FROM 句

SELECT ステートメントの後で、FROM 句を使用して、一致するドキュメントを検索する場所を指定します。 ローカル クエリの FROM 句の構文を次に示します。

FROM [<ComputerName>.]SystemIndex

現在、Windows Search では、SystemIndex という 1 つのカタログのみがサポートされています。 リモート コンピューターのローカル カタログに対してクエリを実行するには、カタログの前のコンピューター名と、リモート コンピューターの汎用名前付け規則 (UNC) パスを SCOPE 句または DIRECTORY 句に含めます。

SCOPE と DIRECTORY 述語 のトピックで説明されているように、WHERE 句でスコープを制限として指定します。

SELECT System.ItemName,System.ItemUrl
FROM SystemIndex WHERE CONTAINS('Microsoft')

SELECT System.Author,System.ItemName,System.ItemUrl
FROM zarascomputer.SystemIndex WHERE SCOPE='file://zarascomputer/SomeFolder' AND CONTAINS('Microsoft')

SELECT System.Author,System.ItemName,System.ItemUrl
FROM server.SystemIndex WHERE SCOPE='file://server/users' AND CONTAINS('Microsoft')

前の例の 2 番目の例では、クエリは "zarascomputer" というリモート コンピューターを対象とします。 このコンピューター名は、FROM 句と SCOPE 句の両方に表示されます。 3 番目の例では、クエリは "server" という名前のサーバー上の共有名 "users" を対象とします (UNC パスは \\server\users)。

リファレンス

検索SQL構文の概要

SELECT ステートメント

WHERE 句

SCOPE 述語と DIRECTORY 述語