インターネットからのパッチのダウンロードとインストール

Microsoft Windows インストーラーは、修正プログラムの有効なソースとして Uniform Resource Locator (URL) を受け入れます。 Web サーバー https://MyWeb/MyPatch.mspにあるパッチをインストールするには、次のコマンド ラインを使用します。

msiexec /p https://MyWeb/MyPatch.msp

予期しない結果を回避するには、パッチ ファイルの URL を示す Web ページのリンクをクリックしてパッチを起動しないでください。 次のようなスクリプトを使用してパッチをインストールすることもできます。

<SCRIPT LANGUAGE="VBScript"> 
<!-- 
Dim Installer
On Error Resume Next
set Installer=CreateObject("WindowsInstaller.Installer")
Installer.ApplyPatch "https://server/share/patch.msp", "", 0, "REINSTALL=ALL REINSTALLMODE=omus"
set Installer=Nothing
-->
</SCRIPT>

インストーラー オブジェクトはユーザーのコンピューター上で SafeForScripting としてマークされていないため、ユーザーは、例が正しく動作するようにブラウザーのセキュリティ設定を調整する必要があることに注意してください。

詳細については、「セキュリティで保護されたインストールとデジタル署名を作成するためのガイドラインおよび「Windows インストーラー」を参照してください。

パッチ パッケージ

パッチ パッケージの作成

カスタマイズされたアプリケーションに修正プログラムを適用する

インターネットからインストールをダウンロードする