ISCardAuth インターフェイス

[ ISCardAuth インターフェイスは、[要件] セクションで指定したオペレーティング システムで使用できます。 Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) 以降、Windows Vista、Windows Server 2008、およびそれ以降のバージョンのオペレーティング システムでは使用できません。 スマート カード モジュールも同様の機能を提供します

ISCardAuth インターフェイス定義は、スマート カードサービス プロバイダーを開発するときに従うことができる標準として提供されます。

ISCardAuth インターフェイスを使用して、スマート カードでサポートされている認証サービスを公開できます。 これらのサービスには、アプリケーション認証、スマート カード認証、ユーザー認証が含まれます。

次の例は、 ISCardAuth インターフェイスの一般的な使用方法を示しています。

ISCardAuth を使用するには

  1. ISCardAuth インターフェイスを作成します (対応する ISCardManage インターフェイス メソッドを使用)。
  2. 適切な ISCardAuth メソッド (APP_AuthGetChallengeICC_Auth、または User_Auth) を呼び出します。
  3. ISCardAuth インターフェイスを解放します。

メンバー

ISCardAuth インターフェイスは、IDispatch インターフェイスから継承します。 ISCardAuth には、次の種類のメンバーもあります。

メソッド

ISCardAuth インターフェイスには、次のメソッドがあります。

Method 説明
APP_Auth アプリケーションがチャレンジ/署名プロトコルを使用して自身を認証できるようにします。
GetChallenge スマート カードからチャレンジを返します。
ICC_Auth アプリケーションがスマート カードを認証できるようにします。
User_Auth ユーザー認証サービスへのアクセスを許可します。

 

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows XP [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2003 [デスクトップ アプリのみ]
クライアント サポートの終了
Windows XP
サーバー サポートの終了
Windows Server 2003