Share via


エラー処理パラメーター

適用対象: Windows |Windows Server

エラー処理パラメーター

このトピックには、エラー処理に使用されるパラメーターが含まれています。

JET_paramErrorToString 70

このパラメーターは、 JET_ERR を文字列に変換するために使用できます。 これは 、JetGetSystemParameter の特別な呼び出しを使用して行われます。この場合、整数出力バッファーには変換される JET_ERR 値が (入力パラメーターとして) 含まれており、文字列出力バッファーは一致するエラー文字列を返します。 文字列は、"JET_errSuccess、成功した操作" のようになります。 文字列は、文字列のシンボリック名、コンマ、エラーの単純なテキスト説明で構成されます。 説明文字列自体にコンマを含める場合があります。 エラーが認識されない場合、文字列は "不明なエラー、不明なエラー" になります。

メモ このパラメーターは読み取り専用です。

Label

既定値:

Special

型:

Special

有効な範囲:

Special

スコープ:

グローバル

JetCreateInstance の後に設定します。

いいえ

JetInit の後に設定します。

いいえ

物理レイアウトに影響を与える:

いいえ

信頼性に影響します。

いいえ

パフォーマンスに影響します。

いいえ

リソースに影響します。

いいえ

可用性:

All

JET_paramExceptionAction
98

このパラメーターは、データベース エンジンまたはデータベース エンジンによって呼び出されるコードによって例外がスローされた場合の動作を制御します。 JET_ExceptionMsgBoxに設定すると、Windows のハンドルされない例外フィルターに例外がスローされます。 これにより、アプリケーションエラーとして例外が処理されます。 この目的は、データベース エンジンによって生成された例外をアプリケーション コードが誤ってキャッチして無視することを防ぐことです。 データベースの破損が発生する可能性があるため、これを許可できません。 アプリケーションでこれらの例外を適切に処理する場合は、このパラメーターを JET_ExceptionNone に設定することで保護を無効にすることができます。

Label

既定値:

JET_ExceptionMsgBox

型:

整数

有効な範囲:

JET_ExceptionMsgBox、JET_ExceptionNone

スコープ:

グローバル

JetCreateInstance の後に設定します。

Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003: いいえ

Windows Vista: はい

JetInit の後に設定します。

Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003: いいえ

Windows Vista: はい

物理レイアウトに影響を与える:

いいえ

信頼性に影響します。

はい

パフォーマンスに影響します。

いいえ

リソースに影響します。

いいえ

可用性:

All

要件

要件

Client

Windows Vista、Windows XP、または Windows 2000 Professional が必要です。

[サーバー]

Windows Server 2008、Windows Server 2003、または Windows 2000 Server が必要です。

Header

Esent.h で宣言されています。

参照

エラー処理定数
拡張可能ストレージ エンジンのエラー コード
JetCreateInstance
JET_ERR
JetInit