Share via


IPStore::CreateType メソッド

[Protected Storage (Pstore) は、Windows Server 2003 および Windows XP で使用できます。 これは、Windows Server 2008 および Windows Vista の読み取り専用操作でのみ使用できますが、以降のバージョンでは使用できない場合があります。 Pstore では、データ保護の以前の実装が使用されます。 開発者は、CryptProtectData 関数と CryptUnprotectData 関数によって提供されるより強力なデータ保護を利用することを強くお勧めします。

指定した名前で指定した型を作成します。

構文

HRESULT CreateType(
  [in]       PST_KEY       Key,
  [in] const GUID          *pType,
  [in]       PPST_TYPEINFO pInfo,
  [in]       DWORD         dwFlags
);

パラメーター

キー [入力]

型がコンピューターに対してローカルであるか、作成中のユーザーにのみ関連付けられているかを指定します。

説明
PST_KEY_CURRENT_USER
0x00000000
ストレージは、レジストリの現在のユーザー セクションに保持されます。
PST_KEY_LOCAL_MACHINE
0x00000001
ストレージは、レジストリのローカル コンピューター セクションに保持されます。

 

pType [in]

ストレージのデータ型を識別する GUID へのポインター。

pInfo [in]

データ型の名前を含む PST_TYPEINFO 構造体へのポインター。

dwFlags [in]

予約済み: 0 に設定する必要があります。

戻り値

戻り値は HRESULT 値です。 PST_E_OK の値は、関数が成功したことを示します。

必要条件

要件
ヘッダー
Pstore.h
[DLL]
Pstorec.dll

関連項目

IPStore

PST_TYPEINFO