CBaseReferenceClock.SetTimeDelta メソッド

このメソッドは SetTimeDelta 、内部クロック時間を調整します。

構文

HRESULT SetTimeDelta(
  [ref] const REFERENCE_TIME &TimeDelta
);

パラメーター

TimeDelta [ref]

クロック時間を調整する量 (100 ナノ秒単位)。 正の値を指定するとクロックが前方に移動し、負の値を指定するとクロックが後方に移動します。

戻り値

S_OK を返します。

解説

派生クラスは、タイミング情報を提供しているデバイスからドリフトした場合に、このメソッドを使用して内部クロックを調整できます。

CBaseReferenceClock::GetTime メソッドは、小さい値を返しません。 クロックを逆方向に調整すると、 GetTime は、クロックがその値に再び達するまで前の値を返します。

要件

要件
ヘッダー
Refclock.h (ストリーム.h を含む)
ライブラリ
Strmbase.lib (リテール ビルド);
Strmbasd.lib (デバッグ ビルド)

関連項目

CBaseReferenceClock クラス