MediaRenderer クラス

DLNA デジタル メディア レンダラー (DMR) デバイスを表す IMediaRenderer インターフェイスを実装します。

MediaRenderer には、次の種類のメンバーがあります。

メソッド

MediaRenderer クラスには、これらのメソッドがあります。

メソッド 説明
add_RenderingParametersUpdate RenderingParametersUpdate イベントのイベント ハンドラーを登録します。
add_TransportParametersUpdate TransportParametersUpdate イベントのイベント ハンドラーを登録します。
GetMuteAsync DMR に非同期的にクエリを実行して、オーディオが現在ミュートされているかミュートされていないかを判断します。
GetPositionInformationAsync DMR に対して非同期的にクエリを実行して、位置情報を取得します。
GetTransportInformationAsync DMR に非同期的にクエリを実行して、トランスポート情報を取得します。
GetVolumeAsync DMR に対して、現在のオーディオ ボリューム レベルについて非同期的にクエリを実行します。
PauseAsync 現在のコンテンツの再生を一時停止するように DMR に非同期的に指示します。
PlayAsync SetSourceFromUriAsync、SetSourceFromStreamAsync、または SetSourceFromMediaSourceAsync メソッドを呼び出して指定されたコンテンツを再生するように DMR に非同期的指示します。
PlayAtSpeedAsync 指定したレートで SetSourceFromUriAsync、SetSourceFromStreamAsync、または SetSourceFromMediaSourceAsync メソッドを呼び出して指定されたコンテンツを再生するように DMR 非同期的に指示します。
remove_RenderingParametersUpdate RenderingParametersUpdate イベントのイベント ハンドラーの登録を解除します。
remove_TransportParametersUpdate TransportParametersUpdate イベントのイベント ハンドラーの登録を解除します。
SeekAsync 特定のタイム オフセットをシークするように DMR に非同期的に指示します。
SetMuteAsync 音声をミュートまたはミュート解除するように DMR に非同期的に指示します。
SetNextSourceFromMediaSourceAsync 現在のコンテンツの再生が完了したら、指定したコンテンツを再生用に準備するように DMR に非同期的に指示します。
SetNextSourceFromStreamAsync 現在のコンテンツの再生が完了したら、指定したメディア ストリームを再生用に準備するように DMR に非同期的に指示します。
SetNextSourceFromUriAsync 現在のコンテンツの再生が完了したら、指定した URI で識別されたコンテンツを再生用に準備するように DMR に非同期的に指示します。
SetSourceFromMediaSourceAsync 指定したコンテンツを再生用に準備するように DMR に非同期的に指示します。
SetSourceFromStreamAsync 現在のコンテンツの再生が完了したら、指定したメディア ストリームを再生用に準備するように DMR に非同期的に指示します。
SetSourceFromUriAsync 指定した URI で識別されたコンテンツを再生用に準備するように、DMR に非同期的に指示します。
SetVolumeAsync DMR のオーディオ ボリューム レベルを、指定した値に非同期的に設定します。
StopAsync 現在のコンテンツの再生を停止するように DMR に非同期的に指示します。

プロパティ

MediaRenderer クラスには、これらのプロパティがあります。

プロパティ アクセスの種類 説明
ActionInformation
読み取り専用
DMR で現在呼び出すことができるメソッドに関する情報を取得します。
IsAudioSupported
読み取り専用
DMR がオーディオ コンテンツを再生できるかどうかを示す値を取得します。
IsImageSupported
読み取り専用
DMR がイメージを表示できるかどうかを示す値を取得します。
IsVideoSupported
読み取り専用
DMR がビデオ コンテンツを再生できるかどうかを示す値を取得します。