CRendererPosPassThru クラス

crendererpospassthru class hierarchy

このクラスは CRendererPosPassThru 、レンダラー フィルターのシーク コマンドを、次のフィルターに上流に渡すことによって処理します。

このクラスは CPosPassThru クラスから派生します。 サンプルの到着時にタイム スタンプをキャッシュするためのサポートが追加されます。 このクラスは 、CPosPassThru クラスと同じ方法で使用します。 詳細については、 CPosPassThru のドキュメントを参照してください。

レンダラー フィルターは、次のように、オブジェクトのキャッシュされたタイム スタンプを更新 CRendererPosPassThru する必要があります。

このクラスの使用方法の例については、 CBaseRenderer のソース コードを参照してください。

パブリック メソッド 説明
CRendererPosPassThru コンストラクター メソッド。
GetMediaTime 現在のサンプルのタイム スタンプを取得します。
RegisterMediaTime 現在のサンプルのタイム スタンプをキャッシュします。
ResetMediaTime キャッシュされたタイム スタンプを 0 にリセットします。
EOS ストリームの終了通知の後にキャッシュされたタイム スタンプを更新します。

要件

要件
ヘッダー
Ctlutil.h (ストリーム.h を含む)
ライブラリ
Strmbase.lib (リテール ビルド);
Strmbasd.lib (デバッグ ビルド)