Msvm_VirtualSystemManagementService クラス

1 つのホスト システムに存在する仮想化サービスを表します。 Msvm_VirtualSystemManagementService は、仮想マシンの定義、変更、削除を制御するために使用されます。 また、仮想マシンの複製、スナップショット作成、仮想マシンのインポートまたはエクスポートなど、仮想マシンに対して操作を実行する方法もあります。 仮想マシンごとの情報を取得するには、 Msvm_ComputerSystemを使用します。

次の構文は、簡略化されたマネージド オブジェクト形式 (MOF) コードであり、継承されたすべてのプロパティが含まれています。

構文

[Dynamic, Provider("VmmsWmiInstanceAndMethodProvider"), AMENDMENT]
class Msvm_VirtualSystemManagementService : CIM_VirtualSystemManagementService
{
  string   InstanceID;
  string   Caption = "Virtual System Management Service";
  string   Description = "Service for creating, manipulating, and managing virtual machines";
  string   ElementName = "Hyper-V Virtual System Management Service";
  datetime InstallDate;
  string   Name = "vmms";
  uint16   OperationalStatus[] = { 2 };
  string   StatusDescriptions[] = { "The service is running normally" };
  string   Status;
  uint16   HealthState = 5;
  uint16   CommunicationStatus;
  uint16   DetailedStatus;
  uint16   OperatingStatus;
  uint16   PrimaryStatus;
  uint16   EnabledState = 2;
  string   OtherEnabledState;
  uint16   RequestedState = 12;
  uint16   EnabledDefault = 2;
  datetime TimeOfLastStateChange;
  uint16   AvailableRequestedStates[];
  uint16   TransitioningToState;
  string   SystemCreationClassName = "Msvm_ComputerSystem";
  string   SystemName;
  string   CreationClassName = "Msvm_VirtualSystemManagementService";
  string   PrimaryOwnerName;
  string   PrimaryOwnerContact;
  string   StartMode;
  boolean  Started = True;
};

メンバー

Msvm_VirtualSystemManagementService クラスには、次の種類のメンバーがあります。

メソッド

Msvm_VirtualSystemManagementService クラスには、これらのメソッドがあります。

メソッド 説明
AddBootSourceSettings "状態" の仮想システム構成に適用されると、仮想システム構成にブート ソースを追加します。
AddFeatureSettings 仮想マシンのイーサネット接続の構成にイーサネット機能の設定を追加します。
AddFibreChannelChap 仮想マシンの合成ファイバー チャネル ポートに DH-CHAP パラメーターを追加します。
AddGuestServiceSettings 仮想システム構成にゲスト サービス設定を追加します。
"現在の" 仮想システム構成の一部に適用される場合、アクティブな仮想システムの副作用ゲスト サービスとして変更される可能性があります。
AddKvpItems キーと値のペアを仮想マシンに追加します。
AddResourceSettings 仮想マシンの構成にリソースを追加します。
AddSystemComponentSettings 仮想システム構成に汎用設定を追加します。
DefinePlannedSystem 計画された仮想システムを定義します。
完全に指定されていない入力は、既定値で入力できます。
DefineSystem 新しい仮想マシン定義を作成します。
DestroySystem 既存の仮想マシン定義を削除します。
DiagnoseNetworkConnection Windowsネットワーク仮想化環境での VM のネットワーク接続を診断します。
ExportSystemDefinition 仮想マシンまたは仮想マシンのスナップショットをファイルにエクスポートします。
FormatError 埋め込み Msvm_Error インスタンスの指定した配列の書式設定されたエラー メッセージ文字列を返します。
GenerateWwpn ワールド ワイド ポート名 (WWPN) のセットを生成します。
GetCurrentWwpnFromGenerator WWPN を予約せずに、現在のワールド ワイド ポート名 (WWPN) をプレビューする機能を提供します。
GetDefinitionFileSummaryInformation 指定した仮想マシン定義ファイルの仮想マシンの概要情報を返します。
GetSizeOfSystemFiles 仮想マシンのシステム ファイルの合計サイズを取得します。
GetSummaryInformation 仮想マシンの概要情報を返します。
GetVirtualSystemThumbnailImage 既存の仮想マシンのサムネイル 画像を取得します。
ImportSnapshotDefinitions 指定したフォルダーで、指定した計画済みコンピューター システムに関連付けられているスナップショット定義ファイルを検索し、この場所に関連付けられているすべての定義ファイルについて、計画されたコンピューター システムに新しいスナップショットを作成します。
ImportSystemDefinition 指定した仮想マシン定義に基づいて、新しい計画済みコンピューター システムを作成します。
ModifyDiskMergeSettings ディスク マージ設定データを変更します。
ModifyFeatureSettings 仮想マシン イーサネット接続の現在の機能設定を変更します。
ModifyGuestServiceSettings ゲスト サービスの設定を変更します。
"現在の" 仮想システム構成の一部に適用される場合、アクティブな仮想システムの副作用ゲスト サービスとして変更される可能性があります。
ModifyKvpItems 仮想マシン上の既存のキーと値のペアを変更します。
ModifyResourceSettings 仮想リソースの設定を変更します。
ModifyServiceSettings サービスの設定データを変更します。
ModifySystemComponentSettings 汎用システム コンポーネントの設定を変更します。
ModifySystemSettings 仮想マシンの設定を変更します。
RealizePlannedSystem 計画された仮想マシンの構成を検証し、実現された仮想マシンに変換します。
RemoveBootSourceSettings 仮想システム構成から仮想リソース設定を削除します。
"現在の" 仮想システム構成の一部に適用すると、アクティブな仮想システムの副作用リソースが削除される可能性があります。
RemoveFeatureSettings 仮想マシンのイーサネット接続から機能設定を削除します。
RemoveFibreChannelChap 仮想マシンの合成ファイバー チャネル ポートから DH-CHAP パラメーターを削除します。
RemoveGuestServiceSettings 仮想システム構成からゲスト サービス設定を削除します。
"現在の" 仮想システム構成の一部に適用される場合、アクティブな仮想システムの副作用ゲスト サービスとして変更される可能性があります。
RemoveKvpItems 仮想マシンから既存のキーと値のペアを削除します。
RemoveResourceSettings 仮想マシンの構成から仮想リソース設定を削除します。
RemoveSystemComponentSettings 仮想システム構成から汎用コンポーネント設定を削除します。
RequestStateChange このメソッドはサポートされていません。
SetGuestNetworkAdapterConfiguration ゲスト オペレーティング システム内でネットワーク アダプターを構成します。
SetInitialMachineConfigurationData VM の初期マシン構成データを設定します。
StartService このメソッドはサポートされていません。
Stopservice このメソッドはサポートされていません。
TestNetworkConnection Windows ネットワーク仮想化環境での VM のネットワーク接続をテストします。
UpgradeSystemVersion 仮想システムをアップグレードします。
"現在の" 仮想システム構成のシステム設定に適用される場合
ValidatePlannedSystem 指定した計画システムを検証します。

プロパティ

Msvm_VirtualSystemManagementService クラスには、これらのプロパティがあります。

AvailableRequestedStates

データ型: uint16 配列

アクセスの種類: 読み取り専用

RequestStateChange メソッドの RequestedState パラメーターで使用できる値を示します。 このプロパティは CIM_EnabledLogicalElementから継承され、常に Null に設定されます。

Caption

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

オブジェクトの簡単な説明。 このプロパティは CIM_ManagedElementから継承され、常に "Hyper-V 仮想システム管理サービス" に設定されます。

CommunicationStatus

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

インストルメンテーションが基になるマネージド要素と通信する機能を示します。 Null 値は、このプロパティが実装されていないことを示します。 このプロパティは、 CIM_ManagedSystemElementから継承されます。

不明 (0)

利用できません (1)

通信 OK (2)

コミュニケーションの喪失 (3)

連絡先なし (4)

DMTF 予約済み (..)

ベンダー予約済み (0x8000.. )

CreationClassName

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: KeyMaxLen ( 256)

インスタンスの作成で使用されるクラスまたはサブクラスの名前。 このプロパティは CIM_Serviceから継承され、常に "Msvm_VirtualSystemManagementService" に設定されます。

説明

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

オブジェクトの説明。 このプロパティは CIM_ManagedElementから継承され、常に "仮想マシンの作成、操作、管理のためのサービス" に設定されます。

DetailedStatus

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

PrimaryStatus プロパティの状態の詳細を補完します。 Null 値は、このプロパティが実装されていないことを示します。 このプロパティは、 CIM_ManagedSystemElementから継承されます。

使用できません (0)

追加情報なし (1)

ストレス ( 2)

予測エラー (3)

回復不可能なエラー (4)

エラーのサポート エンティティ (5)

DMTF 予約済み (..)

ベンダー予約済み (0x8000.. )

ElementName

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

オブジェクトの表示名。 このプロパティは CIM_ManagedElementから継承され、常に "Hyper-V 仮想システム管理サービス" に設定されます。

EnabledDefault

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

要素の有効な状態に対する管理者の既定またはスタートアップ構成。 このプロパティは CIM_EnabledLogicalElementから継承され、常に 2 (有効) に設定されます。

意味
2
Enabled

EnabledState

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

要素の有効および無効の状態。 このプロパティは、これらの要求された状態間の遷移を示すこともできます。 このプロパティは CIM_EnabledLogicalElementから継承され、常に 2 (有効) に設定されます。

意味
2
Enabled

HealthState

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

要素の現在の正常性。 この属性は、この要素の正常性を表しますが、必ずしもサブコンポーネントの正常性を表すわけではありません。 指定できる値は 0 から 30 で、5 は要素が完全に正常であることを意味し、30 は要素が完全に非機能であることを意味します。 このプロパティは CIM_ManagedSystemElementから継承され、常に 5 (OK) に設定されます。

意味
5
正常性状態は正常です。

InstallDate

データ型: datetime

アクセスの種類: 読み取り専用

仮想マシンの構成が作成された日時。 このプロパティは、 CIM_ManagedSystemElementから継承されます。

InstanceID

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: キー

このクラスのインスタンスを一意に識別します。 このプロパティは、 CIM_ManagedElementから継承されます。

名前

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: KeyMaxLen ( 256)

オブジェクトが認識されるラベル。 このプロパティは CIM_ManagedSystemElementから継承され、常に "vmms" に設定されます。

OperatingStatus

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

要素の操作条件の現在の状態情報を提供し、 EnabledState プロパティの値に関してより詳細な情報を提供するために使用できます。 Null 値は、このプロパティが実装されていないことを示します。 このプロパティは、 CIM_ManagedSystemElementから継承されます。

不明 (0)

利用できません (1)

サービス (2)

開始 (3)

停止中 (4)

停止 ( 5)

中止 ( 6)

休止状態 (7)

完了 (8)

移行 ( 9)

移住 (10)

Immigrating (11)

スナップショット処理 (12)

シャットダウン (13)

In Test (14)

切り替え (15)

In Service (16)

DMTF 予約済み (..)

ベンダー予約済み (0x8000.. )

OperationalStatus

データ型: uint16 配列

アクセスの種類: 読み取り専用

オブジェクトの現在の状態。 このプロパティは CIM_ManagedSystemElementから継承され、各配列要素は常に 2 (OK) に設定されます。

OtherEnabledState

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

EnabledState プロパティが 1 ("Other") に設定されている場合の要素の有効または無効の状態を表す文字列。 EnabledState が 1 以外の値の場合、このプロパティは Null に設定する必要があります。 このプロパティは CIM_EnabledLogicalElementから継承され、常に Null に設定されます。

PrimaryOwnerContact

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MaxLen ( 256 )

サービスのプライマリ所有者に到達する方法に関する情報 (電話番号、電子メール アドレスなど)。 このプロパティは CIM_Serviceから継承され、常に Null に設定されます。

PrimaryOwnerName

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MaxLen ( 64 )

サービスのプライマリ所有者の名前 (定義されている場合)。 プライマリ所有者は、サービスの最初のサポート連絡先です。 このプロパティは CIM_Serviceから継承され、常に Null に設定されます。

PrimaryStatus

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

高レベルの状態情報を提供します。 このプロパティは、要素とそのサブコンポーネントの高レベルで詳細な正常性状態を提供するために 、DetailedStatus プロパティと組み合わせて使用する必要があります。 Null 値は、このプロパティが実装されていないことを示します。 このプロパティは、 CIM_ManagedSystemElementから継承されます。

不明 (0)

OK (1)

機能低下 (2)

エラー (3)

DMTF 予約済み (..)

ベンダー予約済み (0x8000.. )

RequestedState

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

要素に対して最後に要求された状態または目的の状態。 要素の実際の状態は EnabledState で表されます。 このプロパティは、要素の最後に要求された状態と現在の状態を比較するために提供されます。 CIM_EnabledLogicalElement クラスの特定のインスタンスが RequestedState プロパティをサポートしていない場合があります。 この場合は、値 12 ("Not Applicable") が使用されます。 このプロパティは CIM_EnabledLogicalElementから継承され、常に 12 (適用されません) に設定されます。

意味
12
適用不可。

Started

データ型: ブール値

アクセスの種類: 読み取り専用

サービスが現在実行されているかどうかを示します。 このプロパティは CIM_Serviceから継承され、常に True に設定されます。

StartMode

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: MaxLen ( 10 )

サービスがシステム、オペレーティング システム、または要求時にのみ開始されるかどうかを示す文字列値。 このプロパティは CIM_Serviceから継承され、常に Null に設定されます。

状態

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

このプロパティは CIM_ManagedSystemElementから継承されますが、使用されません。

StatusDescriptions

データ型: 文字列 配列

アクセスの種類: 読み取り専用

さまざまな OperationalStatus 配列値を記述する文字列。 このプロパティは CIM_ManagedSystemElementから継承され、各配列要素は常に "サービスが正常に実行されています" に設定されます。

SystemCreationClassName

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: KeyMaxLen ( 256)

スコープ システムの作成クラス名。 このプロパティは CIM_Serviceから継承され、常に "Msvm_ComputerSystem" に設定されます。

Systemname

データ型: 文字列

アクセスの種類: 読み取り専用

修飾子: KeyMaxLen ( 256)

ホスト コンピューター システムの NetBIOS 名。 このプロパティは、 CIM_Serviceから継承されます。

TimeOfLastStateChange

データ型: datetime

アクセスの種類: 読み取り専用

要素の有効な状態が最後に変更された日時。 このプロパティは、 CIM_EnabledLogicalElementから継承されます。

TransitioningToState

データ型: uint16

アクセスの種類: 読み取り専用

インスタンスの移行先のターゲットの状態を示します。 このプロパティは CIM_EnabledLogicalElementから継承され、常に Null に設定されます。

注釈

MSVM_VIRTUALSYSTEMMANAGEMENTSERVICE クラスへのアクセスは、UAC フィルター処理によって制限される場合があります。 詳細については、「 ユーザー アカウント制御と WMI」を参照してください。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 8 [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2012 [デスクトップ アプリのみ]
名前空間
Root\Virtualization\V2
MOF
WindowsVirtualization.V2.mof
[DLL]
Vmms.exe

こちらもご覧ください

CIM_VirtualSystemManagementService

CIM_VirtualSystemManagementService

Msvm_VirtualSystemManagementService (V1)

仮想システム管理クラス