指定されたユーザー

特定のユーザー (およびユーザーのパスワード) を指定することが、COM サーバーの優先 ID です。 この ID が推奨される理由は、サーバーを実行するためにサーバーが実行されているコンピューターに誰もログオンする必要がなく、サーバーがそのクラス ファクトリをマルチユースとして登録している場合、すべてのクライアントがサーバーの同じインスタンスと通信するためです。 サーバーに GUI がある場合は、この ID を選択しないでください。その場合、ユーザーはユーザー インターフェイスを表示できません。

この種類のサーバーにはプライマリ トークンがあり、起動ユーザー ID を持つサーバーがアクセスできない可能性があるリモート リソースにアクセスできます。 偽装とアクセス トークンの詳細については、「偽装 レベルクローキング」を参照してください。

この ID は特定のユーザーのパスワードを持つユーザーのみがアプリケーションに割り当てられるため、固定ユーザー アカウントとして実行する方が対話型ユーザー ID よりも安全です。

アプリケーション ID

[対話ユーザー]

ユーザーの起動

サービス ID