ステップ

2 つの値を比較し、どの値が大きいかに基づいて 0 または 1 を返します。

ret step(y, x)

パラメーター

Item 説明
Y
[入力]比較する最初の浮動小数点値。
X
[入力]比較する 2 番目の浮動小数点値。

戻り値

x パラメーターが y パラメーター以上の場合は 1。それ以外の場合は 0。

注釈

この関数では、次の数式を使用します。 (x>= y) ? 1 : 0. 関数は、 x パラメーターが y パラメーターより大きいかどうかに応じて 0 または 1 を返します。 0 から 1 の間のスムーズ補間を計算するには、 smoothstep HLSL 組み込み関数を使用します。

型の説明

名前 テンプレートの種類 コンポーネントの種類 サイズ
y スカラーベクター、または マトリックス float any
x 入力 y と同じ float 入力 y と同じディメンション
Ret 入力 y と同じ float 入力 y と同じディメンション

最小シェーダー モデル

この関数は、次のシェーダー モデルでサポートされています。

シェーダー モデル サポートされています
シェーダー モデル 2 (DirectX HLSL) 以降のシェーダー モデル yes
シェーダー モデル 1 (DirectX HLSL) はい (vs_1_1とps_1_4)

こちらもご覧ください

組み込み関数 (DirectX HLSL)