MSG 構造体 (winuser.h)

スレッドのメッセージ キューからのメッセージ情報を保持します。

構文

typedef struct tagMSG {
  HWND   hwnd;
  UINT   message;
  WPARAM wParam;
  LPARAM lParam;
  DWORD  time;
  POINT  pt;
  DWORD  lPrivate;
} MSG, *PMSG, *NPMSG, *LPMSG;

メンバー

hwnd

型: HWND

ウィンドウ プロシージャがメッセージを受信するウィンドウへのハンドル。 メッセージがスレッド メッセージの場合、このメンバーは NULL です

message

型: UINT

メッセージ ID。 アプリケーションでは、低い単語のみを使用できます。高い単語はシステムによって予約されています。

wParam

種類: WPARAM

メッセージについての追加情報。 正確な意味は 、メッセージ メンバーの値によって異なります。

lParam

型: LPARAM

メッセージについての追加情報。 正確な意味は 、メッセージ メンバーの値によって異なります。

time

型: DWORD

メッセージが投稿された時刻。

pt

種類: POINT

メッセージが投稿されたときのカーソル位置 (画面座標)。

lPrivate

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリ |UWP アプリ]
サポートされている最小のサーバー Windows 2000 Server [デスクトップ アプリ |UWP アプリ]
ヘッダー winuser.h (Windows.h を含む)

関連項目

概念

GetMessage

メッセージとメッセージ キュー

PeekMessage

PostThreadMessage

参照