EnvelopedData オブジェクト

[CAPICOM は、Windows Server 2008、Windows Vista、Windows XP の各オペレーティング システムで使用できる 32 ビットのみのコンポーネントです。 代わりに、System.Security.Cryptography.Pkcs 名前空間で EnvelopedCms クラスを使用します。

EnvelopedData オブジェクトは、暗号化によってプライバシーのためにデータを取り込むためのプロパティとメソッドを提供します。 データをエンベロップするために、セッション暗号化キーが生成されます。 その セッション キー は、受信者の証明書からその受信者の 公開キー を使用して、目的の受信者ごとに暗号化されます。 暗号化されたデータと暗号化されたセッション キーのセットは、すべての受信者に送信できます。 生成されるメッセージは PKCS #7 形式です。

メンバー

EnvelopedData オブジェクトには、次の種類のメンバーがあります。

メソッド

EnvelopedData オブジェクトには、次のメソッドがあります。

Method 説明
復号化 エンベロープされたコンテンツを復号化します。
暗号化 コンテンツを暗号化し、各受信者のセッション キーを暗号化し、暗号化された BLOB を返します。

 

Properties

EnvelopedData オブジェクトには、次のプロパティがあります。

プロパティ アクセスの種類 説明
アルゴリズム
読み取り/書き込み
暗号化アルゴリズムと キーの長さ
コンテンツ
読み取り/書き込み
エンベロープするメッセージのプレーンテキスト コンテンツ。 Encrypt メソッドを呼び出す前に、このプロパティを設定する必要があります。
このプロパティの値が直接または間接的にリセットされると、オブジェクトの 状態 全体がリセットされ、オブジェクト内の暗号化されたコンテンツはすべて失われます。
これは既定のプロパティです。
Recipients
読み取り専用
エンベロープ されたメッセージを受信する Certificate オブジェクトのコレクション。

 

解説

EnvelopedData オブジェクトは作成でき、スクリプト作成に安全です。 EnvelopedData オブジェクトの ProgID は CAPICOM です。EnvelopedData.1。

必要条件

要件
クライアント サポートの終了
Windows Vista
サーバー サポートの終了
Windows Server 2008
再頒布可能パッケージ
WINDOWS Server 2003 および Windows XP の CAPICOM 2.0 以降
[DLL]
Capicom.dll

関連項目

Cryptography オブジェクト