Share via


WM_NCMBUTTONUP メッセージ

カーソルがウィンドウの非クライアント領域内にあるときに、マウスの中央ボタンを解放すると投稿されます。 このメッセージは、カーソルを含むウィンドウに投稿されます。 ウィンドウがマウスを取り込んだ場合、このメッセージは投稿されません。

ウィンドウは、WindowProc 関数を介してこのメッセージを受け取ります。

#define WM_NCMBUTTONUP                  0x00A8

パラメーター

wParam

WM_NCHITTEST メッセージを処理した結果として、DefWindowProc 関数によって返されたヒットテスト値。 ヒットテスト値の一覧については、WM_NCHITTEST に関するページを参照してください。

lParam

カーソルの x 座標と y 座標を含む POINTS 構造体。 座標は、画面の左上隅を起点とした相対座標です。

戻り値

アプリケーションでこのメッセージを処理する場合は、0 を返す必要があります。

解説

GET_X_LPARAM マクロと GET_Y_LPARAM マクロを使って、lParam から x 座標と y 座標の値を抽出することもできます。

xPos = GET_X_LPARAM(lParam); 
yPos = GET_Y_LPARAM(lParam); 

重要

LOWORD マクロまたは HIWORD マクロを使ってカーソル位置の x 座標と y 座標を抽出しないでください。これらのマクロは、複数のモニターを持つシステム上で正しくない結果を返します。 複数のモニターを持つシステムは、負の x 座標と y 座標を持つ場合があり、LOWORDHIWORD は座標を符号なし数量として扱います。

そうすることが適切な場合は、システムで WM_SYSCOMMAND メッセージがウィンドウに送信されます。

要件

要件 Value
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー
Winuser.h (Windowsx.h を含む)

関連項目

リファレンス

DefWindowProc

GET_X_LPARAM

GET_Y_LPARAM

WM_NCHITTEST

WM_NCMBUTTONDBLCLK

WM_NCMBUTTONDOWN

WM_SYSCOMMAND

Conceptual

マウス入力

その他のリソース

MAKEPOINTS

POINTS