D3DXVec2TransformNormalArray 関数 (D3DX10Math.h)

注意

D3DX10 ユーティリティ ライブラリは非推奨です。 代わりに DirectXMath を使用することをお勧めします。

配列 (x、y、0、0) を特定の行列で変換します。

構文

D3DXVECTOR2* D3DXVec2TransformNormalArray(
  _Inout_       D3DXVECTOR2 *pOut,
  _In_          UINT        OutStride,
  _In_    const D3DXVECTOR2 *pV,
  _In_          UINT        VStride,
  _In_    const D3DXMATRIX  *pM,
  _In_          UINT        n
);

パラメーター

pOut [in, out]

型: D3DXVECTOR2*

操作の結果である D3DXVECTOR2 へのポインター。

OutStride [in]

型: UINT

出力データ ストリーム内のベクター間のストライド。

pV [in]

型: const D3DXVECTOR2*

ソース D3DXVECTOR2 配列へのポインター。

VStride [in]

型: UINT

入力データ ストリーム内のベクター間のストライド。

pM [in]

型: const D3DXMATRIX*

ソース D3DXMATRIX 構造体へのポインター。

n [in]

型: UINT

配列内の要素の数。

戻り値

型: D3DXVECTOR2*

変換された配列である D3DXVECTOR2 構造体へのポインター。

注釈

この関数は、pM が指す行列によってベクトル (pV-x>、pV-y>、0、0) を変換します。

法線を変換する場合、この関数に渡す行列は、ポイントの変換に使用する行列の逆の入れ替えである必要があります。

この関数の戻り値は、pOut パラメーターで返される値と同じです。 このようにして、 D3DXVec2TransformNormalArray 関数を別の関数のパラメーターとして使用できます。

要件

要件
ヘッダー
D3DX10Math.h
ライブラリ
D3DX10.lib

関連項目

数値演算関数