uuid 属性

[uuid] インターフェイス属性は、インターフェイスに割り当てられ、他のインターフェイスと区別される汎用一意識別子 (UUID) を指定します。

uuid (string-uuid) 
uuid ("string-uuid")

パラメーター

string-uuid

8 桁の 16 進数とハイフン、4 桁の 16 進数の 3 つのグループ、ハイフン、12 桁の 16 進数で構成される文字列を指定します。 MIDL コンパイラ スイッチ /osf を使用する場合を除き、UUID 文字列を引用符で囲むことができます。

注釈

ランタイム ライブラリは 、[uuid] 属性が指定するインターフェイス UUID を使用して、クライアント アプリケーションとサーバー アプリケーション間の通信を確立します。 [uuid] 属性は、RPC インターフェイスまたは COM インターフェイスのインターフェイス属性リストに表示できます。

RPC インターフェイスの場合、インターフェイス属性リストには [uuid] 属性または [local] 属性のいずれかが含まれている必要があり、選択した属性は 1 回だけ実行する必要があります。 リストに [uuid] 属性が含まれている場合は、[version]属性を含めることもできます。

COM インターフェイス ( [オブジェクト] インターフェイス属性で識別される) の場合、インターフェイス属性リストには [uuid] 属性が含まれている必要がありますが、[ version] 属性を含めることはできません。 [uuid] 属性が存在する場合でも、COM インターフェイスの一覧に [local] 属性を含めることができます。

Microsoft RPC では、DCE IDL の拡張がサポートされており、UUID を二重引用符 ("" "") で囲むことができます。 UUID 番号を浮動小数点数として解釈する C コンパイラ プリプロセッサには、引用符で囲まれた形式が必要です。

一意性を保証するために、すべての UUID 値をコンピューターで生成する必要があります。 Uuidgen ユーティリティを使用して、一意の UUID 値を生成します。

インターフェイスの UUID とバージョン番号は、クライアントがサーバーにバインドできるかどうかを判断するために使用されます。 クライアントがサーバーにバインドするには、クライアント インターフェイスとサーバー インターフェイスで指定された UUID が同じである必要があります。

属性のないインターフェイスは、ベース IDL ファイルにインポートできることに注意してください。 ただし、インターフェイスには、プロシージャのないデータ型のみを含める必要があります。 1 つのプロシージャがインターフェイスに含まれている場合は、ローカル属性または UUID 属性を指定する必要があります。

uuid(6B29FC40-CA47-1067-B31D-00DD010662DA) 
 
uuid("6B29FC40-CA47-1067-B31D-00DD010662DA")

関連項目

インターフェイス定義 (IDL) ファイル

インターフェイス

地元の

オブジェクト

/osf

version