Share via


/prefix switch

/prefix スイッチは、クライアントまたはサーバー スタブ ルーチン名にプレフィックス文字列を追加するように MIDL コンパイラに指示します。 これを使用すると、クライアント側とサーバー側のルーチン名が互いに競合することなく、1 つのプログラムを同じインターフェイスのクライアントとサーバーの両方にすることができます。

midl /prefix { client | cstub | server | sstub | switch | all }

スイッチ オプション

クライアント

クライアント スタブ ルーチン名にのみ影響します。

cstub

クライアントと同じです。 クライアント スタブ ルーチン名にのみ影響します。

サーバー

サーバー スタブ ルーチンによって呼び出されるルーチン名にのみ影響します。

sstub

サーバーと同じです。 サーバー スタブ ルーチンによって呼び出されるルーチン名にのみ影響します。

スイッチ

ヘッダー ファイルに追加された追加のプロトタイプに影響します。

すべての

クライアントとサーバーの両方のスタブ ルーチン名に影響します。

注釈

クライアント側ルーチンのプレフィックスがサーバー側ルーチンのプレフィックスと異なる場合、生成されるヘッダー ファイルには、クライアント側ルーチン プロトタイプとサーバー側ルーチン プロトタイプの両方が含まれます。

/prefix スイッチは、1 つのヘッダー ファイルを MIDL コンパイラの複数の実行のスタブと共に使用する場合に便利です。 これにより、ヘッダー ファイルに追加のルーチン プロトタイプが強制されます。

いずれの場合も、クライアント、サーバー、スイッチのプレフィックスは、すべてのプレフィックスをオーバーライドします。

midl /prefix クライアント "c_" サーバー "s_"

midl /prefix all "moo_"

midl /prefix クライアント "bark_"

関連項目

一般的な MIDL コマンド ライン構文