D3DXLoadSurfaceFromFileInMemory 関数

メモリ内のファイルからサーフェスを読み込みます。

構文

HRESULT D3DXLoadSurfaceFromFileInMemory(
  _In_          LPDIRECT3DSURFACE9 pDestSurface,
  _In_    const PALETTEENTRY       *pDestPalette,
  _In_    const RECT               *pDestRect,
  _In_          LPCVOID            pSrcData,
  _In_          UINT               SrcData,
  _In_    const RECT               *pSrcRect,
  _In_          DWORD              Filter,
  _In_          D3DCOLOR           ColorKey,
  _Inout_       D3DXIMAGE_INFO     *pSrcInfo
);

パラメーター

pDestSurface [in]

種類: LPDIRECT3DSURFACE9

IDirect3DSurface9 インターフェイスへのポインター。 イメージを受け取る宛先サーフェスを指定します。

pDestPalette [in]

型: const PALETTEENTRY*

PALETTEENTRY 構造体 (256 色または NULL のコピー先パレット) へのポインター。

pDestRect [in]

型: const RECT*

RECT 構造体へのポインター。 対象の四角形が指定されます。 サーフェス全体を指定するには、このパラメーターを NULL に設定します。

pSrcData [in]

種類: LPCVOID

サーフェスの読み込み元となるメモリ内のファイルへのポインター。

SrcData [in]

型: UINT

メモリ内のファイルのサイズ (バイト単位)。

pSrcRect [in]

型: const RECT*

RECT 構造体へのポインター。 ソースの四角形が指定されます。 イメージ全体を指定するには、このパラメーターを NULL に設定します。

フィルター [入力]

型: DWORD

イメージのフィルター処理方法を制御する 1 つ以上の D3DX_FILTER の組み合わせ。 このパラメーターのD3DX_DEFAULTの指定は、D3DX_FILTER_TRIANGLE |を指定することと同じですD3DX_FILTER_DITHER。

ColorKey [in]

種類: D3DCOLOR

透明な黒に置き換える D3DCOLOR 値、またはカラーキーを無効にする場合は 0。 これは、ソース イメージ形式に関係なく、常に 32 ビット ARGB 色です。 アルファは重要であり、通常、不透明な色キーの場合は FF に設定する必要があります。 したがって、不透明な黒の場合、値は0xFF000000と等しくなります。

pSrcInfo [in, out]

種類: D3DXIMAGE_INFO*

ソース イメージ ファイルまたは NULL 内のデータの説明を入力するD3DXIMAGE_INFO構造体へのポインター。

戻り値

型: HRESULT

関数が成功した場合、戻り値はD3D_OK。 関数が失敗した場合、戻り値は次のいずれかになります:D3DERR_INVALIDCALL、D3DXERR_INVALIDDATA。

解説

この関数は、圧縮テクスチャ形式との間の変換を処理し、.bmp、.dds、.dib、.hdr、.jpg、.pfm、.png、.ppm、および .tga のファイル形式をサポートします。 「D3DXIMAGE_FILEFORMAT」を参照してください。

レベル 0 以外のサーフェスに書き込んだ場合、ダーティ四角形は更新されません。 D3DXLoadSurfaceFromFileInMemory が呼び出され、サーフェスがまだダーティでなかった場合 (通常の使用シナリオではそうはいかない)、アプリケーションはサーフェス上で AddDirtyRect を明示的に呼び出す必要があります。

要件

要件
ヘッダー
D3dx9tex.h
ライブラリ
D3dx9.lib

関連項目

D3DX 9 のテクスチャ関数