Orca.exe

Orca.exeは、Windows インストーラー パッケージを作成および編集し、モジュールをマージするためのデータベース テーブル エディターです。 このツールは、検証エラーまたは警告が発生した特定のエントリを強調表示する、検証用のグラフィカル インターフェイスを提供します。

インストール

このツールは、 Windows インストーラー開発者向け Windows SDK コンポーネントでのみ使用できます。 これは、インストールされている Windows Kits の 下の bin のサブディレクトリに msi インストール ファイルとして提供されます。 インストーラー名は、次のように Orca-x86_en-us.msiローカライズできます。 Windows インストーラー開発者向けの Windows SDK コンポーネントをインストールしたら、msi ファイルをダブルクリックしてOrca.exeをインストールします。

構文

orca[<options>][<source file>]

コマンド ライン オプション

Orca.exeでは、大文字と小文字を区別しない次のコマンド ライン オプションを使用します。 ダッシュの代わりにスラッシュ区切り記号を使用することもできます。

オプション 説明
-Q Quiet モード
-S <データベース> スキーマ データベース ["orca.dat" - 既定]
-? [ヘルプ] ダイアログ

 

Orca.exeでは、次の大文字と小文字を区別しないコマンド ライン オプションとマージ モジュールが使用されます。 ダッシュの代わりにスラッシュ区切り記号を使用することもできます。 マージを実行するときは、-f、-m、および <ソースファイル> がすべて必要です。

オプション 説明
-c エラーがない場合は、データベースへのマージをコミットします。
-! エラーが発生した場合でも、データベースへのマージをコミットします。
-M <モジュール> モジュールをマージしてデータベースにマージします。
-f 機能[:Feature2] マージ モジュールに接続する機能。
-r <ディレクトリ ID> モジュール ルート リダイレクトのディレクトリ エントリ。
-X <ディレクトリ> ディレクトリの下のイメージにファイルを抽出します。
-g <言語> モジュールを開くために使用される言語。
-l <ログ ファイル> ログとして使用するファイル。既に存在する場合は追加します。
-i <ディレクトリ> ディレクトリの下のソース イメージにファイルを抽出します。
-タクシー <Filename> MSM キャビネットをファイルに抽出します。
-Lfn 抽出時に長いファイル名を使用します。
-構成 <Filename> ファイルのデータを使用してモジュールを構成します。

解説

Orca にエラー メッセージ "検証エンジンを起動できませんでした" と表示され、アプリケーション イベント ID が 1044 の場合は、 イベント ログ (Windows インストーラー) を表示して詳細なイベント メッセージを表示します。  

Windows インストーラー開発ツール

リリースされたバージョン、ツール、および再頒布可能パッケージ