パイプ パラメーターとパイプ以外のパラメーターの組み合わせ

リモート プロシージャ コールでパイプタイプと他のタイプを組み合わせると、データはパラメータの方向に従って送信されます。

  • [in] 方向では、すべての非パイプ引数のデータが最初に送信され、その後にパイプ データが送信されます。
  • [出力] 方向では、サーバーは最初にパイプ データを送信します。 マネージャー ルーチンが戻った後、サーバーはパイプ以外のデータを送信します。
  • パイプ引数 [in,out] と[in,out] の非パイプ引数が組み合わされている場合は、前に説明したように、最初に入力データ全体が送信されます。 そして、出力データは、先に説明したように送信される。

パイプのこの (MIDL 3.0) 実装には、次の制限が適用されます。パイプの種類とその他の型を 1 つのリモート プロシージャ コールで組み合わせる場合、MIDL コンパイラが必要なバッファー サイズを計算できるようにするには、パイプ以外のパラメーターのサイズが明確に定義されている必要があります。 たとえば、パイプ パラメーターを [ unique] ポインターまたは準拠構造体と組み合わせることはできません。これは、コンパイル時にサイズを決定できないためです。

パイプ

/Oi