WM_KILLFOCUS メッセージ

キーボード フォーカスが失われる直前にウィンドウに送信されます。

#define WM_KILLFOCUS                    0x0008

パラメーター

wParam

キーボード フォーカスを受け取るウィンドウへのハンドル。 このパラメーターは、NULL でもかまいません。

lParam

このパラメーターは使用されません。

戻り値

このメッセージを処理する場合、アプリケーションは 0 を返す必要があります。

注釈

アプリケーションでキャレットが表示されている場合は、この時点でキャレットを破棄する必要があります。

このメッセージの処理中に、ウィンドウを表示またはアクティブ化する関数呼び出しを行わないでください。 これにより、スレッドが制御を生成し、アプリケーションがメッセージへの応答を停止する可能性があります。 詳細については、「 メッセージのデッドロック」を参照してください。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー
Winuser.h (Windows.h を含む)

関連項目

参照

SetFocus

WM_SETFOCUS

概念

キーボード入力