D3DX11CreateAsyncShaderPreprocessProcessor 関数

Note

D3DX (D3DX 9、D3DX 10、D3DX 11) ユーティリティ ライブラリは、Windows 8では非推奨となり、Windows Microsoft Store アプリではサポートされていません。 「解説」を参照してください。

シェーダーのデータ プロセッサを非同期的に作成します。

構文

HRESULT D3DX11CreateAsyncShaderPreprocessProcessor(
  _In_        LPCSTR               pFileName,
  _In_  const D3D11_SHADER_MACRO   *pDefines,
  _In_        LPD3D10INCLUDE       pInclude,
  _Out_       ID3D10Blob           **ppShaderText,
  _Out_       ID3D10Blob           **ppErrorBuffer,
  _Out_       ID3DX11DataProcessor **ppDataProcessor
);

パラメーター

pFileName [in]

型: LPCSTR

シェーダー ファイル名を含む文字列。

pDefines [in]

型: const D3D11_SHADER_MACRO*

シェーダー マクロの NULL で終わる配列。マクロを指定しない場合は NULL に設定します。

pInclude [in]

型: LPD3D10INCLUDE

インクルード インターフェイスへのポインター。インクルード ファイルがないことを指定するには、 これを NULL に設定します。

ppShaderText [out]

型: ID3D10Blob**

シェーダーの ASCII テキストを含むバッファーへのポインターのアドレス。

ppErrorBuffer [out]

型: ID3D10Blob**

コンパイル エラーを含むバッファーへのポインターのアドレス。

ppDataProcessor [out]

型: ID3DX11DataProcessor**

作成されたデータ プロセッサを含むバッファーへのポインターのアドレス ( ID3DX11DataProcessor インターフェイスを参照)。

戻り値

型: HRESULT

戻り値は、 Direct3D 11 リターン コードに記載されている値のいずれかです。

注釈

D3DX 10 および D3DX 11 の外部には非同期ローダーの実装はありません。

Windows Microsoft Store アプリの場合、DirectX サンプル (Direct3D チュートリアル サンプルなど) には、Windows ランタイム非同期プログラミング モデル (AsyncBase) を使用する BasicLoader モジュールが含まれています。

Win32 デスクトップ アプリの場合、コンカレンシー ランタイムを使用して、Windows ランタイム非同期プログラミング モデルと同様のものを実装できます。

要件

要件
ヘッダー
D3DX11async.h
ライブラリ
D3DX11.lib

こちらもご覧ください

D3DX 関数