Share via


デバイス コンテキスト関数

次の関数は、デバイス コンテキストで使用されます。

機能 説明
CancelDC 指定したデバイス コンテキストで保留中の操作を取り消します。
ChangeDisplaySettings 既定のディスプレイ デバイスの設定を、指定したグラフィックス モードに変更します。
ChangeDisplaySettingsEx 指定したディスプレイ デバイスの設定を、指定したグラフィックス モードに変更します。
CreateCompatibleDC 指定したデバイスと互換性のあるメモリ デバイス コンテキストを作成します。
CreateDC 指定した名前を使用して、デバイスのデバイス コンテキストを作成します。
CreateIC 指定したデバイスの情報コンテキストを作成します。
DeleteDC 指定したデバイス コンテキストを削除します。
DeleteObject 論理ペン、ブラシ、フォント、ビットマップ、領域、またはパレットを削除し、オブジェクトに関連付けられているすべてのシステム リソースを解放します。
DeviceCapabilities プリンター デバイス ドライバーの機能を取得します。
DrawEscape グラフィックス デバイス インターフェイスを介して直接使用できない、指定されたビデオ ディスプレイの描画機能を提供します。
EnumDisplayDevices システム内のディスプレイ デバイスに関する情報を取得します。
EnumDisplaySettings ディスプレイ デバイスのグラフィックス モードの 1 つに関する情報を取得します。
EnumDisplaySettingsEx ディスプレイ デバイスのグラフィックス モードの 1 つに関する情報を取得します。
EnumObjects 指定したデバイス コンテキストで使用できるペンまたはブラシを列挙します。
EnumObjectsProc EnumObjects 関数で使用されるアプリケーション定義のコールバック関数。
GetCurrentObject 指定したデバイス コンテキストで選択されている、指定した型のオブジェクトへのハンドルを取得します。
Getdc 指定したウィンドウのクライアント領域または画面全体のディスプレイ デバイス コンテキストへのハンドルを取得します。
GetDCBrushColor 指定したデバイス コンテキストの現在のブラシの色を取得します。
GetDCEx 指定したウィンドウのクライアント領域または画面全体のディスプレイ デバイス コンテキストへのハンドルを取得します。
GetDCOrgEx 指定したデバイス コンテキストの最終的な変換元を取得します。
GetDCPenColor 指定したデバイス コンテキストの現在のペンの色を取得します。
GetDeviceCaps 指定したデバイスのデバイス固有の情報を取得します。
GetLayout デバイス コンテキストのレイアウトを取得します。
GetObject 指定したグラフィックス オブジェクトの情報を取得します。
GetObjectType 指定したオブジェクトの型を取得します。
GetStockObject いずれかのストック ペン、ブラシ、フォント、またはパレットへのハンドルを取得します。
Releasedc デバイス コンテキストを解放し、他のアプリケーションで使用できるようにします。
ResetDC 指定した情報を使用して、指定したプリンターまたはプロッターのデバイス コンテキストを更新します。
RestoreDC デバイス コンテキストを指定した状態に復元します。
SaveDC 選択したオブジェクトとグラフィック モードを記述するデータをコンテキスト スタックにコピーして、指定したデバイス コンテキストの現在の状態を保存します。
Selectobject 指定したデバイス コンテキストにオブジェクトを選択します。
SetDCBrushColor 現在のデバイス コンテキスト ブラシの色を、指定した色の値に設定します。
SetDCPenColor 現在のデバイス コンテキスト ペンの色を、指定した色の値に設定します。
SetLayout デバイス コンテキストのレイアウトを設定します。
WindowFromDC デバイス コンテキストに関連付けられているウィンドウへのハンドルを返します。