパラメーターを含む FILTERKEYS 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに sizeof(FILTERKEYS)設定します。
SPI_SETFOCUSBORDERHEIGHT
0x2011
DrawFocusRect で描画されたフォーカス四角形の上端と下端の高さを pvParam パラメーターの値に設定します。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETFOCUSBORDERWIDTH
0x200F
DrawFocusRect で描画されたフォーカス四角形の左右の端の高さを pvParam パラメーターの値に設定します。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETHIGHCONTRAST
0x0043
HighContrast アクセシビリティ機能のパラメーターを設定します。 pvParam パラメーターは、新しいパラメーターを含む HIGHCONTRAST 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに設定します sizeof(HIGHCONTRAST)
SPI_SETLOGICALDPIOVERRIDE
0x009F
使用しないでください。
SPI_SETMESSAGEDURATION
0x2017
通知ポップアップを表示する時間を秒単位で設定します。 pvParam パラメーターは、メッセージの期間を指定します。

視覚障碍を持つユーザーや、区下症などの認知状態を持つユーザーは、通知メッセージ内のテキストを読み取るために、より長い時間が必要になる場合があります。 このフラグを使用すると、メッセージの期間を設定できます。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETMOUSECLICKLOCK
0x101F
マウス クリック ロックアクセシビリティ機能のオンとオフを切り替えます。 この機能は、そのボタンがクリックされたときにプライマリ マウス ボタンを一時的にロックダウンし、 SPI_SETMOUSECLICKLOCKTIMEで指定された時間押したままにします。 pvParam パラメーターは、on に TRUE を指定し、オフに対して FALSE を指定します。 既定ではオフです。 詳細については、「解説」および「 AboutMouse Input」を参照してください。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETMOUSECLICKLOCKTIME
0x2009
プライマリ マウス ボタンがロックされるまでの時間の遅延を調整します。 uiParam パラメーターは 0 に設定する必要があります。 pvParam パラメーターは、時間遅延をミリ秒単位で指定する DWORD を指します。 たとえば、1 秒の遅延には 1000 を指定します。 既定値は 1200 です。 詳細については、「 マウス入力の概要」を参照してください。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETMOUSEKEYS
0x0037
MouseKeys アクセシビリティ機能のパラメーターを設定します。 pvParam パラメーターは、新しいパラメーターを含む MOUSEKEYS 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに設定します sizeof(MOUSEKEYS)
SPI_SETMOUSESONAR
0x101D
Sonar アクセシビリティ機能のオンとオフを切り替えます。 この機能では、ユーザーが Ctrl キーを押して離すと、マウス ポインターの周りにいくつかの同心円が簡単に表示されます。 pvParam パラメーターは、on の場合は TRUE、オフの場合は FALSE を指定します。 既定ではオフです。 詳細については、「 マウス入力の概要」を参照してください。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETMOUSEVANISH
0x1021
バニッシュ機能のオンとオフを切り替えます。 この機能は、ユーザーが入力したときにマウス ポインターを非表示にします。ユーザーがマウスを移動すると、ポインターが再び表示されます。 pvParam パラメーターは、on の場合は TRUE、オフの場合は FALSE を指定します。 既定ではオフです。 詳細については、「 マウス入力の概要」を参照してください。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETSCREENREADER
0x0047
画面レビュー ユーティリティが実行されているかどうかを判断します。 uiParam パラメーターは、on に TRUE を指定し、オフに対して FALSE を指定します。
メモ Windows に含まれているスクリーン リーダーであるナレーターは、 SPI_SETSCREENREADER または SPI_GETSCREENREADER フラグを設定しません。
 
SPI_SETSERIALKEYS
0x003F
このパラメーターはサポートされていません。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: ユーザーは、コントロール パネルを使用してこの設定を制御する必要があります。

SPI_SETSHOWSOUNDS
0x0039
ShowSounds アクセシビリティ機能のオンとオフを切り替えます。 uiParam パラメーターは、on に TRUE を指定し、オフに対して FALSE を指定します。
SPI_SETSOUNDSENTRY
0x0041
SoundSentry アクセシビリティ機能のパラメーターを設定します。 pvParam パラメーターは、新しいパラメーターを含む SOUNDSENTRY 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに設定します sizeof(SOUNDSENTRY)
SPI_SETSTICKYKEYS
0x003B
StickyKeys アクセシビリティ機能のパラメーターを設定します。 pvParam パラメーターは、新しいパラメーターを含む STICKYKEYS 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに設定します sizeof(STICKYKEYS)
SPI_SETTOGGLEKEYS
0x0035
ToggleKeys アクセシビリティ機能のパラメーターを設定します。 pvParam パラメーターは、新しいパラメーターを含む TOGGLEKEYS 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに設定します sizeof(TOGGLEKEYS)
 

デスクトップ パラメーターを次に示します。

デスクトップ パラメーター 意味
SPI_GETCLEARTYPE
0x1048
ClearType が有効かどうかを判断します。 pvParam パラメーターは、ClearType が有効な場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。

ClearType は、液晶ディスプレイ (LCD) モニター上のテキストの読みやすさを向上させるソフトウェア テクノロジです。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETDESKWALLPAPER
0x0073
デスクトップの壁紙のビットマップ ファイルの完全なパスを取得します。 pvParam パラメーターは、null で終わるパス文字列を受け取るためにバッファーを指す必要があります。 uiParam パラメーターを pvParam バッファーのサイズ (文字数) に設定します。 返される文字列は 、MAX_PATH 文字を超えなくなります。 デスクトップの壁紙がない場合、返される文字列は空です。
SPI_GETDROPSHADOW
0x1024
ドロップ シャドウ効果を有効にするかどうかを決定します。 pvParam パラメーターは、有効な場合は TRUE、無効の場合は FALSE を返す BOOL 変数を指す必要があります。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETFLATMENU
0x1022
ネイティブ ユーザー メニューにフラット メニューの外観を設定するかどうかを指定します。 pvParam パラメーターは、フラット メニューの外観が設定されている場合は TRUE を、それ以外の場合は FALSE を返す BOOL 変数を指す必要があります。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETFONTSMOOTHING
0x004A
フォント のスムージング機能を有効にするかどうかを指定します。 この機能では、フォントアンチエイリアシングを使用して、異なる灰色のレベルでピクセルを描画することで、フォントカーブをより滑らかに表示します。

pvParam パラメーターは、機能が有効な場合は TRUE、有効でない場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。

SPI_GETFONTSMOOTHINGCONTRAST
0x200C
ClearType スムージングで使用されるコントラスト値を取得します。 pvParam パラメーターは、情報を受け取る UINT を指す必要があります。 有効なコントラスト値は 1000 ~ 2200 です。 既定値は 1400 です。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETFONTSMOOTHINGORIENTATION
0x2012
フォントのスムージングの向きを取得します。 pvParam パラメーターは、情報を受け取る UINT を指す必要があります。 指定できる値は 、FE_FONTSMOOTHINGORIENTATIONBGR (青-緑-赤) と FE_FONTSMOOTHINGORIENTATIONRGB (赤-緑-青) です。

Windows XP/2000: このパラメーターは、WINDOWS XP と SP2 を使用するまでサポートされません。

SPI_GETFONTSMOOTHINGTYPE
0x200A
フォント のスムージングの種類を取得します。 pvParam パラメーターは、情報を受け取る UINT を指す必要があります。 使用可能な値は 、FE_FONTSMOOTHINGSTANDARDFE_FONTSMOOTHINGCLEARTYPEです。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETWORKAREA
0x0030
プライマリ ディスプレイ モニターの作業領域のサイズを取得します。 作業領域は、システム タスク バーやアプリケーション デスクトップ ツール バーによって隠されない画面の部分です。 pvParam パラメーターは、物理ピクセル サイズで表される作業領域の座標を受け取る RECT 構造体を指す必要があります。 呼び出し元の DPI 仮想化モードは、この出力には影響しません。

プライマリ ディスプレイ モニター以外のモニターの作業領域を取得するには、 GetMonitorInfo 関数を呼び出します。

SPI_SETCLEARTYPE
0x1049
ClearType のオンとオフを切り替えます。 pvParam パラメーターは BOOL 変数です。 ClearType を有効にするには pvParamTRUE に設定し、無効にするには FALSE を 設定します。

ClearType は、LCD モニター上のテキストの読みやすさを向上させるソフトウェア テクノロジです。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETCURSORS
0x0057
システム カーソルを再読み込みします。 uiParam パラメーターを 0 に、pvParam パラメーターを NULL に設定します。
SPI_SETDESKPATTERN
0x0015
Windows で WIN.INI ファイルから Pattern= 設定を読み取ることによって、現在のデスクトップ パターンを設定します。
SPI_SETDESKWALLPAPER
0x0014
メモSPI_SETDESKWALLPAPER フラグを使用すると、エラー (指定したファイルが存在しない場合など) がない限り、SystemParametersInfoTRUE を返します。
 
SPI_SETDROPSHADOW
0x1025
ドロップ シャドウ効果を有効または無効にします。 ドロップ シャドウ効果を有効にするには pvParamTRUE に設定し、 無効にするには FALSE を設定します。 また、ウィンドウ クラス スタイルに CS_DROPSHADOW が必要です。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETFLATMENU
0x1023
ネイティブ ユーザー メニューのフラット メニューの外観を有効または無効にします。 pvParamTRUE に設定してフラット メニューの外観を有効にするか、FALSE を設定して無効にします。

有効にすると、メニュー バーでは、メニュー バーの背景に COLOR_MENUBAR 、メニュー ポップアップの背景 にCOLOR_MENU 、現在のメニュー選択の塗りつぶしに COLOR_MENUHILIGHT 、現在のメニュー選択のアウトラインに COLOR_HILIGHT が使用されます。 無効にした場合、メニューは Windows 2000 と同じメトリックと色を使用して描画されます。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETFONTSMOOTHING
0x014c
フォント のスムージング機能を有効または無効にします。この機能では、フォント アンチエイリアシングを使用して、異なる灰色のレベルでピクセルを描画することで、フォントカーブをより滑らかに表示します。

この機能を有効にするには、 uiParam パラメーターを TRUE に設定 します。 この機能を無効にするには、 uiParam を FALSE に設定 します

SPI_SETFONTSMOOTHINGCONTRAST
0x200D
ClearType スムージングで使用されるコントラスト値を設定します。 pvParam パラメーターはコントラスト値です。 有効なコントラスト値は 1000 ~ 2200 です。 既定値は 1400 です。

SPI_SETFONTSMOOTHINGTYPEFE_FONTSMOOTHINGCLEARTYPEに設定する必要があります。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETFONTSMOOTHINGORIENTATION
0x2013
フォントのスムージングの向きを設定します。 pvParam パラメーターは、FE_FONTSMOOTHINGORIENTATIONBGR (青-緑-赤) またはFE_FONTSMOOTHINGORIENTATIONRGB (赤-緑-青) のいずれかです。

Windows XP/2000: このパラメーターは、WINDOWS XP と SP2 を使用するまでサポートされません。

SPI_SETFONTSMOOTHINGTYPE
0x200B
フォントのスムージングの種類を設定します。 pvParam パラメーターは、標準のアンチエイリアシングが使用されている場合はFE_FONTSMOOTHINGSTANDARDClearType を使用する場合はFE_FONTSMOOTHINGCLEARTYPE。 既定値は FE_FONTSMOOTHINGSTANDARD です。

SPI_SETFONTSMOOTHING も設定する必要があります。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETWORKAREA
0x002F
作業領域のサイズを設定します。 作業領域は、システム タスク バーやアプリケーション デスクトップ ツール バーによって隠されない画面の部分です。 pvParam パラメーターは、仮想画面座標で表される新しい作業領域の四角形を指定する RECT 構造体へのポインターです。 複数のディスプレイモニターを備えたシステムでは、指定した四角形を含むモニターの作業領域を設定します。
 

アイコン パラメーターを次に示します。

Icon パラメーター 意味
SPI_GETICONMETRICS
0x002D
アイコンに関連付けられているメトリックを取得します。 pvParam パラメーターは、情報を受け取る ICONMETRICS 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに sizeof(ICONMETRICS)設定します。
SPI_GETICONTITLELOGFONT
0x001F
現在のアイコン タイトル フォントの論理フォント情報を取得します。 uiParam パラメーターは LOGFONT 構造体のサイズを指定します。pvParam パラメーターは、入力する LOGFONT 構造体を指す必要があります。
SPI_GETICONTITLEWRAP
0x0019
アイコン タイトルの折り返しが有効かどうかを決定します。 pvParam パラメーターは、有効な場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。
SPI_ICONHORIZONTALSPACING
0x000D
アイコン セルの幅 (ピクセル単位) を設定または取得します。 大きいアイコン表示では、この四角形を使用してアイコンを整列します。

この値を設定するには、 uiParam を 新しい値に設定し、 pvParam を NULL に設定 します。 この値を SM_CXICON 未満に設定することはできません。

この値を取得するには、 pvParam が 現在の値を受け取る整数を指す必要があります。

SPI_ICONVERTICALSPACING
0x0018
アイコン セルの高さをピクセル単位で設定または取得します。

この値を設定するには、 uiParam を 新しい値に設定し、 pvParam を NULL に設定 します。 この値を SM_CYICON 未満に設定することはできません。

この値を取得するには、 pvParam が 現在の値を受け取る整数を指す必要があります。

SPI_SETICONMETRICS
0x002E
アイコンに関連付けられているメトリックを設定します。 pvParam パラメーターは、新しいパラメーターを含む ICONMETRICS 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに sizeof(ICONMETRICS)設定します。
SPI_SETICONS
0x0058
システム アイコンを再読み込みします。 uiParam パラメーターを 0 に、pvParam パラメーターを NULL に設定します。
SPI_SETICONTITLELOGFONT
0x0022
アイコン タイトルに使用するフォントを設定します。 uiParam パラメーターは LOGFONT 構造体のサイズを指定し、pvParam パラメーターは LOGFONT 構造体を指す必要があります。
SPI_SETICONTITLEWRAP
0x001A
アイコン タイトルの折り返しをオンまたはオフにします。 uiParam パラメーターは、on の場合は TRUE、オフの場合は FALSE を指定します。
 

入力パラメーターを次に示します。 これには、キーボード、マウス、ペン、入力言語、警告ビーパーに関連するパラメーターが含まれます。

入力パラメーター 意味
SPI_GETBEEP
0x0001
警告ビーパーがオンになっているかどうかを判断します。

pvParam パラメーターは、ビーパーがオンの場合は TRUE、オフの場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。

SPI_GETBLOCKSENDINPUTRESETS
0x1026
SendInput 関数を呼び出してキーボードまたはマウス入力をシミュレートすることで、アプリケーションがスクリーン セーバーのタイマーをリセットできるかどうかを示す BOOL を取得します。 pvParam パラメーターは、シミュレートされた入力がブロックされる場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数指す必要があります。
SPI_GETCONTACTVISUALIZATION
0x2018
現在の連絡先の視覚化設定を取得します。 pvParam パラメーターは、設定を受け取る ULONG 変数を指す必要があります。 詳細については、「 連絡先の視覚化」を参照してください。
SPI_GETDEFAULTINPUTLANG
0x0059
システムの既定の入力言語の入力ロケール識別子を取得します。 pvParam パラメーターは、この値を受け取る HKL 変数を指す必要があります。 詳細については、「 言語、ロケール、およびキーボード レイアウト」を参照してください。
SPI_GETGESTUREVISUALIZATION
0x201A
現在のジェスチャの視覚化設定を取得します。 pvParam パラメーターは、設定を受け取る ULONG 変数を指す必要があります。 詳細については、「 ジェスチャの視覚化」を参照してください。
SPI_GETKEYBOARDCUES
0x100A
メニュー アクセス キーに常に下線が付いているかどうかを判断します。 pvParam パラメーターは、メニュー アクセス キーが常に下線が付いている場合は TRUE を受け取る BOOL 変数を指す必要があり、メニューがキーボードによってアクティブ化されている場合にのみ下線が引いている場合は FALSE を指定する必要があります。
SPI_GETKEYBOARDDELAY
0x0016
キーボードの繰り返し遅延設定を取得します。これは、0 (約 250 ミリ秒の遅延) から 3 (約 1 秒の遅延) までの範囲の値です。 各値に関連付けられている実際の遅延は、ハードウェアによって異なる場合があります。 pvParam パラメーターは、設定を受け取る整数変数を指す必要があります。
SPI_GETKEYBOARDPREF
0x0044
ユーザーがマウスの代わりにキーボードに依存しているかどうかを判断し、それ以外の場合は非表示にするキーボード インターフェイスをアプリケーションに表示する必要があります。 pvParam パラメーターは、ユーザーがキーボードに依存している場合に TRUE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。それ以外の場合は FALSE
SPI_GETKEYBOARDSPEED
0x000A
キーボードの繰り返し速度設定を取得します。これは、0 (1 秒あたり約 2.5 回の繰り返し) から 31 (1 秒あたり約 30 回の繰り返し) までの範囲の値です。 実際の繰り返し率はハードウェアに依存し、20% の線形スケールとは異なる場合があります。 pvParam パラメーターは、設定を受け取る DWORD 変数を指す必要があります。
SPI_GETMOUSE
0x0003
2 つのマウスしきい値とマウス アクセラレータを取得します。 pvParam パラメーターは、これらの値を受け取る 3 つの整数の配列を指す必要があります。 詳細については 、mouse_event を参照してください。
SPI_GETMOUSEHOVERHEIGHT
0x0064
TrackMouseEvent がWM_MOUSEHOVER メッセージを生成するためにマウス ポインターを維持する必要がある四角形の高さをピクセル単位取得します。 pvParam パラメーターは、高さを受け取る UINT 変数を指す必要があります。
SPI_GETMOUSEHOVERTIME
0x0066
TrackMouseEventがWM_MOUSEHOVER メッセージを生成するためにマウス ポインターがホバー四角形に留まる必要がある時間 (ミリ秒単位) を取得します。 pvParam パラメーターは、時刻を受け取る UINT 変数を指す必要があります。
SPI_GETMOUSEHOVERWIDTH
0x0062
TrackMouseEventがWM_MOUSEHOVER メッセージを生成するためにマウス ポインターを維持する必要がある四角形の幅 (ピクセル単位) を取得します。 pvParam パラメーターは、幅を受け取る UINT 変数を指す必要があります。
SPI_GETMOUSESPEED
0x0070
現在のマウス速度を取得します。 マウスの速度は、マウスが移動する距離に基づいてポインターが移動する距離を決定します。 pvParam パラメーターは、1 (最も低速) から 20 (最速) の範囲の値を受け取る整数を指す必要があります。 既定値は 10 です。 値は、マウス コントロール パネル アプリケーションを使用するエンド ユーザーまたは SPI_SETMOUSESPEEDを使用するアプリケーションによって設定できます。
SPI_GETMOUSETRAILS
0x005E
マウス トレイル機能を有効にするかどうかを決定します。 この機能は、カーソルの軌跡を簡単に表示し、すばやく消去することで、マウス カーソルの動きの可視性を向上させます。

pvParam パラメーターは、値を受け取る整数変数を指す必要があります。 値が 0 または 1 の場合、機能は無効になります。 値が 1 より大きい場合、機能は有効になり、値は証跡に描画されたカーソルの数を示します。 uiParam パラメーターは使用されません。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETMOUSEWHEELROUTING
0x201C
ホイール ボタン入力のルーティング設定を取得します。 ルーティング設定では、ホイール ボタンの入力がフォーカス (フォアグラウンド) またはマウス カーソルの下のアプリに送信されるかどうかを決定します。

pvParam パラメーターは、ルーティング オプションを受け取る DWORD 変数を指す必要があります。 値が 0 またはMOUSEWHEEL_ROUTING_FOCUSの場合、マウス ホイールの入力はフォーカスを持ってアプリに配信されます。 値が 1 または MOUSEWHEEL_ROUTING_HYBRID (既定値) の場合、マウス ホイールの入力はフォーカスのあるアプリ (デスクトップ アプリ) またはマウス カーソルの下のアプリ (Windows ストア アプリ) に配信されます。 uiParam パラメーターは使用されません。

SPI_GETPENVISUALIZATION
0x201E
現在のペン ジェスチャの視覚化設定を取得します。 pvParam パラメーターは、設定を受け取る ULONG 変数を指す必要があります。 詳細については、「 ペンの視覚化」を参照してください。
SPI_GETSNAPTODEFBUTTON
0x005F
既定にスナップするボタン機能が有効かどうかを決定します。 有効にすると、マウス カーソルはダイアログ ボックスの既定のボタン ( [OK] や [ 適用] など) に自動的に移動します。 pvParam パラメーターは、機能がオンの場合は TRUE、オフの場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。
SPI_GETSYSTEMLANGUAGEBAR
0x1050
Windows 8以降: システム言語バーが有効か無効かを決定します。 pvParam パラメーターは、言語バーが有効になっている場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数指す必要があります。
SPI_GETTHREADLOCALINPUTSETTINGS
0x104E
Windows 8以降: アクティブな入力設定にローカル (スレッドごと、TRUE) スコープかグローバル (セッション、FALSE) スコープかを指定します。 pvParam パラメーターは、BOOL 変数を指す必要があります。
SPI_GETWHEELSCROLLCHARS
0x006C
マウス の水平ホイールが移動したときにスクロールする文字数を取得します。 pvParam パラメーターは、行数を受け取る UINT 変数を指す必要があります。 既定値は、3 です。
SPI_GETWHEELSCROLLLINES
0x0068
垂直マウス ホイールを移動したときにスクロールする行数を取得します。 pvParam パラメーターは、行数を受け取る UINT 変数を指す必要があります。 既定値は、3 です。
SPI_SETBEEP
0x0002
警告ビーパーのオンとオフを切り替えます。 uiParam パラメーターは、on の場合は TRUE、オフの場合は FALSE を指定します。
SPI_SETBLOCKSENDINPUTRESETS
0x1027
キーボードまたはマウス入力をシミュレートするために SendInput 関数を呼び出して、アプリケーションがスクリーン セーバーのタイマーをリセットできるかどうかを決定します。 uiParam パラメーターは、シミュレートされた入力によってスクリーン セーバーが非アクティブ化されない場合は TRUE、シミュレートされた入力によってスクリーン セーバーが非アクティブ化される場合は FALSE を指定します。
SPI_SETCONTACTVISUALIZATION
0x2019
現在の連絡先の視覚化設定を設定します。 pvParam パラメーターは、設定を識別する ULONG 変数を指す必要があります。 詳細については、「 連絡先の視覚化」を参照してください。
メモ 連絡先の視覚エフェクトが無効になっている場合、ジェスチャの視覚化を有効にすることはできません。
 
SPI_SETDEFAULTINPUTLANG
0x005A
システム シェルとアプリケーションの既定の入力言語を設定します。 指定した言語は、現在のシステム文字セットを使用して表示できる必要があります。 pvParam パラメーターは、既定の言語の入力ロケール識別子を含む HKL 変数を指す必要があります。 詳細については、「 言語、ロケール、およびキーボード レイアウト」を参照してください。
SPI_SETDOUBLECLICKTIME
0x0020
マウスのダブルクリック時間を uiParam パラメーターの値に設定します。 uiParam 値が 5000 ミリ秒を超える場合、システムはダブルクリック時間を 5000 ミリ秒に設定します。

ダブルクリック時間は、ダブルクリックの 1 回目と 2 回目のクリックの間に発生する最大ミリ秒数です。 SetDoubleClickTime 関数を呼び出して、ダブルクリック時刻を設定することもできます。 現在のダブルクリック時間を取得するには、 GetDoubleClickTime 関数を呼び出します。

SPI_SETDOUBLECLKHEIGHT
0x001E
ダブルクリック四角形の高さを uiParam パラメーターの値に設定します。

ダブルクリック四角形は、ダブルクリックとして登録するためにダブルクリックの 2 回目のクリックが該当する四角形です。

ダブルクリック四角形の高さを取得するには、SM_CYDOUBLECLK フラグを指定して GetSystemMetrics を呼び出します。

SPI_SETDOUBLECLKWIDTH
0x001D
ダブルクリック四角形の幅を uiParam パラメーターの値に設定します。

ダブルクリック四角形は、ダブルクリックとして登録するためにダブルクリックの 2 回目のクリックが該当する四角形です。

ダブルクリック四角形の幅を取得するには、SM_CXDOUBLECLK フラグを指定して GetSystemMetrics を呼び出します。

SPI_SETGESTUREVISUALIZATION
0x201B
現在のジェスチャの視覚化設定を設定します。 pvParam パラメーターは、設定を識別する ULONG 変数を指す必要があります。 詳細については、「 ジェスチャの視覚化」を参照してください。
メモ 連絡先の視覚エフェクトが無効になっている場合、ジェスチャの視覚化を有効にすることはできません。
 
SPI_SETKEYBOARDCUES
0x100B
メニュー アクセス キー文字の下線を設定します。 pvParam パラメーターは BOOL 変数です。 メニュー アクセス キーを常に下線付きにするには pvParamを TRUE に、メニューがキーボードからアクティブになっている場合にのみメニュー アクセス キーに下線を付ける 場合は FALSE に設定します。
SPI_SETKEYBOARDDELAY
0x0017
キーボードの繰り返し遅延設定を設定します。 uiParam パラメーターは 0、1、2、または 3 を指定する必要があります。ゼロは最短遅延を約 250 ミリ秒に設定し、3 は最長遅延 (約 1 秒) を設定します。 各値に関連付けられている実際の遅延は、ハードウェアによって異なる場合があります。
SPI_SETKEYBOARDPREF
0x0045
キーボードの設定を設定します。 uiParam パラメーターは、ユーザーがマウスの代わりにキーボードに依存し、それ以外の場合は非表示になるキーボード インターフェイスをアプリケーションに表示する場合は TRUE を指定します。それ以外の場合、uiParamFALSE です
SPI_SETKEYBOARDSPEED
0x000B
キーボードの繰り返し速度の設定を設定します。 uiParam パラメーターは、0 (1 秒あたり約 2.5 回の繰り返し) から 31 (1 秒あたり約 30 回の繰り返し) までの範囲の値を指定する必要があります。 実際の繰り返し率はハードウェアに依存し、20% の線形スケールとは異なる場合があります。 uiParam が 31 より大きい場合、パラメーターは 31 に設定されます。
SPI_SETLANGTOGGLE
0x005B
入力言語を切り替えるためのホット キー セットを設定します。 uiParam パラメーターと pvParam パラメーターは使用されません。 この値は、レジストリをもう一度読み取ることで、キーボード プロパティ シートのショートカット キーを設定します。 このフラグを使用する前に、レジストリを設定する必要があります。 レジストリのパスが HKEY_CURRENT_USER\キーボード レイアウト\トグル

. 有効な値は、"1" = Alt + Shift、"2" = Ctrl + Shift、および "3" = none です。
SPI_SETMOUSE
0x0004
2 つのマウスしきい値とマウス アクセラレータを設定します。 pvParam パラメーターは、これらの値を指定する 3 つの整数の配列を指す必要があります。 詳細については 、mouse_event を参照してください。
SPI_SETMOUSEBUTTONSWAP
0x0021
左右のマウス ボタンの意味を入れ替えるか、または元に戻します。 uiParam パラメーターは、ボタンの意味を入れ替える場合は TRUE、元の意味を復元するには FALSE を指定します。

現在の設定を取得するには、SM_SWAPBUTTON フラグを指定して GetSystemMetrics を呼び出します。

SPI_SETMOUSEHOVERHEIGHT
0x0065
TrackMouseEvent がWM_MOUSEHOVER メッセージを生成するためにマウス ポインターを維持する必要がある四角形の高さをピクセル単位設定します。 uiParam パラメーターを新しい高さに設定します。
SPI_SETMOUSEHOVERTIME
0x0067
TrackMouseEventがWM_MOUSEHOVER メッセージを生成するためにマウス ポインターがホバー四角形に留まる必要がある時間 (ミリ秒単位) を設定します。 これは、TrackMouseEvent の呼び出しで dwHoverTime パラメーターにHOVER_DEFAULTを渡す場合にのみ使用されます。 uiParam パラメーターを新しい時刻に設定します。

指定する時間は 、USER_TIMER_MAXIMUMUSER_TIMER_MINIMUMの間である必要があります。 uiParamUSER_TIMER_MINIMUM未満の場合、関数はUSER_TIMER_MINIMUMを使用します。 uiParamUSER_TIMER_MAXIMUMより大きい場合、関数はUSER_TIMER_MAXIMUMされます。

Windows Server 2003 と Windows XP: オペレーティング システムでは、SP1 を使用した Windows Server 2003 と SP2 の Windows XP まで、 USER_TIMER_MAXIMUMUSER_TIMER_MINIMUM の使用は強制されません。

SPI_SETMOUSEHOVERWIDTH
0x0063
TrackMouseEventがWM_MOUSEHOVERメッセージを生成するためにマウス ポインターを維持する必要がある四角形の幅 (ピクセル単位) を設定します。 uiParam パラメーターを新しい幅に設定します。
SPI_SETMOUSESPEED
0x0071
現在のマウス速度を設定します。 pvParam パラメーターは、1 (最も低速) から 20 (最速) までの整数です。 既定値は 10 です。 通常、この値はマウス コントロール パネル アプリケーションを使用して設定されます。
SPI_SETMOUSETRAILS
0x005D
マウス トレイル機能を有効または無効にします。これにより、カーソルの軌跡を簡単に表示し、すばやく消去することで、マウス カーソルの動きの可視性が向上します。

この機能を無効にするには、 uiParam パラメーターを 0 または 1 に設定します。 この機能を有効にするには、 uiParam を 1 より大きい値に設定して、証跡に描画されたカーソルの数を示します。

Windows 2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETMOUSEWHEELROUTING
0x201D
ホイール ボタン入力のルーティング設定を設定します。 ルーティング設定では、ホイール ボタンの入力がフォーカス (フォアグラウンド) またはマウス カーソルの下のアプリに送信されるかどうかを決定します。

pvParam パラメーターは、ルーティング オプションを受け取る DWORD 変数を指す必要があります。 値が 0 またはMOUSEWHEEL_ROUTING_FOCUSの場合、マウス ホイールの入力はフォーカスを持ってアプリに配信されます。 値が 1 または MOUSEWHEEL_ROUTING_HYBRID (既定値) の場合、マウス ホイールの入力はフォーカスのあるアプリ (デスクトップ アプリ) またはマウス カーソルの下のアプリ (Windows ストア アプリ) に配信されます。 uiParam パラメーターを 0 に設定します。

SPI_SETPENVISUALIZATION
0x201F
現在のペン ジェスチャの視覚化設定を設定します。 pvParam パラメーターは、設定を識別する ULONG 変数を指す必要があります。 詳細については、「 ペンの視覚化」を参照してください。
SPI_SETSNAPTODEFBUTTON
0x0060
既定へのスナップ機能を有効または無効にします。 有効にすると、マウス カーソルはダイアログ ボックスの既定のボタン ( [OK] や [ 適用] など) に自動的に移動します。 機能を有効にするには uiParam パラメーターを TRUE に設定し、無効にするには FALSE を 設定します。 アプリケーションでは、ダイアログ ボックスを表示するときに ShowWindow 関数を使用して、ダイアログ マネージャーがマウス カーソルを配置できるようにする必要があります。
SPI_SETSYSTEMLANGUAGEBAR
0x1051
Windows 8以降: 従来の言語バー機能のオンとオフを切り替えます。 pvParam パラメーターは、BOOL 変数へのポインターです。 従来の言語バーを有効にするには pvParamTRUE に設定し、 無効にするには FALSE を 設定します。 このフラグは、従来の言語バーが Input Switcher に置き換えられ、既定でオフになっているWindows 8でサポートされています。 従来の言語バーをオンにすることは互換性上の理由から提供され、入力スイッチャーには影響しません。
SPI_SETTHREADLOCALINPUTSETTINGS
0x104F
Windows 8以降: アクティブな入力設定にローカル (スレッドごと、TRUE) スコープかグローバル (セッション、FALSE) スコープかを指定します。 pvParam パラメーターは、PVOID によってキャストされる BOOL 変数である必要があります。
SPI_SETWHEELSCROLLCHARS
0x006D
マウスの水平ホイールが移動したときにスクロールする文字数を設定します。 uiParam パラメーターから設定される文字数。
SPI_SETWHEELSCROLLLINES
0x0069
垂直マウス ホイールを移動したときにスクロールする行数を設定します。 行数は 、uiParam パラメーターから設定されます。

線の数は、モディファイア キーを使用せずにマウス ホイールが回転したときにスクロールする推奨される行数です。 数値が 0 の場合、スクロールは行われません。 スクロールする行数が表示可能な行数を超えている場合、特に WHEEL_PAGESCROLL ( UINT_MAXとして#defined) の場合は、スクロール操作は、スクロール バーのページダウンまたはページアップ領域で 1 回クリックしたと解釈する必要があります。

 

メニュー パラメーターを次に示します。

Menu パラメーター 意味
SPI_GETMENUDROPALIGNMENT
0x001B
対応するメニュー バー項目を基準にして、ポップアップ メニューを左揃えまたは右揃えのどちらにするかを指定します。 pvParam パラメーターは、右揃えの場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE受け取る BOOL 変数を指す必要があります。
SPI_GETMENUFADE
0x1012
メニュー フェード アニメーションを有効にするかどうかを指定します。 pvParam パラメーターは、フェード アニメーションが有効な場合は TRUE、無効な場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。 フェード アニメーションが無効になっている場合、メニューではスライド アニメーションが使用されます。 メニュー アニメーションが有効になっていない限り、このフラグは無視されます。このフラグは 、SPI_SETMENUANIMATION フラグを使用して実行できます。 詳細については、「 AnimateWindow」を参照してください。
SPI_GETMENUSHOWDELAY
0x006A
マウス カーソルがサブメニュー項目の上にあるときに、システムがショートカット メニューを表示するまで待機する時間 (ミリ秒単位) を取得します。 pvParam パラメーターは、遅延時間を受け取る DWORD 変数を指す必要があります。
SPI_SETMENUDROPALIGNMENT
0x001C
ポップアップ メニューの配置値を設定します。 uiParam パラメーターは、右揃えの場合は TRUE、左揃えの場合は FALSE を指定します。
SPI_SETMENUFADE
0x1013
メニューフェードアニメーションを有効または無効にします。 pvParamTRUE に設定してメニューフェード効果を有効にするか、FALSE を設定して無効にします。 フェード アニメーションが無効になっている場合、メニューではスライド アニメーションが使用されます。 彼メニューフェード効果は、システムが256色以上の色深度を持っている場合にのみ可能です。 SPI_MENUANIMATIONも設定されていない限り、このフラグは無視されます。 詳細については、「 AnimateWindow」を参照してください。
SPI_SETMENUSHOWDELAY
0x006B
uiParam を、マウス カーソルがサブメニュー項目の上にあるときにショートカット メニューを表示する前にシステムが待機する時間 (ミリ秒単位) に設定します。
 

電源パラメーターを次に示します。

Windows Server 2008 および Windows Vista 以降、これらの電源パラメーターはサポートされていません。 代わりに、現在の表示電源状態を判断するには、アプリケーションが GUID_MONITOR_POWER_STATE 通知に登録する必要があります。 現在のディスプレイの電源停止タイムアウトを判断するには、アプリケーションが GUID_VIDEO_POWERDOWN_TIMEOUT 電源設定への変更の通知を登録する必要があります。 詳細については、「 Power イベントの登録」を参照してください。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: 現在の表示電源状態を確認するには、次の電源パラメーターを使用します。

Power パラメーター 意味
SPI_GETLOWPOWERACTIVE
0x0053
このパラメーターはサポートされていません。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: 画面の保存の低電力フェーズを有効にするかどうかを決定します。 pvParam パラメーターは、有効な場合は TRUE、無効の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数指す必要があります。 このフラグは、32 ビット アプリケーションでのみサポートされています。

SPI_GETLOWPOWERTIMEOUT
0x004F
このパラメーターはサポートされていません。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: 画面の保存の低電力フェーズのタイムアウト値を取得します。 pvParam パラメーターは、値を受け取る整数変数を指す必要があります。 このフラグは、32 ビット アプリケーションでのみサポートされています。

SPI_GETPOWEROFFACTIVE
0x0054
このパラメーターはサポートされていません。 画面の保存の電源オフ フェーズが有効になっている場合、 GUID_VIDEO_POWERDOWN_TIMEOUT の電源設定は 0 より大きくなります。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: 画面の保存の電源オフ フェーズを有効にするかどうかを決定します。 pvParam パラメーターは、有効な場合は TRUE、無効の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数指す必要があります。 このフラグは、32 ビット アプリケーションでのみサポートされています。

SPI_GETPOWEROFFTIMEOUT
0x0050
このパラメーターはサポートされていません。 代わりに、 GUID_VIDEO_POWERDOWN_TIMEOUT の電源設定を確認してください。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: 画面の保存の電源オフ フェーズのタイムアウト値を取得します。 pvParam パラメーターは、値を受け取る整数変数を指す必要があります。 このフラグは、32 ビット アプリケーションでのみサポートされています。

SPI_SETLOWPOWERACTIVE
0x0055
このパラメーターはサポートされていません。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: 画面保存の低電力フェーズをアクティブ化または非アクティブ化します。 アクティブにするには uiParam を 1 に設定し、非アクティブ化するにはゼロを設定します。 pvParam パラメーターは NULL である必要があります。 このフラグは、32 ビット アプリケーションでのみサポートされています。

SPI_SETLOWPOWERTIMEOUT
0x0051
このパラメーターはサポートされていません。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: 画面の保存の低電力フェーズのタイムアウト値を秒単位で設定します。 uiParam パラメーターは、新しい値を指定します。 pvParam パラメーターは NULL である必要があります。 このフラグは、32 ビット アプリケーションでのみサポートされています。

SPI_SETPOWEROFFACTIVE
0x0056
このパラメーターはサポートされていません。 代わりに、GUID_VIDEO_POWERDOWN_TIMEOUTの電源設定 設定します。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: 画面の保存の電源オフ フェーズをアクティブ化または非アクティブ化します。 アクティブにするには uiParam を 1 に設定し、非アクティブ化するにはゼロを設定します。 pvParam パラメーターは NULL である必要があります。 このフラグは、32 ビット アプリケーションでのみサポートされています。

SPI_SETPOWEROFFTIMEOUT
0x0052
このパラメーターはサポートされていません。 代わりに、 GUID_VIDEO_POWERDOWN_TIMEOUT 電源設定をタイムアウト値に設定します。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: 画面の保存の電源オフ フェーズのタイムアウト値を秒単位で設定します。 uiParam パラメーターは、新しい値を指定します。 pvParam パラメーターは NULL である必要があります。 このフラグは、32 ビット アプリケーションでのみサポートされています。

 

スクリーン セーバーのパラメーターを次に示します。

スクリーン セーバー パラメーター 意味
SPI_GETSCREENSAVEACTIVE
0x0010
画面の保存を有効にするかどうかを決定します。 pvParam パラメーターは、画面の保存が有効になっている場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数指す必要があります。

Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows 2000: この関数は、画面の保存が有効になっていない場合でも TRUE を 返します。

SPI_GETSCREENSAVERRUNNING
0x0072
呼び出し元プロセスのウィンドウ ステーションでスクリーン セーバーが現在実行されているかどうかを判断します。 pvParam パラメーターは、スクリーン セーバーが現在実行中の場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数指す必要があります。 スクリーン セーバーを実行できるのは、対話型ウィンドウ ステーション WinSta0 のみです。
SPI_GETSCREENSAVESECURE
0x0076
Windows デスクトップを表示するためにスクリーン セーバーにパスワードが必要かどうかを判断します。 pvParam パラメーターは、スクリーン セーバーにパスワードが必要な場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。 uiParam パラメーターは無視されます。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETSCREENSAVETIMEOUT
0x000E
スクリーン セーバーのタイムアウト値を秒単位で取得します。 pvParam パラメーターは、値を受け取る整数変数を指す必要があります。
SPI_SETSCREENSAVEACTIVE
0x0011
スクリーン セーバーの状態を設定します。 uiParam パラメーターは、画面の保存をアクティブにするには TRUE を、非アクティブ化するには FALSE を指定します。

マシンが節電モードまたはシステム ロック状態になった場合は、ERROR_OPERATION_IN_PROGRESS例外が発生します。

SPI_SETSCREENSAVESECURE
0x0077
スクリーン セーバーで、ユーザーが Windows デスクトップを表示するためにパスワードを入力する必要があるかどうかを設定します。 uiParam パラメーターは BOOL 変数です。 pvParam パラメーターは無視されます。 パスワードを要求するには uiParamTRUE に、パスワードを必要としない場合は FALSE を設定します。

マシンが節電モードまたはシステム ロック状態になった場合は、ERROR_OPERATION_IN_PROGRESS例外が発生します。

Windows Server 2003 および Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETSCREENSAVETIMEOUT
0x000F
スクリーン セーバーのタイムアウト値を uiParam パラメーターの値に設定します。 この値は、スクリーン セーバーがアクティブになるまでにシステムがアイドル状態になっている必要がある時間 (秒単位) です。

マシンが節電モードまたはシステム ロック状態になった場合は、ERROR_OPERATION_IN_PROGRESS例外が発生します。

 

アプリケーションとサービスのタイムアウト パラメーターを次に示します。

タイムアウト パラメーター 意味
SPI_GETHUNGAPPTIMEOUT
0x0078
システムが応答しないと見なす前に、スレッドがメッセージをディスパッチせずに実行できるミリ秒数を取得します。 pvParam パラメーターは、値を受け取る整数変数を指す必要があります。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETWAITTOKILLTIMEOUT
0x007A
シャットダウン要求に応答しないアプリケーションを終了するまでシステムが待機するミリ秒数を取得します。 pvParam パラメーターは、値を受け取る整数変数を指す必要があります。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETWAITTOKILLSERVICETIMEOUT
0x007C
シャットダウン要求に応答しないサービスを終了するまで、サービス 制御マネージャーが待機するミリ秒数を取得します。 pvParam パラメーターは、値を受け取る整数変数を指す必要があります。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETHUNGAPPTIMEOUT
0x0079
ハングしたアプリケーションのタイムアウトを uiParam パラメーターの値に設定します。 この値は、システムが応答しないと見なす前に、スレッドがメッセージをディスパッチせずに実行できるミリ秒数です。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETWAITTOKILLTIMEOUT
0x007B
アプリケーションのシャットダウン要求のタイムアウトを uiParam パラメーターの値に設定します。 この値は、シャットダウン要求に応答しないアプリケーションを終了するまでシステムが待機するミリ秒数です。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETWAITTOKILLSERVICETIMEOUT
0x007D
サービスのシャットダウン要求のタイムアウトを uiParam パラメーターの値に設定します。 この値は、シャットダウン要求に応答しないサービスを終了するまでシステムが待機するミリ秒数です。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

 

UI 効果を次に示します。 SPI_SETUIEFFECTS値は、すべての UI 効果を一度に有効または無効にするために使用されます。 この表には、UI 効果の値の完全な一覧が含まれています。

UI 効果パラメーター 意味
SPI_GETCOMBOBOXANIMATION
0x1004
コンボ ボックスのスライドを開く効果を有効にするかどうかを指定します。 pvParam パラメーターは、有効になっている場合は TRUE、無効の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。
SPI_GETCURSORSHADOW
0x101A
カーソルの周囲に影があるかどうかを判断します。 pvParam パラメーターは、シャドウが有効になっている場合は TRUE、無効になっている場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。 この効果は、システムの色深度が 256 色を超える場合にのみ表示されます。
SPI_GETGRADIENTCAPTIONS
0x1008
ウィンドウ タイトル バーのグラデーション効果を有効にするかどうかを指定します。 pvParam パラメーターは、有効になっている場合は TRUE、無効の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。 グラデーション効果の詳細については、 GetSysColor 関数を参照してください。
SPI_GETHOTTRACKING
0x100E
メニュー バーのメニュー名など、ユーザー インターフェイス要素のホット トラッキングを有効にするかどうかを決定します。 pvParam パラメーターは、有効の場合は TRUE、無効の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。

ホット トラッキングとは、カーソルが項目の上に移動すると強調表示されますが、選択されていないことを意味します。 この値を照会して、アプリケーションのユーザー インターフェイスでホット トラッキングを使用するかどうかを決定できます。

SPI_GETLISTBOXSMOOTHSCROLLING
0x1006
リスト ボックスのスムーズ スクロール効果を有効にするかどうかを指定します。 pvParam パラメーターは、有効の場合は TRUE、無効の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。
SPI_GETMENUANIMATION
0x1002
メニュー アニメーション機能を有効にするかどうかを指定します。 メニュー アニメーション効果を有効にするには、このマスター スイッチをオンにする必要があります。 pvParam パラメーターは、アニメーションが有効になっている場合は TRUE、無効になっている場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。

アニメーションが有効になっている場合、 メニューで フェード アニメーションとスライド アニメーションのどちらを使用するかをSPI_GETMENUFADEに示します。

SPI_GETMENUUNDERLINES
0x100A
SPI_GETKEYBOARDCUESと同じです。
SPI_GETSELECTIONFADE
0x1014
選択フェード効果を有効にするかどうかを指定します。 pvParam パラメーターは、有効な場合は TRUE、無効の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。

選択範囲のフェード効果により、ユーザーが選択したメニュー項目は、メニューが閉じられ、フェードアウト中に画面に一時的に残ります。

SPI_GETTOOLTIPANIMATION
0x1016
ツールヒント アニメーションを有効にするかどうかを指定します。 pvParam パラメーターは、有効な場合は TRUE、無効の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。 ツールヒント アニメーションが有効な場合、 SPI_GETTOOLTIPFADE ツールヒントでフェード アニメーションとスライド アニメーションのどちらを使用するかを示します。
SPI_GETTOOLTIPFADE
0x1018
SPI_SETTOOLTIPANIMATIONが有効になっている場合、ツールヒント アニメーションでフェード効果とスライド効果のどちらを使用するかを示SPI_GETTOOLTIPFADEpvParam パラメーターは、フェード アニメーションの場合は TRUE、スライド アニメーションの場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。 スライド効果とフェード効果の詳細については、「 AnimateWindow」を参照してください。
SPI_GETUIEFFECTS
0x103E
UI 効果を有効にするか無効にするかを決定します。 pvParam パラメーターは、すべての UI 効果が有効な場合は TRUE、無効になっている場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。
SPI_SETCOMBOBOXANIMATION
0x1005
コンボ ボックスのスライドを開く効果を有効または無効にします。 グラデーション効果を有効にするには pvParam パラメーターを TRUE に設定し、無効にするには FALSE を 設定します。
SPI_SETCURSORSHADOW
0x101B
カーソルの周囲の影を有効または無効にします。 pvParam パラメーターは BOOL 変数です。 シャドウを有効にするには pvParamTRUE に設定し、シャドウを無効にするには FALSE を設定します。 この効果は、システムの色深度が 256 色を超える場合にのみ表示されます。
SPI_SETGRADIENTCAPTIONS
0x1009
ウィンドウ タイトル バーのグラデーション効果を有効または無効にします。 pvParam パラメーターを TRUE に設定して有効にするか、FALSE を設定して無効にします。 グラデーション効果は、システムの色深度が 256 色を超える場合にのみ可能です。 グラデーション効果の詳細については、 GetSysColor 関数を参照してください。
SPI_SETHOTTRACKING
0x100F
メニュー バーのメニュー名などのユーザー インターフェイス要素のホット トラッキングを有効または無効にします。 pvParam パラメーターを TRUE に設定して有効にするか、FALSE を設定して無効にします。

ホット トラッキングとは、カーソルが項目の上に移動したときに強調表示されますが、選択されていないことを意味します。

SPI_SETLISTBOXSMOOTHSCROLLING
0x1007
リスト ボックスのスムーズ スクロール効果を有効または無効にします。 スムーズスクロール効果を有効にするには pvParam パラメーターを TRUE に設定し、無効にするには FALSE を 設定します。
SPI_SETMENUANIMATION
0x1003
メニュー アニメーションを有効または無効にします。 メニュー アニメーションを実行するには、このマスター スイッチをオンにする必要があります。 pvParam パラメーターは BOOL 変数です。pvParamTRUE に設定してアニメーションを有効にし、FALSE を設定してアニメーションを無効にします。

アニメーションが有効になっている場合、 メニューで フェード アニメーションとスライド アニメーションのどちらを使用するかをSPI_GETMENUFADEに示します。

SPI_SETMENUUNDERLINES
0x100B
SPI_SETKEYBOARDCUESと同じです。
SPI_SETSELECTIONFADE
0x1015
選択フェード効果を有効にするには pvParamTRUE に設定し、 無効にするには FALSE を設定します。

選択範囲のフェード効果により、ユーザーが選択したメニュー項目は、メニューが閉じられ、フェードアウト中に画面に一時的に残ります。 選択フェード効果は、システムの色深度が 256 色を超える場合にのみ可能です。

SPI_SETTOOLTIPANIMATION
0x1017
pvParamTRUE に設定して、ツールヒント アニメーションを有効にするか、FALSE を有効にして無効にします。 有効にすると、 SPI_SETTOOLTIPFADE を使用してフェードアニメーションまたはスライドアニメーションを指定できます。
SPI_SETTOOLTIPFADE
0x1019
SPI_SETTOOLTIPANIMATION フラグが有効になっている場合は、SPI_SETTOOLTIPFADEを使用して、ツールヒント アニメーションでフェード効果とスライド効果のどちらを使用するかを指定します。 フェード アニメーションの場合 は pvParamTRUE 、スライド アニメーションの場合 は FALSE に 設定します。 ツールヒントのフェード効果は、システムの色深度が 256 色を超える場合にのみ可能です。 スライド効果とフェード効果の詳細については、 AnimateWindow 関数を参照してください。
SPI_SETUIEFFECTS
0x103F
UI 効果を有効または無効にします。 すべての UI 効果を有効にするには pvParam パラメーターを TRUE に設定し、すべての UI 効果を無効にするには FALSE を 設定します。
 

ウィンドウ パラメーターを次に示します。

Window パラメーター 意味
SPI_GETACTIVEWINDOWTRACKING
0x1000
アクティブなウィンドウ追跡 (マウスがオンになっているウィンドウのアクティブ化) がオンかオフかを決定します。 pvParam パラメーターは、ON の場合は TRUE、オフの場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。
SPI_GETACTIVEWNDTRKZORDER
0x100C
アクティブなウィンドウ追跡によってアクティブ化されたウィンドウを先頭に移動するかどうかを決定します。 pvParam パラメーターは、ON の場合は TRUE、オフの場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。
SPI_GETACTIVEWNDTRKTIMEOUT
0x2002
アクティブなウィンドウ追跡の遅延をミリ秒単位で取得します。 pvParam パラメーターは、時刻を受け取る DWORD 変数を指す必要があります。
SPI_GETANIMATION
0x0048
ユーザー アクションに関連付けられているアニメーション効果を取得します。 pvParam パラメーターは、情報を受け取る ANIMATIONINFO 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに sizeof(ANIMATIONINFO)設定します。
SPI_GETBORDER
0x0005
ウィンドウのサイズ変更罫線の幅を決定する罫線乗数係数を取得します。 pvParam パラメーターは、この値を受け取る整数変数を指す必要があります。
SPI_GETCARETWIDTH
0x2006
編集コントロールのキャレット幅をピクセル単位で取得します。 pvParam パラメーターは、この値を受け取る DWORD 変数を指す必要があります。
SPI_GETDOCKMOVING
0x0090
モニターアレイまたはモニターアレイの上端、左端、または右端に移動したときにウィンドウをドッキングするかどうかを決定します。 pvParam パラメーターは、有効な場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。

SPI_GETWINARRANGINGを使用して、この動作が有効になっているかどうかを判断します。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETDRAGFROMMAXIMIZE
0x008C
キャプション バーをドラッグしたときに最大化されたウィンドウを復元するかどうかを指定します。 pvParam パラメーターは、有効な場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。

SPI_GETWINARRANGINGを使用して、この動作が有効になっているかどうかを判断します。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETDRAGFULLWINDOWS
0x0026
ウィンドウ全体のドラッグを有効にするかどうかを指定します。 pvParam パラメーターは、有効な場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。
SPI_GETFOREGROUNDFLASHCOUNT
0x2004
前景切り替え要求を拒否するときに SetForegroundWindow がタスク バー ボタンを点滅させる回数を取得します。 pvParam パラメーターは、値を受け取る DWORD 変数を指す必要があります。
SPI_GETFOREGROUNDLOCKTIMEOUT
0x2000
ユーザー入力の後の時間 (ミリ秒単位) を取得します。その間、システムはアプリケーションがフォアグラウンドに強制的に入れるのを許可しません。 pvParam パラメーターは、時刻を受け取る DWORD 変数を指す必要があります。
SPI_GETMINIMIZEDMETRICS
0x002B
最小化されたウィンドウに関連付けられているメトリックを取得します。 pvParam パラメーターは、情報を受け取る MINIMIZEDMETRICS 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに sizeof(MINIMIZEDMETRICS)設定します。
SPI_GETMOUSEDOCKTHRESHOLD
0x007E
マウスを使用してウィンドウをモニターまたはモニター配列の端にドラッグすることでドッキング動作がトリガーされるしきい値をピクセル単位で取得します。 既定のしきい値は 1 です。 pvParam パラメーターは、値を受け取る DWORD 変数を指す必要があります。

SPI_GETWINARRANGINGを使用して、この動作が有効になっているかどうかを判断します。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETMOUSEDRAGOUTTHRESHOLD
0x0084
マウスを使用してモニターまたはモニター配列の端から中央にウィンドウをドラッグすることで、ドッキング解除動作がトリガーされるしきい値をピクセル単位で取得します。 既定のしきい値は 20 です。

SPI_GETWINARRANGINGを使用して、この動作が有効になっているかどうかを判断します。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETMOUSESIDEMOVETHRESHOLD
0x0088
マウスでドラッグすると、垂直方向に最大化されたウィンドウが復元されるモニターまたはモニター配列の上部から、ピクセル単位でしきい値を取得します。 既定のしきい値は 50 です。

SPI_GETWINARRANGINGを使用して、この動作が有効になっているかどうかを判断します。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETNONCLIENTMETRICS
0x0029
最小化されていないウィンドウの非クライアント領域に関連付けられたメトリックを取得します。 pvParam パラメーターは、情報を受け取る NONCLIENTMETRICS 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに sizeof(NONCLIENTMETRICS)設定します。
SPI_GETPENDOCKTHRESHOLD
0x0080
ペンを使用してウィンドウをモニターまたはモニター配列の端にドラッグすることでドッキング動作がトリガーされるしきい値をピクセル単位で取得します。 既定値は 30 です。

SPI_GETWINARRANGINGを使用して、この動作が有効になっているかどうかを判断します。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETPENDRAGOUTTHRESHOLD
0x0086
ペンを使用してモニターまたはモニターアレイの端から中央にウィンドウをドラッグすることでドッキング解除動作がトリガーされるしきい値をピクセル単位で取得します。 既定のしきい値は 30 です。

SPI_GETWINARRANGINGを使用して、この動作が有効になっているかどうかを判断します。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETPENSIDEMOVETHRESHOLD
0x008A
マウスでドラッグすると、垂直方向に最大化されたウィンドウが復元されるモニターまたはモニター配列の上部から、しきい値 (ピクセル単位) を取得します。 既定のしきい値は 50 です。

SPI_GETWINARRANGINGを使用して、この動作が有効になっているかどうかを判断します。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETSHOWIMEUI
0x006E
IME 状態ウィンドウが表示される (ユーザーごとに) かどうかを決定します。 pvParam パラメーターは、状態ウィンドウが表示されている場合は TRUE、表示されない場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。
SPI_GETSNAPSIZING
0x008E
モニターアレイまたはモニターアレイの上部または下部にサイズを設定するときに、ウィンドウを垂直方向に最大化するかどうかを決定します。 pvParam パラメーターは、有効な場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。

SPI_GETWINARRANGINGを使用して、この動作が有効になっているかどうかを判断します。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_GETWINARRANGING
0x0082
ウィンドウの配置を有効にするかどうかを決定します。 pvParam パラメーターは、有効な場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を受け取る BOOL 変数を指す必要があります。

ウィンドウの配置により、ウィンドウをドラッグまたはサイズ変更するときにウィンドウの既定の動作を簡略化することで、移動に必要なマウス、ペン、またはタッチ操作の数を減らし、最上位レベルのウィンドウのサイズを変更できます。

次のパラメーターは、個々のウィンドウ配置設定を取得します。

SPI_GETDOCKMOVING
SPI_GETMOUSEDOCKTHRESHOLD
SPI_GETMOUSEDRAGOUTTHRESHOLD
SPI_GETMOUSESIDEMOVETHRESHOLD
SPI_GETPENDOCKTHRESHOLD
SPI_GETPENDRAGOUTTHRESHOLD
SPI_GETPENSIDEMOVETHRESHOLD
SPI_GETSNAPSIZING
Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。
SPI_SETACTIVEWINDOWTRACKING
0x1001
アクティブなウィンドウ追跡 (マウスがオンになっているウィンドウのアクティブ化) をオンまたはオフに設定します。 on の場合は pvParamオフの場合は FALSE に設定します。
SPI_SETACTIVEWNDTRKZORDER
0x100D
アクティブなウィンドウ追跡によってアクティブ化されたウィンドウを先頭に移動するかどうかを決定します。 on の場合は pvParamオフの場合は FALSE に設定します。
SPI_SETACTIVEWNDTRKTIMEOUT
0x2003
アクティブなウィンドウ追跡の遅延を設定します。 pvParam を、マウス ポインターの下のウィンドウをアクティブにする前に遅延するミリ秒数に設定します。
SPI_SETANIMATION
0x0049
ユーザー アクションに関連付けられているアニメーション効果を設定します。 pvParam パラメーターは、新しいパラメーターを含む ANIMATIONINFO 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに sizeof(ANIMATIONINFO)設定します。
SPI_SETBORDER
0x0006
ウィンドウのサイズ変更罫線の幅を決定する罫線乗数係数を設定します。 uiParam パラメーターは、新しい値を指定します。
SPI_SETCARETWIDTH
0x2007
編集コントロールのキャレットの幅を設定します。 pvParam を目的の幅 (ピクセル単位) に設定します。 既定値と最小値は 1 です。
SPI_SETDOCKMOVING
0x0091
ウィンドウをモニターまたはモニター配列の上、左、または右のドッキング ターゲットに移動したときにドッキングするかどうかを設定します。 on の場合は pvParamオフの場合は FALSE に設定します。

この動作を有効にするには、SPI_GETWINARRANGINGTRUE にする必要があります。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETDRAGFROMMAXIMIZE
0x008D
キャプション バーをドラッグしたときに最大化されたウィンドウを復元するかどうかを設定します。 on の場合は pvParamオフの場合は FALSE に設定します。

この動作を有効にするには、SPI_GETWINARRANGINGTRUE にする必要があります。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETDRAGFULLWINDOWS
0x0025
ウィンドウ全体のドラッグをオンまたはオフに設定します。 uiParam パラメーターは、on の場合は TRUE、オフの場合は FALSE を指定します。
SPI_SETDRAGHEIGHT
0x004D
ドラッグ操作の開始を検出するために使用する四角形の高さをピクセル単位で設定します。 uiParam を新しい値に設定します。 ドラッグの高さを取得するには、SM_CYDRAG フラグを指定して GetSystemMetrics を呼び出します。
SPI_SETDRAGWIDTH
0x004C
ドラッグ操作の開始を検出するために使用する四角形の幅 (ピクセル単位) を設定します。 uiParam を新しい値に設定します。 ドラッグ幅を取得するには、SM_CXDRAG フラグを指定して GetSystemMetrics を呼び出します。
SPI_SETFOREGROUNDFLASHCOUNT
0x2005
前景切り替え要求を拒否するときに SetForegroundWindow がタスク バー ボタンを点滅させる回数を設定します。 pvParam をフラッシュする回数に設定します。
SPI_SETFOREGROUNDLOCKTIMEOUT
0x2001
ユーザー入力の後の時間 (ミリ秒単位) を設定します。その間、システムはアプリケーションがフォアグラウンドに強制的に参加することを許可しません。 pvParam を新しいタイムアウト値に設定します。

呼び出し元のスレッドはフォアグラウンド ウィンドウを変更できる必要があります。それ以外の場合、呼び出しは失敗します。

SPI_SETMINIMIZEDMETRICS
0x002C
最小化されたウィンドウに関連付けられているメトリックを設定します。 pvParam パラメーターは、新しいパラメーターを含む MINIMIZEDMETRICS 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに sizeof(MINIMIZEDMETRICS)設定します。
SPI_SETMOUSEDOCKTHRESHOLD
0x007F
マウスを使用してウィンドウをモニターまたはモニターアレイの端にドラッグすることでドッキング動作がトリガーされるしきい値をピクセル単位で設定します。 既定のしきい値は 1 です。 pvParam パラメーターは、新しい値を含む DWORD 変数を指す必要があります。

この動作を有効にするには、SPI_GETWINARRANGINGTRUE にする必要があります。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETMOUSEDRAGOUTTHRESHOLD
0x0085
マウスを使用してモニターまたはモニターアレイの端から中央にウィンドウをドラッグすることでドッキング解除動作がトリガーされるしきい値をピクセル単位で設定します。 既定のしきい値は 20 です。 pvParam パラメーターは、新しい値を含む DWORD 変数を指す必要があります。

この動作を有効にするには、SPI_GETWINARRANGINGTRUE にする必要があります。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETMOUSESIDEMOVETHRESHOLD
0x0089
マウスでドラッグすると、垂直方向に最大化されたウィンドウが復元されるモニターの上部からピクセル単位でしきい値を設定します。 既定のしきい値は 50 です。 pvParam パラメーターは、新しい値を含む DWORD 変数を指す必要があります。

この動作を有効にするには、SPI_GETWINARRANGINGTRUE にする必要があります。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETNONCLIENTMETRICS
0x002A
ミニマイズされていないウィンドウの非クライアント領域に関連付けられているメトリックを設定します。 pvParam パラメーターは、新しいパラメーターを含む NONCLIENTMETRICS 構造体を指す必要があります。 この構造体の cbSize メンバーと uiParam パラメーターをに sizeof(NONCLIENTMETRICS)設定します。 また、LOGFONT 構造体の lfHeight メンバーは負の値である必要があります。
SPI_SETPENDOCKTHRESHOLD
0x0081
ペンを使用してウィンドウをモニターまたはモニターアレイの端にドラッグすることでドッキング動作がトリガーされるしきい値をピクセル単位で設定します。 既定のしきい値は 30 です。 pvParam パラメーターは、新しい値を含む DWORD 変数を指す必要があります。

この動作を有効にするには、SPI_GETWINARRANGINGTRUE にする必要があります。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETPENDRAGOUTTHRESHOLD
0x0087
ペンを使用してモニターまたはモニターアレイの端から中央にウィンドウをドラッグすることでドッキング解除動作がトリガーされるしきい値をピクセル単位で設定します。 既定のしきい値は 30 です。 pvParam パラメーターは、新しい値を含む DWORD 変数を指す必要があります。

この動作を有効にするには、SPI_GETWINARRANGINGTRUE にする必要があります。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETPENSIDEMOVETHRESHOLD
0x008B
ペンでドラッグすると、垂直方向に最大化されたウィンドウが復元されるモニターの上部からのしきい値をピクセル単位で設定します。 既定のしきい値は 50 です。 pvParam パラメーターは、新しい値を含む DWORD 変数を指す必要があります。

この動作を有効にするには、SPI_GETWINARRANGINGTRUE にする必要があります。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETSHOWIMEUI
0x006F
ユーザーごとに IME 状態ウィンドウを表示するかどうかを設定します。 uiParam パラメーターは、オンまたはオフの場合は FALSE を指定します。
SPI_SETSNAPSIZING
0x008F
モニターの上部または下部に合わせてサイズを変更するときに、ウィンドウを垂直方向に最大化するかどうかを設定します。 on の場合は pvParamオフの場合は FALSE に設定します。

この動作を有効にするには、SPI_GETWINARRANGINGTRUE にする必要があります。

Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

SPI_SETWINARRANGING
0x0083
ウィンドウの配置を有効にするかどうかを設定します。 on の場合は pvParamオフの場合は FALSE に設定します。

ウィンドウの配置により、ウィンドウをドラッグまたはサイズ変更するときにウィンドウの既定の動作を簡略化することで、移動に必要なマウス、ペン、またはタッチ操作の数を減らし、最上位レベルのウィンドウのサイズを変更できます。

次のパラメーターは、個々のウィンドウ配置設定を設定します。

SPI_SETDOCKMOVING
SPI_SETMOUSEDOCKTHRESHOLD
SPI_SETMOUSEDRAGOUTTHRESHOLD
SPI_SETMOUSESIDEMOVETHRESHOLD
SPI_SETPENDOCKTHRESHOLD
SPI_SETPENDRAGOUTTHRESHOLD
SPI_SETPENSIDEMOVETHRESHOLD
SPI_SETSNAPSIZING
Windows Server 2008、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows XP/2000: このパラメーターはサポートされていません。

[in] uiParam

型: UINT

使用状況と形式が、クエリまたは設定されるシステム パラメーターに依存するパラメーター。 システム全体のパラメーターの詳細については、 uiAction パラメーターを参照してください。 特に指定しない場合は、このパラメーターに 0 を指定する必要があります。

[in, out] pvParam

型: PVOID

使用状況と形式が、クエリまたは設定されるシステム パラメーターに依存するパラメーター。 システム全体のパラメーターの詳細については、 uiAction パラメーターを参照してください。 特に指定しない場合は、このパラメーターに NULL を 指定する必要があります。 PVOID データ型の詳細については、「Windows データ型」を参照してください

[in] fWinIni

型: UINT

システム パラメーターが設定されている場合は、ユーザー プロファイルを更新するかどうかを指定し、更新する場合は、 WM_SETTINGCHANGE メッセージをすべての最上位ウィンドウにブロードキャストして変更を通知するかどうかを指定します。

ユーザー プロファイルを更新したり、 WM_SETTINGCHANGE メッセージをブロードキャストしたりしない場合は、このパラメーターを 0 にすることも、次の値の 1 つ以上を指定することもできます。

意味
SPIF_UPDATEINIFILE
新しいシステム全体のパラメーター設定をユーザー プロファイルに書き込みます。
SPIF_SENDCHANGE
ユーザー プロファイルを更新した後 、WM_SETTINGCHANGE メッセージをブロードキャストします。
SPIF_SENDWININICHANGE
SPIF_SENDCHANGEと同じです。

戻り値

型: BOOL

関数が成功した場合、戻り値は 0 以外の値です。

関数が失敗した場合は、0 を返します。 詳細なエラー情報を得るには、GetLastError を呼び出します。

解説

この関数は、ユーザーが環境をカスタマイズできるアプリケーションで使用することを目的としています。

キーボード レイアウト名は、レイアウトに対応する言語識別子の 16 進値から派生する必要があります。 たとえば、米国英語には0x0409の言語識別子があるため、米国の主要な英語レイアウトは "00000409" という名前です。 Dvorak レイアウトなど、米国英語のレイアウトのバリエーションには、"00010409"、"00020409" という名前が付けられています。 言語識別子を構成する主言語識別子とサブ言語識別子の一覧については、 MAKELANGID マクロを参照してください。

ハイ コントラスト配色とハイ コントラスト モードには違いがあります。 ハイコントラスト配色では、システムの色が明らかなコントラストを持つ色に変更されます。コントロール パネルの表示オプションを使用して、この配色に切り替えます。 SPI_GETHIGHCONTRASTSPI_SETHIGHCONTRASTを使用するハイ コントラスト モードは、視覚障褻ユーザーの外観を変更するようにアプリケーションに推奨します。 これには、ユーザーへの警告音やカスタマイズされた配色 (コントロール パネルの [アクセシビリティ オプション] を使用) などが含まれます。 詳細については、 HIGHCONTRAST を参照してください。 一般的なアクセシビリティ機能の詳細については、「アクセシビリティ を参照してください。

マウス クリック ロック機能をアクティブにするためにプライマリ ボタンを押したままにしている間、ユーザーはマウスを移動できます。 プライマリ ボタンがロックダウンされた後、プライマリ ボタンを離しても 、WM_LBUTTONUP メッセージは表示されません。 したがって、プライマリ ボタンがまだダウンしているアプリケーションに表示されます。 後続のボタン メッセージはプライマリ ボタンを解放し、 WM_LBUTTONUP メッセージをアプリケーションに送信するため、プログラムで、またはユーザーが任意のボタンをクリックして、ボタンのロックを解除できます。

この API は DPI に対応していないため、呼び出し元のスレッドがモニターごとの DPI 対応の場合は使用しないでください。 この API の DPI 対応バージョンについては、 SystemParametersInfoForDPI を参照してください。 DPI 認識の詳細については、 Windows High DPI のドキュメントを参照してください。

次の例では 、SystemParametersInfo を使用してマウスの速度を 2 倍にしています。


#include <windows.h>
#include <stdio.h>
#pragma comment(lib, "user32.lib")    

void main()  
{     
    BOOL fResult;
    int aMouseInfo[3];    // Array for mouse information
    
    // Get the current mouse speed.         
    fResult = SystemParametersInfo(SPI_GETMOUSE,   // Get mouse information
                                   0,              // Not used
                                   &aMouseInfo,    // Holds mouse information
                                   0);             // Not used           
                                   
    // Double it.         
    if( fResult )     
    {
        aMouseInfo[2] = 2 * aMouseInfo[2];
        
        // Change the mouse speed to the new value.
        SystemParametersInfo(SPI_SETMOUSE,      // Set mouse information
                             0,                 // Not used
                             aMouseInfo,        // Mouse information
                             SPIF_SENDCHANGE);  // Update Win.ini
    }  
}

注意

winuser.h ヘッダーは、SystemParametersInfo をエイリアスとして定義し、UNICODE プリプロセッサ定数の定義に基づいて、この関数の ANSI または Unicode バージョンを自動的に選択します。 エンコードに依存しないエイリアスをエンコードニュートラルでないコードと混在させると、コンパイルまたはランタイム エラーが発生する不一致が発生する可能性があります。 詳細については、「 関数プロトタイプの規則」を参照してください。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー winuser.h (Windows.h を含む)
Library User32.lib
[DLL] User32.dll
API セット ext-ms-win-ntuser-sysparams-ext-l1-1-0 (Windows 8 で導入)

こちらもご覧ください

ACCESSTIMEOUT

ANIMATIONINFO

AUDIODESCRIPTION

FILTERKEYS

HIGHCONTRAST

ICONMETRICS

Logfont

MAKELANGID

MINIMIZEDMETRICS

マウス

NONCLIENTMETRICS

Rect

シリアルキー

SOUNDSENTRY

STICKYKEYS

SystemParametersInfoForDPI

TOGGLEKEYS

WM_SETTINGCHANGE

Windows のデータ型