Win32_CDROMDrive クラス

Win32_CDROMDriveWMI クラスは、Windowsを実行しているコンピューター システム上の CD-ROM ドライブを表します。

注意

ドライブの名前は、デバイスに割り当てられている論理ドライブ文字に対応しないことに注意してください。

次の構文はマネージド オブジェクト フォーマット (MOF) のコードを単純化したもので、すべての継承されたプロパティを含みます。 プロパティは、MOF の順序ではなくアルファベット順に一覧表示されます。

構文

[Dynamic, Provider("CIMWin32"), UUID("{8502C4B3-5FBB-11D2-AAC1-006008C78BC7}"), AMENDMENT]
class Win32_CDROMDrive : CIM_CDROMDrive
{
  uint16   Availability;
  uint16   Capabilities[];
  string   CapabilityDescriptions[];
  string   Caption;
  string   CompressionMethod;
  uint32   ConfigManagerErrorCode;
  boolean  ConfigManagerUserConfig;
  string   CreationClassName;
  uint64   DefaultBlockSize;
  string   Description;
  string   DeviceID;
  string   Drive;
  boolean  DriveIntegrity;
  boolean  ErrorCleared;
  string   ErrorDescription;
  string   ErrorMethodology;
  uint16   FileSystemFlags;
  uint32   FileSystemFlagsEx;
  string   Id;
  datetime InstallDate;
  uint32   LastErrorCode;
  string   Manufacturer;
  uint64   MaxBlockSize;
  uint32   MaximumComponentLength;
  uint64   MaxMediaSize;
  boolean  MediaLoaded;
  string   MediaType;
  string   MfrAssignedRevisionLevel;
  uint64   MinBlockSize;
  string   Name;
  boolean  NeedsCleaning;
  uint32   NumberOfMediaSupported;
  string   PNPDeviceID;
  uint16   PowerManagementCapabilities[];
  boolean  PowerManagementSupported;
  string   RevisionLevel;
  uint32   SCSIBus;
  uint16   SCSILogicalUnit;
  uint16   SCSIPort;
  uint16   SCSITargetId;
  string   SerialNumber;
  uint64   Size;
  string   Status;
  uint16   StatusInfo;
  string   SystemCreationClassName;
  string   SystemName;
  real64   TransferRate;
  string   VolumeName;
  string   VolumeSerialNumber;
};

メンバー

Win32_CDROMDrive クラスには、次の種類のメンバーがあります。

メソッド

Win32_CDROMDrive クラスには、次のメソッドがあります。

Method 説明
リセット 実装されていません。 このメソッドを実装するには、ドキュメントについては、CIM_CDROMDriveReset メソッドを参照してください。
SetPowerState 実装されていません。 このメソッドを実装するには、CIM_CDROMDriveSetPowerState メソッドに関するドキュメントを参照してください。

Properties

Win32_CDROMDrive クラスには、次のプロパティがあります。

可用性

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("MIF.DMTF|操作状態|003.5"、"MIB。IETF|HOST-RESOURCES-MIB.hrDeviceStatus")

デバイスの可用性と状態。

このプロパティは、 CIM_LogicalDeviceから継承されます。

その他 (1)

不明 (2)

実行中/完全電源 (3)

実行中または完全な電源

警告 (4)

In Test (5)

該当なし (6)

電源オフ (7)

Off Line (8)

オフデューティ (9)

低下 ( 10)

インストールされていません (11)

インストール エラー (12)

省電力 - 不明 (13)

デバイスは省電力モードであることが知られていますが、正確な状態は不明です。

省電力 - 低電力モード (14)

デバイスは省電力状態ですが、まだ機能しており、パフォーマンスが低下する可能性があります。

省電力 - スタンバイ (15)

デバイスは機能していませんが、すぐにフルパワーになる可能性があります。

電源サイクル (16)

省電力 - 警告 (17)

ただし、デバイスは警告状態ですが、省電力モードでもあります。

一時停止 (18)

デバイスが一時停止しています。

準備ができていない (19)

デバイスの準備ができていません。

未構成 (20)

デバイスが構成されていません。

休止 ( 21)

デバイスは静かです。

Capabilities

データ型: uint16 配列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: ArrayType ("Indexed")、MappingStrings ("MIF。DMTF|Storage デバイス|001.9"、"MIF.DMTF|Storage デバイス|001.11"、"MIF.DMTF|Storage デバイス|001.12"、"MIF.DMTF|ディスク|003.7")、ModelCorrespondence ("CIM_MediaAccessDeviceCapabilityDescriptions")

メディア アクセス デバイスの機能の配列。 たとえば、デバイスはランダム アクセス (3)、リムーバブル メディア (7)、自動クリーニング (9) をサポートできます。

このプロパティは、 CIM_MediaAccessDeviceから継承されます。

不明 (0)

その他 (1)

シーケンシャル アクセス (2)

ランダム アクセス (3)

書き込みをサポートしています (4)

暗号化 (5)

圧縮 (6)

Removeable Media のサポート (7)

リムーバブル メディアのサポート

手動クリーニング (8)

自動クリーニング (9)

SMART 通知 (10)

両面メディアをサポート (11)

Dual-Sided メディアのサポート

プリマウント 取り出しは不要 (12)

CapabilityDescriptions

データ型: 文字列 配列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: ArrayType ("Indexed")、 ModelCorrespondence ("CIM_MediaAccessDevice機能")

Capabilities 配列に示されているアクセス デバイス機能の詳細な説明の配列。 この配列の各エントリは、同じインデックスにある Capabilities 配列内のエントリに関連付けられます。

このプロパティは、 CIM_MediaAccessDeviceから継承されます。

Caption

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MaxLen (64)、 DisplayName ("Caption")

オブジェクトの 1 行文字列の簡単な説明。

このプロパティは、 CIM_ManagedSystemElementから継承されます。

CompressionMethod

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

圧縮をサポートするためにデバイスによって使用されるアルゴリズムまたはツール。 圧縮スキームを記述することが不可能または望ましくない場合 (不明な場合など) は、"不明" という単語を使用して、デバイスが圧縮機能をサポートしているかどうかが不明であることを表します。"圧縮" デバイスが圧縮機能をサポートしているが、その圧縮スキームが不明であるか、開示されていないことを表します。デバイスが圧縮機能をサポートしていないことを表す "Not Compressed" と "Not Compressed" です。

このプロパティは、 CIM_MediaAccessDeviceから継承されます。

("不明")

圧縮スキームが不明であるか、説明されていません。

("Compressed")

論理ファイルは圧縮されますが、圧縮スキームが不明であるか、説明されていません

("圧縮されていません")

論理ファイルが圧縮されていない場合

ConfigManagerErrorCode

データ型: uint32

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: スキーマ ("Win32")

エラー コードをWindows Configuration Managerします。

このプロパティは、 CIM_LogicalDeviceから継承されます。

このデバイスは正常に動作しています。 (0)

デバイスが正常に動作しています。

このデバイスが正しく構成されていません。 (1)

デバイスが正しく構成されていません。

Windowsこのデバイスのドライバーを読み込めません。(2)

このデバイスのドライバーが破損しているか、システムがメモリやその他のリソースで不足している可能性があります。 (3)

このデバイスのドライバーが破損しているか、システムのメモリまたはその他のリソースが不足している可能性があります。

このデバイスが正常に動作していません。そのドライバーの 1 つまたはレジストリが破損している可能性があります。 (4)

デバイスが正常に動作していません。 そのドライバーまたはレジストリの 1 つが破損している可能性があります。

このデバイスのドライバーには、Windowsが管理できないリソースが必要です。(5)

デバイスのドライバーには、Windowsが管理できないリソースが必要です。

このデバイスのブート構成は、他のデバイスと競合します。 (6)

デバイスのブート構成が他のデバイスと競合しています。

フィルター処理できません。 (7)

デバイスのドライバー ローダーがありません。 (8)

デバイスのドライバー ローダーがありません。

制御ファームウェアがデバイスのリソースを誤って報告しているため、このデバイスは正常に動作しません。 (9)

デバイスが正常に動作していません。 制御ファームウェアが、デバイスのリソースを誤って報告しています。

このデバイスを起動できません。 (10)

デバイスを起動できません。

このデバイスは失敗しました。 (11)

デバイスが失敗しました。

このデバイスでは、使用できる十分な空きリソースが見つかりません。 (12)

デバイスで、使用できる十分な空きリソースが見つかりません。

Windowsはこのデバイスのリソースを確認できません。(13)

Windowsは、デバイスのリソースを確認できません。

コンピューターを再起動するまで、このデバイスは正常に動作しません。 (14)

コンピューターが再起動されるまで、デバイスは正常に動作しません。

おそらく再列挙の問題があるため、このデバイスは正常に動作していません。 (15)

再列挙の問題が考えられるため、デバイスが正常に動作していません。

Windowsは、このデバイスが使用するすべてのリソースを識別できません。(16)

Windowsは、デバイスが使用するすべてのリソースを識別できません。

このデバイスは、不明なリソースの種類を要求しています。 (17)

デバイスが不明なリソースの種類を要求しています。

このデバイスのドライバーを再インストールします。 (18)

デバイス ドライバーを再インストールする必要があります。

VxD ローダーを使用してエラーが発生しました。 (19)

レジストリが破損している可能性があります。 (20)

レジストリが破損している可能性があります。

システムエラー: このデバイスのドライバーを変更してみてください。問題が解決しない場合は、ハードウェアのドキュメントを参照してください。このデバイスを削除Windows。(21)

システムエラー。 デバイス ドライバーを変更しても効果がない場合は、ハードウェアのドキュメントを参照してください。 デバイスを削除Windows。

このデバイスは無効になっています。 (22)

デバイスが無効になっています。

システムエラー: このデバイスのドライバーを変更してみてください。それでも問題が解決しない場合は、ハードウェアのドキュメントを参照してください。 (23)

システムエラー。 デバイス ドライバーを変更しても効果がない場合は、ハードウェアのドキュメントを参照してください。

このデバイスが存在しない、正常に動作していない、またはすべてのドライバーがインストールされていない。 (24)

デバイスが存在しない、正常に動作しない、またはすべてのドライバーがインストールされていない。

Windowsはまだこのデバイスを設定しています。(25)

Windowsはまだデバイスを設定しています。

Windowsはまだこのデバイスを設定しています。(26)

Windowsはまだデバイスを設定しています。

このデバイスには有効なログ構成がありません。 (27)

デバイスに有効なログ構成がありません。

このデバイスのドライバーはインストールされていません。 (28)

デバイス ドライバーがインストールされていません。

デバイスのファームウェアで必要なリソースが提供されていないため、このデバイスは無効になっています。 (29)

デバイスが無効になっています。 デバイスファームウェアが必要なリソースを提供しませんでした。

このデバイスは、別のデバイスが使用している割り込み要求 (IRQ) リソースを使用しています。 (30)

デバイスは、別のデバイスが使用している IRQ リソースを使用しています。

このデバイスは、Windowsがこのデバイスに必要なドライバーを読み込むことができないため、正常に動作していません。(31)

デバイスが正常に動作していません。 Windowsは、必要なデバイス ドライバーを読み込めません。

ConfigManagerUserConfig

データ型: ブール値

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: スキーマ ("Win32")

True の場合、デバイスはユーザー定義の構成を使用します。

このプロパティは、 CIM_LogicalDeviceから継承されます。

CreationClassName

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: CIM_Key

インスタンスの作成で使用される継承チェーンに表示される最初の具象クラスの名前。 クラスの他のキー プロパティと共に使用する場合、このプロパティを使用すると、このクラスとそのサブクラスのすべてのインスタンスを一意に識別できます。

このプロパティは、 CIM_LogicalDeviceから継承されます。

DefaultBlockSize

データ型: uint64

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: 単位 ("bytes")

このデバイスの既定のブロック サイズ (バイト単位)。

このプロパティは、 CIM_MediaAccessDeviceから継承されます。

スクリプトでの uint64 値の使用の詳細については、「 WMI でのスクリプト作成」を参照してください。

説明

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: DisplayName ("Description")

オブジェクトの説明。

このプロパティは、 CIM_ManagedSystemElementから継承されます。

DeviceID

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: KeyOverride ("DeviceId")、 MappingStrings ("Win32API|ファイル関数|GetLogicalDriveStrings")

CD-ROM ドライブの一意識別子。

このプロパティは、 CIM_LogicalDeviceから継承されます。

ドライブ

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win32API|ファイル関数|GetDriveType")

CD-ROM ドライブのドライブ文字。

例: "d:\"

DriveIntegrity

データ型: ブール値

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("WMI")

True の場合、CD デバイスからファイルを正確に読み取ることができます。 これは、データブロックを 2 回読み取り、データをそれ自体と比較することで実現されます。

ErrorCleared

データ型: ブール値

アクセスの種類: 読み取り専用

True の場合、LastErrorCode で報告されたエラーがクリアされるようになりました。

このプロパティは、 CIM_LogicalDeviceから継承されます。

ErrorDescription

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

LastErrorCode に記録されたエラーの詳細と、実行できる是正措置に関する情報。

このプロパティは、 CIM_LogicalDeviceから継承されます。

ErrorMethodology

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

このデバイスでサポートされているエラー検出と修正の種類。

このプロパティは、 CIM_MediaAccessDeviceから継承されます。

FileSystemFlags

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: 非推奨MappingStrings ("Win32API|ファイル システム関数|GetVolumeInformation")

このプロパティは今後使用しません。 このプロパティの代わりに、 FileSystemFlagsEx を使用します

FileSystemFlagsEx

データ型: uint32

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win32API|ファイル システム関数|GetVolumeInformation")

Windows CD-ROM ドライブに関連付けられているファイル システム フラグ。 このパラメーターはフラグの任意の組み合わせにすることができますが、 FS_FILE_COMPRESSIONFS_VOL_IS_COMPRESSED は相互に排他的です。

大文字と小文字を区別する検索 (1)

ファイル システムでは、大文字と小文字を区別するファイル名がサポートされています。

大文字と小文字を区別しない名前 (2)

ファイル システムでは、ディスクに名前を配置するときに、ファイル名の大文字と小文字が保持されます。

Unicode On Disk (4)

ファイル システムは、ディスクに表示されるファイル名で Unicode をサポートします。

永続的 ACL (8)

ファイル システムでは、アクセス制御リスト (ACL) が保持され、適用されます。 たとえば、NTFS ファイル システムでは ACL が保持および適用され、FAT ファイル システムでは保持されません。

ファイル圧縮 (16)

ファイル システムでは、ファイル ベースの圧縮がサポートされています。

ボリューム クォータ (32)

ファイル システムはディスク クォータをサポートします。

スパース ファイルのサポート (64)

ファイル システムは、スペア ファイルをサポートします。

再解析ポイントのサポート (128)

ファイル システムでは、再解析ポイントがサポートされています。

リモート Storageのサポート (256)

ファイル システムは、ファイルのリモート ストレージをサポートします。

長い名前をサポートしています (16384)

ファイル システムでは、8 文字を超えるファイル名がサポートされています。

ボリュームが圧縮されている (32768)

指定されたディスク ボリュームは、DoubleSpace ボリュームなどの圧縮ボリュームです。

読み取り専用ボリューム (524289)

指定されたボリュームは読み取り専用です。

オブジェクト IDS をサポート します (65536)

ファイル システムでは、オブジェクト識別子がサポートされています。

暗号化のサポート (131072)

ファイル システムは、暗号化されたファイル システム (EFS) をサポートしています。

名前付きストリーム (262144) のサポート

ファイル システムでは、名前付きストリームがサポートされています。

例: 0

Id

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win32API|ファイル関数|GetDriveType")

この CD-ROM ドライブを一意に識別するドライブ文字。

例: "d:\"

InstallDate

データ型: datetime

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("MIF.DMTF|ComponentID|001.5")、 DisplayName ("インストール日")

オブジェクトがインストールされている日時。 このプロパティには、オブジェクトがインストールされていることを示す値は必要ありません。

このプロパティは、 CIM_ManagedSystemElementから継承されます。

LastErrorCode

データ型: uint32

アクセスの種類: 読み取り専用

論理デバイスによって報告された最後のエラー コード。

このプロパティは、 CIM_LogicalDeviceから継承されます。

Manufacturer

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win32Registry")

Windows CD-ROM ドライブの製造元。

例: "PLEXTOR"

MaxBlockSize

データ型: uint64

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: 単位 ("bytes")

このデバイスによってアクセスされるメディアの最大ブロック サイズ (バイト単位)。

このプロパティは、 CIM_MediaAccessDeviceから継承されます。

スクリプトでの uint64 値の使用の詳細については、「 WMI でのスクリプト作成」を参照してください。

MaximumComponentLength

データ型: uint32

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win32API|ファイル システム関数|GetVolumeInformation")

Windows CD-ROM ドライブでサポートされるファイル名コンポーネントの最大長。 円記号の間のファイル名の部分を示すファイル名コンポーネント。 この値を使用して、指定したファイル システムで長い名前がサポートされていることを示すことができます。 たとえば、長い名前をサポートする FAT ファイル システムの場合、関数は前の 8.3 インジケーターではなく値 255 を格納します。 長い名前は、NTFS ファイル システムを使用するシステムでもサポートできます。

例: 255

MaxMediaSize

データ型: uint64

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("MIF.DMTF|シーケンシャル アクセス デバイス|001.2")、 単位 ("キロバイト")

このデバイスでサポートされているメディアの最大サイズ (キロバイト単位)。

このプロパティは、 CIM_MediaAccessDeviceから継承されます。

スクリプトでの uint64 値の使用の詳細については、「 WMI でのスクリプト作成」を参照してください。

MediaLoaded

データ型: ブール値

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win32API|ファイル システム関数|GetVolumeInformation")

True の場合、CD-ROM はドライブ内にあります。

MediaType

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win32API|GetDriveType")

このデバイスで使用またはアクセスできるメディアの種類。 次のいずれかの値になります。

ランダム アクセス ("ランダム アクセス")

書き込みをサポート します ("書き込みをサポートしています")

リムーバブル メディア ("リムーバブル メディア")

CD-ROM ("CD-ROM")

MfrAssignedRevisionLevel

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win2000DDK|KernelModeDrivers|STORAGE_DEVICE_DESCRIPTOR|ProductRevisionOffset")

製造元によって割り当てられるファームウェア リビジョン レベル。

MinBlockSize

データ型: uint64

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: 単位 ("bytes")

このデバイスによってアクセスされるメディアの最小ブロック サイズ (バイト単位)。

このプロパティは、 CIM_MediaAccessDeviceから継承されます。

スクリプトでの uint64 値の使用の詳細については、「 WMI でのスクリプト作成」を参照してください。

名前

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: DisplayName ("Name")

オブジェクトのラベル。 サブクラス化すると、プロパティをオーバーライドしてキー プロパティにすることができます。

このプロパティは、 CIM_ManagedSystemElementから継承されます。

NeedsCleaning

データ型: ブール値

アクセスの種類: 読み取り専用

True の場合、メディア アクセス デバイスのクリーニングが必要です。 手動クリーニングと自動クリーニングのどちらが可能かは、「 機能」 プロパティーに示されています。

このプロパティは、 CIM_MediaAccessDeviceから継承されます。

NumberOfMediaSupported

データ型: uint32

アクセスの種類: 読み取り専用

メディア アクセス デバイスが複数の個々のメディアをサポートしている場合にサポートまたは挿入できるメディアの最大数。

このプロパティは、 CIM_MediaAccessDeviceから継承されます。

PNPDeviceID

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: スキーマ ("Win32")

論理デバイスのデバイス識別子をWindows プラグ アンド プレイします。

このプロパティは、 CIM_LogicalDeviceから継承されます。

例: "*PNP030b"

PowerManagementCapabilities

データ型: uint16 配列

アクセスの種類: 読み取り専用

論理デバイスの特定の電源関連機能の配列。

このプロパティは、 CIM_LogicalDeviceから継承されます。

不明 (0)

サポートされていません (1)

このデバイスでは、電源関連の容量はサポートされていません。

無効 (2)

有効 (3)

電源管理機能は現在有効になっていますが、正確な機能セットが不明であるか、情報が使用できません。

自動的に入力される省電力モード (4)

デバイスは、使用状況やその他の条件に基づいて電源の状態を変更できます。

Power State Settable (5)

SetPowerState メソッドがサポートされています。 このメソッドは、親 CIM_LogicalDevice クラスで見つかり、実装できます。 詳細については、「 マネージド オブジェクト形式 (MOF) クラスの設計」を参照してください。

電源循環のサポート (6)

SetPowerState メソッドは、PowerStateparameter を 5 (Power Cycle) に設定して呼び出すことができます。

タイミング設定された電源オンがサポートされています (7)

Timed Power-On Supported

SetPowerState メソッドは、PowerState パラメーターを 5 (Power Cycle) に設定し、時刻を特定の日時または間隔に設定して呼び出して電源をオンにすることができます。

PowerManagementSupported

データ型: ブール値

アクセスの種類: 読み取り専用

True の場合、デバイスは電源管理できます。つまり、デバイスを一時停止モードにできます。 このプロパティは、電源管理機能が現在有効になっていることを示すのではなく、論理デバイスが電源管理が可能であることのみを示します。

このプロパティは、 CIM_LogicalDeviceから継承されます。

RevisionLevel

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win32Registry|RevisionLevel")

Windows CD-ROM ドライブのファームウェア リビジョン レベル。

SCSIBus

データ型: uint32

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win32API|SCSI 構造体|SCSI_REQUEST_BLOCK|PathId")

ディスク ドライブの SCSI バス番号。

例: 0

SCSILogicalUnit

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win32API|SCSI 構造体|SCSI_REQUEST_BLOCK|Lun")

ディスク ドライブの SCSI 論理ユニット番号 (LUN)。 LUN は、複数のコントローラーが使用されているシステムでアクセスする SCSI コントローラーを指定するために使用されます。 SCSI デバイス識別子は似ていますが、1 つのコントローラー上の複数のデバイスの指定です。

例: 0

SCSIPort

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win32API|SCSI 構造体|SCSI_REQUEST_BLOCK|ScsiStatus")

ディスク ドライブの SCSI ポート番号。

例: 1

SCSITargetId

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win32API|DeviceIoControl|IOCTL_SCSI_GET_ADDRESS")

Windows CD-ROM ドライブの SCSI 識別子番号。

例: 0

SerialNumber

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win32API|デバイスの入出力構造|STORAGE_DEVICE_DESCRIPTOR|SerialNumberOffset")

物理メディアを識別する製造元によって提供される番号。 例: WD-WM3493798728。

[サイズ]

データ型: uint64

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win32API|ファイル関数|GetDiskFreeSpace")、 units ("bytes")

ディスク ドライブのサイズ。

スクリプトで uint64 値を使用する方法の詳細については、「 WMI でのスクリプト作成」を参照してください。

状態

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MaxLen (10)、 DisplayName ("Status")

オブジェクトの現在の状態。 さまざまな操作状態と非動作状態を定義できます。 運用状態には、"OK"、"機能低下"、"Pred Fail" (SMART 対応ハード ディスク ドライブなどの要素が正しく機能している可能性がありますが、近い将来に障害が予測される) が含まれます。 非動作状態には、"Error"、"Starting"、"Stopping"、および "Service" が含まれます。 後者の "サービス" は、ディスクのミラー再チェックイン、ユーザーアクセス許可リストの再読み込み、またはその他の管理作業中に適用される可能性があります。 このような作業がすべてオンラインであるわけではありませんが、マネージド要素は "OK" でも、他のいずれかの状態でもありません。

このプロパティは、 CIM_ManagedSystemElementから継承されます。

次の値があります。

OK ("OK")

エラー ("Error")

機能低下 ("機能低下")

不明 ("不明")

Pred Fail ("Pred Fail")

開始 ("開始中")

停止 中 ("停止中")

サービス ("Service")

ストレス ( "ストレス")

NonRecover ("NonRecover")

連絡先なし ("連絡先なし")

Lost Comm ("Lost Comm")

StatusInfo

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("MIF.DMTF|運用状態|003.3")

論理デバイスの状態。 このプロパティが論理デバイスに適用されない場合は、値 5 (適用できません) を使用する必要があります。

このプロパティは、 CIM_LogicalDeviceから継承されます。

その他 (1)

不明 (2)

有効 (3)

無効 (4)

該当なし (5)

SystemCreationClassName

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: 伝達 ( "CIM_SystemCreationClassName")) 、CIM_Key

スコープ コンピューターの CreationClassName プロパティの値。

このプロパティは、 CIM_LogicalDeviceから継承されます。

Systemname

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: 伝達 ( "CIM_SystemName")) 、CIM_Key

スコープ システムの名前。

このプロパティは、 CIM_LogicalDeviceから継承されます。

TransferRate

データ型: real64

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win32API|ファイル参照と時刻参照")、 単位 ("キロバイト/秒")

CD-ROM ドライブの転送速度。 値 -1 は、レートを決定できないことを示します。 この場合、CD はドライブにありません。

VolumeName

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win32API|ファイル システム関数|GetVolumeInformation")

Windows CD-ROM ドライブのボリューム名。

VolumeSerialNumber

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MappingStrings ("Win32API|ファイル システム関数|GetVolumeInformation")

CD-ROM ドライブ内のメディアのボリュームシリアル番号。

例: A8C3-D032

解説

Win32_CDROMDrive クラスは、CIM_MediaAccessDeviceから派生するCIM_CDROMDriveから派生します。 CIM_MediaAccessDevice クラスは、CIM_LogicalDeviceから派生します。

次の VBScript の例では、CD が CDROM ドライブにあるかどうかを判断します。

strComputer = "."
Set objWMIService = GetObject(_
    "winmgmts:\\" & strComputer & "\root\cimv2")
Set colItems = objWMIService.ExecQuery( _
    "Select * from Win32_CDROMDrive")
For Each objItem in colItems
    Wscript.Echo "Device ID: " _
        & objItem.DeviceID
    Wscript.Echo "Media Loaded: " _
        & objItem.MediaLoaded
Next

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008
名前空間
Root\CIMV2
MOF
CIMWin32.mof
[DLL]
CIMWin32.dll

関連項目

CIM_CDROMDrive

コンピューター システム ハードウェア クラス

WMI タスク: コンピューター ハードウェア

WMI タスク: ディスクとファイル システム