不明な長さのデータの取得

多くの関数は、アプリケーションによってパラメーターの 1 つとして提供されるアドレスに大量のデータを返す可能性があります。 いずれの場合も、操作は同じではないにしても同様の方法で実行されます。 返されるデータの場所を指すパラメーターでは、pb または pv がパラメーター名の最初の 2 文字である表記規則が使用されます。 別のパラメーターには、パラメーター名の最初の 3 文字として pcb が含まれます。 このパラメーターは、pb または pv の場所に返されるデータのサイズ (バイト単位) を表します。 たとえば、次の関数の仕様を考えてみましょう。

#include <windows.h>

BOOL WINAPI SomeFunction(
  PCCRL_CONTEXT pCrlContext,  // in
  DWORD dwPropId,             // in
  BYTE *pbData,               // out
  DWORD *pcbData              // in/out
);

この例では、 pbData はデータが返される場所へのポインターであり、 pcbData は返されるデータのサイズ (バイト単位) です。

Note

pcb パラメーターのコンパニオン パラメーターには、p や pv など、少し異なるプレフィックスが含まれる場合があります。 また、プレフィックス pwsz と pcch の組み合わせを使用するコンパニオン パラメーターの場合、pcch パラメーターは返されたデータの文字数 (Unicode または ASCII) です。

 

pbData パラメーターで指定されたバッファーが、返されたデータを保持するのに十分な大きさでない場合、関数はERROR_MORE_DATA コード (GetLastError 関数を呼び出すことによって確認できます) を設定し、必要なバッファー サイズをバイト単位で pcbData が指す変数に格納します。

pbDataNULL が入力され、pcbDataNULL でない場合、エラーは返されず、関数は pcbData が指す変数内の必要なメモリ バッファーのサイズ (バイト単位) を返します。 これにより、アプリケーションは、返されるデータのバッファーのサイズと割り当て方法を決定できます。

Note

返されたデータが指定されたバッファーに収まるようにするために必要なサイズを判断するために pbDataNULL が入力されている場合、バッファーに目的のデータを設定する関数の 2 番目の呼び出しでは、バッファー全体が使用されない可能性があります。 2 回目の呼び出しの後、返されるデータの実際のサイズは pcbData に含まれます。 このサイズは、データを処理するときに使用します。

 

次の例は、この目的のために入力パラメーターと出力パラメーターを実装する方法を示しています。

//-------------------------------------------------------------------
// Copyright (C) Microsoft.  All rights reserved.
#include <stdio.h>
#include <windows.h>
#include <Wincrypt.h>
#define MY_ENCODING_TYPE  (PKCS_7_ASN_ENCODING | X509_ASN_ENCODING)

void MyHandleError(char *s);

void main()
{

// Set up SomeFunction variables.
PCCRL_CONTEXT pCrlContext; // Initialized elsewhere.
DWORD dwPropId;            // Initialized elsewhere.
DWORD cbData;
BYTE  *pbData;

// Call SomeFunction to set cbData, the size of 
// the buffer needed for pbData.
if(SomeFunction(
     pCrlContext, 
     dwPropId, 
     NULL, 
     &cbData))
{
       printf("The function succeeded.\n");
}
else
{

// The function call failed. Handle the error.
       MyHandleError("Function call failed.");
}

// The call succeeded; the size for the needed buffer, in bytes, 
// now resides in cbData.

// Malloc memory for the size of the message.
if(pbData = (BYTE*)malloc(cbData))
{
   printf("Memory has been allocated.\n");
}
else
{

   // The allocation failed. Write an error message and exit.
   MyHandleError("Malloc operation failed. ");
}

// The space for the buffer has been allocated.
// Call SomeFunction to fill the buffer with the data.
if(SomeFunction(
      pCrlContext, 
      dwPropId, 
      pbData, 
      &cbData))
{
       printf("The function succeeded.\n");
}
else
{

   // The second function call failed. Handle the error.
   MyHandleError("The second call to the function failed.");
}

// The function succeeded; the data is now in the buffer
// pointed to by pbData. Note that cbData is
// updated with the actual size of the data returned. Use this size 
// to process bytes of pbData.

// When you have finished using the allocated memory, free it.
free(pbData);

} // End of main

//  This example uses the function MyHandleError, a simple error
//  handling function, to print an error message to the 
//  standard error (stderr) file and exit the program. 
//  For most applications, replace this function with one 
//  that does more extensive error reporting.
void MyHandleError(char *s)
{
    fprintf(stderr,"An error occurred in running the program.\n");
    fprintf(stderr,"%s\n",s);
    fprintf(stderr,"Error number %x.\n",GetLastError());
    fprintf(stderr,"Program terminating.\n");
    exit(1);
}