EnvelopedData.Encrypt メソッド

[CAPICOM は、Windows Server 2008、Windows Vista、Windows XP の各オペレーティング システムで使用できる 32 ビットのみのコンポーネントです。 代わりに、System.Security.Cryptography.Pkcs 名前空間で EnvelopedCms クラスを使用します。

Encrypt メソッドはセッション キーを生成し、そのキーを使用してコンテンツを暗号化し、各受信者の公開キーでセッション キーを暗号化して各受信者の暗号化されたコンテンツを囲み、暗号化された内容と暗号化されたセッション キーを含む BLOB をエンコードされた文字列として返します。

構文

EnvelopedData.Encrypt( _
  [ ByVal EncodingType ] _
)

パラメーター

EncodingType [in, optional]

エンベロープされたデータのエンコードに使用されるエンコードの種類を示す CAPICOM_ENCODING_TYPE 列挙体の値。 既定のエンコード値はCAPICOM_ENCODE_BASE64です。 このパラメーターには、次の値のいずれかを指定できます。

意味
CAPICOM_ENCODE_ANY
このエンコードの種類は、入力データに不明なエンコードの種類がある場合にのみ使用されます。 この値を使用して出力のエンコードの種類を指定する場合は、代わりにCAPICOM_ENCODE_BASE64が使用されます。 CAPICOM 2.0 で導入されました。
CAPICOM_ENCODE_BASE64
データは base64 でエンコードされた文字列として保存されます。
CAPICOM_ENCODE_BINARY
データは純粋なバイナリ シーケンスとして保存されます。

 

戻り値

このメソッドは、エンコードされた文字列内のエンベロープ データを含む BLOB を返します。

注釈

返される BLOB には、意図した受信者ごとに暗号化されたコンテンツと暗号化されたセッション キーが含まれます。 これらのセッション キーは、各受信者の公開キーを使用して暗号化されます。 暗号化されたセッション キーは、受信者の秘密キーでのみ復号化できます。

Recipients プロパティに情報が含まれていない場合、このメソッドは現在のユーザーの AddressBook 証明書ストアで潜在的な受信者を検索します。 複数の潜在的な受信者が見つかった場合、ユーザーは選択ダイアログ ボックスから受信者を選択するように求められます。

要件

要件
クライアント サポートの終了
Windows Vista
サーバー サポートの終了
Windows Server 2008
再頒布可能パッケージ
WINDOWS Server 2003 および WINDOWS XP の CAPICOM 2.0 以降
[DLL]
Capicom.dll

こちらもご覧ください

暗号化オブジェクト

EnvelopedData