Msvm_VirtualSystemManagementService クラスの RequestStateChange メソッド

状態の変更を要求します。

構文

uint32 RequestStateChange(
  [in]  uint16              RequestedState,
  [out] CIM_ConcreteJob REF Job,
  [in]  datetime            TimeoutPeriod
);

パラメーター

RequestedState [in]

新しい状態です。 RequestStateChange メソッドの戻りコードが 0 または 4096 の場合、情報はインスタンスの RequestedState プロパティに配置されます。 詳細については、要素の EnabledState プロパティと RequestedState プロパティの説明を参照してください。 これは、次のいずれかの値である必要があります。

有効 (2)

無効 (3)

シャットダウン (4)

オフライン (6)

テスト (7)

延期 (8)

休止 (9)

再起動 (10)

リセット (11)

DMTF 予約済み (..)

ベンダー予約済み (32768..65535)

ジョブ [out]

メソッド呼び出しによって開始された状態遷移を追跡するために作成された CIM_ConcreteJob への参照を含めることができます。

TimeoutPeriod [in]

クライアントが新しい状態への移行に要する最大時間を指定するタイムアウト期間。 タイムアウト期間を指定するには、間隔形式を使用する必要があります。 値 0 または Null は、クライアントに移行の時間要件がないことを示します。 このプロパティに 0 または Null が含まれていない場合、実装でこのパラメーターがサポートされていない場合は、戻りコード 4098 (サポートされていないタイムアウト パラメーターの使用) を返す必要があります。

戻り値

このメソッドは、次のいずれかの値を返します。

エラーなしで完了しました (0)

サポートされていません (1)

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 8.1
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2012 R2
名前空間
Root\virtualization\v2
MOF
WindowsVirtualization.V2.mof
[DLL]
Vmms.exe

こちらもご覧ください

Msvm_VirtualSystemManagementService