Share via


イメージ リスト

このセクションでは、イメージ リストで使用されるプログラミング要素について説明します。

概要

トピック 内容
イメージ リスト イメージ リストは、同じサイズのイメージのコレクションであり、各イメージはインデックスで参照できます。

関数

トピック 内容
HIMAGELIST_QueryInterface イメージ リストの HIMAGELIST ハンドルに対応する IImageList または IImageList2 オブジェクトへのポインターを取得します。
ImageList_Add イメージまたは複数のイメージをイメージ リストに追加します。
ImageList_AddMasked イメージまたは複数のイメージをイメージ リストに追加し、指定したビットマップからマスクを生成します。
ImageList_BeginDrag イメージのドラッグを開始します。
ImageList_CoCreateInstance イメージ リストの 1 つのインスタンスを作成し、そのインスタンスへのインターフェイス ポインターを返します。
ImageList_Copy 特定のイメージ リスト内のイメージをコピーします。
ImageList_Create 新しいイメージ リストを作成します。
ImageList_Destroy イメージ リストを破棄します。
ImageList_DragEnter ウィンドウ内の指定した位置にドラッグ画像を表示します。
ImageList_DragLeave 指定したウィンドウのロックを解除し、ドラッグ イメージを非表示にして、ウィンドウを更新できるようにします。
ImageList_DragMove ドラッグアンドドロップ操作中にドラッグされているイメージを移動します。 この関数は通常、WM_MOUSEMOVE メッセージに応用して呼び出されます。
ImageList_DragShowNolock ドラッグする画像を表示または非表示にします。
ImageList_Draw 指定したデバイス コンテキストでイメージ リスト アイテムを描画します。
ImageList_DrawEx 指定したデバイス コンテキストでイメージ リスト アイテムを描画します。 この関数は、指定した描画スタイルを使用し、指定した色でイメージをブレンドします。
ImageList_DrawIndirect IMAGELISTDRAWPARAMS 構造体に基づいてイメージ リスト イメージを描画します。
ImageList_Duplicate 既存のイメージ リストの複製を作成します。
ImageList_EndDrag ドラッグ操作を終了します。
ImageList_GetBkColor イメージ リストの現在の背景色を取得します。
ImageList_GetDragImage ドラッグ イメージに使用される一時イメージ リストを取得します。 また、現在のドラッグ位置と、その位置を基準とするドラッグ画像のオフセットも、この関数で取得されます。
ImageList_GetIcon イメージからアイコンを作成し、イメージ リストでマスクします。
ImageList_GetIconSize イメージ リスト内の画像の寸法を取得します。 イメージ リスト内のすべての画像は同じ寸法です。
ImageList_GetImageCount イメージ リスト内の画像数を取得します。
ImageList_GetImageInfo イメージに関する情報を取得します。
ImageList_LoadImage 指定したビットマップからイメージ リストを作成します。
ImageList_Merge 既存の 2 つのイメージを組み合わせて新しいイメージを作成します。 この関数では、イメージを格納する新しいイメージ リストも作成されます。
ImageList_Read ストリームからイメージ リストを読み取ります。
ImageList_ReadEx ストリームからイメージ リストを読み取り、イメージ リストにインターフェイスを返します。
ImageList_Remove イメージ リストからイメージを削除します。
ImageList_Replace イメージ リスト内のイメージを新しいイメージに置き換えます。
ImageList_ReplaceIcon イメージをアイコンまたはカーソルに置き換えます。
ImageList_SetBkColor イメージ リストの背景色を設定します。 この関数は、アイコンを追加するか、白黒ビットマップで ImageList_AddMasked を使用する場合にのみ機能します。 マスクがないと、画像全体が描画されます。そのため、背景色は表示されません。
ImageList_SetColorTable イメージ リストのカラー テーブルを設定します。
ImageList_SetDragCursorImage 指定したイメージ (通常はマウス カーソル イメージ) と現在のドラッグ イメージを組み合わせて、新しいドラッグ イメージを作成します。
ImageList_SetIconSize イメージ リスト内のイメージの寸法を設定し、リストからすべてのイメージを削除します。
ImageList_SetImageCount 既存のイメージ リストのサイズを変更します。
ImageList_SetOverlayImage オーバーレイ マスクとして使用するイメージの一覧に、指定したイメージを追加します。 イメージ リストでは、バージョン 4.70 以前では最大 4 個、バージョン 4.71 では最大 15 個のオーバーレイ マスクを使用できます。 この関数は、指定されたイメージにオーバーレイ マスク インデックスを割り当てます。
ImageList_Write イメージ リストをストリームに書き込みます。
ImageList_WriteEx イメージ リストをストリームに書き込みます。

マクロ

トピック 内容
ImageList_AddIcon イメージ リストにアイコンまたはカーソルを追加します。 ImageList_AddIcon は、ImageList_ReplaceIcon 関数を呼び出します。
ImageList_ExtractIcon ImageList_GetIcon 関数を呼び出し、イメージに基づいてアイコンまたはカーソルを作成し、イメージ リストにマスクします。
ImageList_LoadBitmap ImageList_LoadImage 関数を呼び出して、指定したビットマップ リソースからイメージ リストを作成します。
ImageList_RemoveAll ImageList_Remove 関数を呼び出して、イメージ リストからすべてのイメージを削除します。
INDEXTOOVERLAYMASK ImageList_Draw 関数を使用できるように、オーバーレイ マスクのインデックスを準備します。

インターフェイス

トピック 内容
IImageList イメージ リストを操作するメソッドを公開します。
IImageList を使用するには、マニフェストで Comctl32.dll バージョン 6 を指定します。 これを行わない場合は、Comctl32.dllバージョン 5 が既定で使用され、IImageList で予期しない動作が表示される場合があります。 マニフェストの詳細については、「ビジュアル スタイルを有効にする」を参照してください。

メソッド

トピック 内容
[追加] イメージまたは複数のイメージをイメージ リストに追加します。
AddMasked イメージまたは複数のイメージをイメージ リストに追加し、指定したビットマップからマスクを生成します。
BeginDrag イメージのドラッグを開始します。
複製 既存のイメージ リストを複製します。
コピー 特定のイメージ リストからイメージをコピーします。
DragEnter ドラッグ操作中に指定したウィンドウの更新をロックし、ウィンドウ内の指定位置にドラッグ イメージを表示します。
DragLeave 指定したウィンドウのロックを解除し、ドラッグ イメージを非表示にして、ウィンドウを更新できるようにします。
DragMove ドラッグアンドドロップ操作中にドラッグされているイメージを移動します。 この関数は通常、WM_MOUSEMOVE メッセージに応用して呼び出されます。
DragShowNolock ドラッグする画像を表示または非表示にします。
Draw 指定したデバイス コンテキストでイメージ リスト アイテムを描画します。
EndDrag ドラッグ操作を終了します。
GetBkColor イメージ リストの現在の背景色を取得します。
GetDragImage ドラッグ イメージに使用される一時イメージ リストを取得します。 また、現在のドラッグ位置と、その位置を基準とするドラッグ画像のオフセットも、この関数で取得されます。
GetIcon イメージからアイコンを作成し、イメージ リストでマスクします。
GetIconSize イメージ リスト内の画像の寸法を取得します。 イメージ リスト内のすべての画像は同じ寸法です。
GetImageCount イメージ リスト内の画像数を取得します。
GetImageInfo イメージに関する情報を取得します。
GetImageRect イメージの外接矩形を取得します。
GetItemFlags イメージのフラグを取得します。
GetOverlayImage オーバーレイ マスクとして使用するイメージの一覧から指定したイメージを取得します。
結合 既存の 2 つのイメージを組み合わせて新しいイメージを作成します。 このメソッドでは、イメージを格納する新しいイメージ リストも作成されます。
削除 イメージ リストからイメージを削除します。
置換 イメージ リスト内のイメージを新しいイメージに置き換えます。
ReplaceIcon イメージをアイコンまたはカーソルに置き換えます。
SetBkColor イメージ リストの背景色を設定します。 このメソッドは、イメージ リストにアイコンを追加する場合、または IImageList::AddMasked メソッドを使用して白黒ビットマップを追加する場合にのみ機能します。 マスクがないと、画像全体が描画されますが、背景色は表示されません。
SetDragCursorImage 指定したイメージ (通常はマウス カーソル イメージ) と現在のドラッグ イメージを組み合わせて、新しいドラッグ イメージを作成します。
SetIconSize イメージ リスト内のイメージの寸法を設定し、リストからすべてのイメージを削除します。
SetImageCount 既存のイメージ リストのサイズを変更します。
SetOverlayImage オーバーレイ マスクとして使用するイメージの一覧に、指定したイメージを追加します。 イメージ リストでは、Common Controls バージョン 4.70 以前では最大 4 個、バージョン 4.71 以降では最大 15 個のオーバーレイ マスクを使用できます。 このメソッドは、指定されたイメージにオーバーレイ マスク インデックスを割り当てます。

構造体

トピック 内容
IMAGEINFO イメージ リスト内のイメージに関する情報が含まれています。 この構造は IImageList::GetImageInfo 関数と併用されます。
IMAGELISTDRAWPARAMS イメージ リスト描画操作に関する情報が含まれており、IImageList::Draw 関数が使用されます。